不動車の再生や不動車のメンテナンス時に、意外と多いのがクラッチの張り付きトラブル。クラッチレバーを握っているにも関わらず、ギヤをローへシフトすると、ガツッといった衝撃とともにエンスト………。何度繰り返しても、エンストの繰り返し………。そんな症状の原因は「クラッチの貼り付き(ハリツキ)」だと考えられる。そんなトラブルをここでは解決してみよう。

軽症ならバラさずに症状改善も可能!?

スーパーカブやモンキーのように一次側=クランクシャフト側にクラッチユニットがレイアウトされている場合はできないが、二次側クラッチでオイルフィラーの穴からクラッチアウターが見える場合は、クラッチレバーを握った状態で固定し、マイナスのロングドライバーでクラッチディスクとプレートの貼りつきを強制的に?がすこともできる。すべての機種でできることではないが、過去にこの方法で何度か貼りつき回避することができた。

オイルを抜かないで「バイクを寝かそう!?」



車体を可能な限り寝かせることで、エンジンオイルやギヤオイルを抜かずに作業進行できる。また、車体を寝かすことで、作業性は確実に良くなる。作業台や机や脚立の足場を利用して、ハンドルのグリップエンドを引っ掛けるのが良い。ステップが邪魔な時はステップも取り外そう。クラッチカバーを開けると、十中八九、カバーガスケットが切れてしまう。昔の純正ガスケットは、腰があって硬く、切らずにカバーを開けられることが多かったが………。切れなければ液状ガスケットを併用することで、ガスケットは繰り返し利用することも可能だ。

クラッチをバラシてプレートを磨こう



貼り付いていたクラッチディスグが軽症なら、再利用することもできるが………。このクラッチディスクは軽症で、マイナスドライバーでこじらなくても、パリッと剥がすことができた。まずはこのクラッチで状況判断し、滑るときには交換しようと考えた。中古のクラッチプレートを再利用するときには、摺動面となる裏表を粗目の不織布でゴシゴシ磨いて組み付けると良い。この技は、世界耐久選手権を転戦していたヨーロッパのプライベートチームメカニックから教わった。

分解時は事前にガスケットを用意





旧車のガスケットはもはや販売中止部品が多いので、アフターメーカー製から見つけるのが手っ取り早い。このガスケットは手持ち部品にあった当時の社外部品。ガスケットを再利用するときはもちろん、新品ガスケットでもシリコン系液状ガスケットを塗布併用すればより確実だ。シリコン成分が、後々の分解時にガスケット紙を切らず剥がせるようにしてくれることもある。

症状が酷いときには………



完全にサビつき固着しているときは、剥がしたときにフリクション材がボロボロと?がれてしまうことが多い。そうなるとフリクションディスクとしての機能はもうないので、部品交換しよう。鉄板のクラッチプレートは、無理にこびりついたフリクション材をスクレパーで剥がすのではなく、サンドブラストを利用することで、キレイに剥がすことができることもある。

前後18インチ仕様で、しかも一部の外装部品には兄貴分のカワサキTRトレールシリーズと共通部品もあるため、威風堂々の雰囲気を持つ輸出仕様で100ccのG4TR。国内モデルは90-ccで副変速機を持たないスパルタンな仕様だった。

POINT

  • ポイント1・オイルフィラーから覗き込むとクラッチ板が見える!!ならラッキー!!
  • ポイント2・ ギヤオイルを抜かないでも車体を大きく寝かせばクラッチカバーを取り外せる
  • ポイント3・クラッチカバーを取り外すときにはガスケットも準備しよう

しばらく乗らずに放置期間が長くなると、湿式多板クラッチが固着してしまい、いわゆる「クラッチのハリツキ」で、クラッチの断続ができなくなってしまうことがある。ベテランライダーの中には、クラッチレバーを握りっぱなし状態で固定して(紐で縛ったりタイラップで固定する)、保管している例があるが、これはクラッチ板の固着を防ぐための策として知られている。逆に、クラッチレバーを握りっぱなしにしておくことで「クラッチスプリングがヘタってしまう!?」といった意見もあるが、どちらが良いかはオーナーさんの考え方次第。いずれにしても、レバーを握った状態で保管しておけば、間違いなく湿式多板クラッチが固着することはない。

クラッチが固着していても、それが軽症なら、クラッチミートの衝撃で剥がれることもあるが、完全固着していると、そうは思い通りに事は運ばないものだ。そんなときにはクラッチカバーを外して、クラッチユニット分解することになるが、そんなときにお勧めしたいのが車体を寝かせたメンテナンスである。お勧めする理由は、車体を限りなく寝かせることで、クラッチカバーを外してもエンジンオイルやギヤオイルが流れ出てしまうことはない。また、エンジンが寝ていることで、クラッチ周辺の部品を組み立てやすい利点がある。特に、一次クラッチのスーパーカブやモンキーの場合は、ギヤチェンジに連動したクラッチリフトアームとスチールボールユニットがクラッチの外側にレイアウトされているため、車体が直立した状態では部品が落下しやすく組み立てるのが大変!!そんなときには、部品をウエスで拭き取り、グリスをたっぷり塗って「グリスを接着剤代わりに利用」するのが良い。

ハリツキを開放してクラッチディスク&プレートのコンディションを確認したら復元しよう。仮に、クラッチカバーガスケットを切らずに取り外すことができたなら、液状ガスケットを併用することで、応急処置としては十分。次にクラッチカバーを外した時には、新品ガスケットに交換しよう。

https://www.webike.net/tab/parts/?q=%E3%83%87%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%8A%E3%80%80%E6%B6%B2%E7%8A%B6%E3%82%AC%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88

コメントを残す

 
今回紹介した製品はこちら
   
今回紹介したブランドはこちら