新品の時はピカピカだったのに使っているうちに白っぽく劣化してしまった樹脂パーツってありませんか?
特にスクーターなど樹脂パーツが多く採用されていて過酷な環境で走る車両はエンジン回りの樹脂ケースが気づかないうちに白っぽくなっていたり…。
今回は洗車では落ちない厄介な樹脂パーツの白化を回復させる簡単アイテムを実際に使ってみたのでインプレッションしてみたいと思います。

そもそも樹脂パーツが白くなる白化とは


未塗装の樹脂パーツが使っているうちに白っぽくなってしまう現象のことを『白化』といいます。
白化は表面が塗装でガードされていない樹脂パーツが直射日光を浴びたり雨でぬれたり乾燥したりを繰り返すことで起こります。
俗にいう経年劣化の一つですが、白っぽくなった樹脂パーツってかっこ悪いですよね
しかも、予防することは難しくバイクに乗る上で逃れられない宿命のようなものです。

でも、安心してください!今回紹介する魔法系ケミカルを使えば白化してしまった樹脂パーツの輝きをとっても簡単に取り戻すことができます!

輝きを取り戻せ!!

白化した樹脂パーツを復活させる魔法のケミカル、ヴィプロスの『Nuricom』


今回、白っぽく変色した樹脂パーツを復活させるのに使うアイテムはヴィプロスの『Nuricom』です。
この『Nuricom』はバイク、自転車、車などの外装、内装で使用されている、プラスチック、ゴムなど
あらゆる樹脂パーツに使用可能な樹脂パーツの色調回復、劣化防止用のコーティング剤です。

使い方は簡単で付属のスポンジに2~3滴含ませてその名の通りNuricom(ヌリコム)だけです……!!
『Nuricom』は高粘度のシリコンベースなので伸びがよく樹脂表面にしっかりコーティング被膜を形成します。
非硬化被膜タイプなのでよくある硬化被膜タイプと比較すると耐久性は若干劣りますが、ムラになって硬化したりはしません。
スポンジで狙った場所を塗るだけなので硬化タイプと違い面倒なマスキングも不要です。
たったこれだけで白化してカッコ悪い樹脂パーツを復活させることができます。

また、非硬化被膜タイプでも水を配合しているタイプではないので耐水性も、撥水性、定着性に優れています。

しかもしかも!クリア無臭タイプなので車のダッシュボードなど匂いが付くと困る箇所にも使えます!

近くにいたスタッフに嗅がせてみたの図

実際に『Nuricom』を塗り込んでみた!

そのままなんですが早速白化してしまったパーツに塗り込んでみました。
今回塗り込むパーツはこちら!

長年酷使されたバイクのチェーンガードです。
これ結構白化してしまっている車両多いのではないでしょうか。

早速、Nuricom(ヌリコム)を付属のスポンジに2、3滴垂らして…

輝きを取り戻したい部分にヌリコミます。

差がわかりやすいように半部だけ塗ってみましたが、これは…予想以上にすごい輝きです!
ここまでおよそ7秒ほど。わずか7秒で白く劣化したカッコ悪いチェーンガードが新品並みの輝きを取り戻すとは驚きです。

すごく簡単だったのでスクーターの足回りに塗ってみました。

元の色が何色だかわからないくらい汚く白化してしまったスクーターの駆動部分も…。
ヌリコムをサッと塗り込めば……。
まるで新品のような輝きを取り戻せます!
もしかしたら新品より綺麗かもしれない。

毎日通勤に使うスクーターとなると、どうしてもメンテナンスの質が下がりがちですが、
ヌリコムであれば安価で簡単、短時間で施工できるので忙しい朝にサッと一塗り。なんてことも!?

バイクだけでなく様々な樹脂パーツに使える!

もちろん今回紹介するヌリコムはバイク専用というわけではないので、クルマの内装など様々な樹脂パーツに使えます。
早速Webikeのトランポ車両でも試してみました。
長年の屋外保管で樹脂パーツはすっかり白化してしまっていますが…

見てくださいこの輝き!塗り込める面積が広い分車のほうが違いがわかりやすいですね!

ヌリコムは耐久性もバッチリ!輝きが維持されます!

さて、興奮していろいろなものの輝きを取り戻して見たわけですが、
塗ってすぐは綺麗なのはある意味当たり前のことですよね。
この手のアイテムで気になるのは被膜がどれだけ持つのか。つまり耐久性です。
というわけで塗ってから2週間ほど耐久テストしてみました!
テスト環境は車は屋外保管バイクも雨の日を含む日々の通勤で使用と、車両には過酷な環境となっています。

なんということでしょう!
ヌリコム後に2週間毎日の通勤に使用し、風雨に見舞われていた樹脂パーツですが、ご覧の通り、
完全にとは言いませんがほぼ、施工直後の輝きを維持したままです。
よくあるツヤ回復材の中には水に弱く雨や気象条件ですぐに元の白化した樹脂に戻ってしまうものも少なくありませんが、
このヌリコムは無水タイプなので、耐水性、撥水性、定着性に優れているようです。

今回は施工後2週間の様子をお届けしましたが、ヴィプロスさんの公表している耐久性としては、
雨が当たる場所で2週間から1か月。雨に当たらない場所では2か月ほど効果が持続するそうです。

結論!お手軽価格で簡単に樹脂パーツがきれいになるヌリコムは買い!


白化した樹脂パーツの色調回復ケミカルはいろいろありますが、
比較的効果が短時間であったり、施工にちょっとした準備が必要な場合が多いですが、
今回紹介したヴィプロスのヌリコムはほんとに塗るだけでとっても簡単!

価格もお求めやすく1本で250ccのビックスクーター約8~10台分塗れるので大変コスパがよろしくオススメです!

いつ塗るの?今でしょ!!

この記事にいいねする

コメントを残す

 
今回紹介した製品はこちら