バイクは定期的なメンテナンスが必要な乗り物ですが、中途半端な知識でいじるとトラブルの原因になります。しかし、事前にポイントさえ押さえておけば、ほとんどのトラブルは回避できるので、特に初心者がやりがちなミスを紹介します。

メンテナンスに適さない格好で作業する

ガッチガチの作業用ツナギを着用して、ゴツい安全靴を履いて...とは言いませんが、さすがに「半袖短パンビーサン」で作業するのは考えものです。シンプルにケガの元になりますので、最低でも長袖長ズボン、ちゃんと足全体を覆う靴、それから軍手を用意しましょう。

家にある安い工具で作業する

家の中にある、例えば100円均一で揃えた文房具レベルの工具で、バイクを触ることは避けましょう。一度でもちゃんとした工具を使えば分かりますが、作業効率が雲泥の差です!できればバイクショップなどで売っている、有名メーカーの工具が望ましいですが、ホームセンター工具もある程度は使えます。

→全文を読む

情報提供元 [ モトコネクト ]

この記事にいいねする

コメントを残す