エンジンの真上に燃料タンクを背負うバイクにとって、ガソリンを取り出す燃料コックやアダプターからの滲みや漏れは危険なトラブルに直結します。取り付け部分に組み込まれたOリングやガスケットの経年劣化は漏れの原因になりますが、そんな時はただ増し締めするだけでなく、座面の状態を確認して下地から見直すことが重要です。

硬化して痩せたガスケットの再使用はガソリン漏れの最大要因


このバイクの燃料コックはフレームに取り付けられており、燃料タンクには2本のパイプが貫通したアダプターが付く。タンク側の雌ネジはタンク内に貫通しているため、アダプターを固定するボルトにはガスケットが組み込まれている。経年劣化でアダプター側のガスケットとボルトのガスケットがダブルで痩せることで、ガソリンにじみにつながると考えられる。


オーバル上のガスケットは取り付けボルト部分とストレーナー部分を区切る間仕切りが付いている。タンクの塗膜はガスケットの内側部分が剥がれているが、これは新品当時からこうなのか、過去にアダプターを外した際に剥がされたのか不明。どちらにしても中途半端な印象なので、ガスケットが塗膜に触れないよう剥離面積を拡大しておく。新品ガスケットがタンク素地に直接触れれば、にじみや漏れのリスクは大幅に減少する。


アダプターを固定するボルトに組み込むガスケットも新品に交換する。


アダプターと燃料タンクの間に入るガスケットにはシール剤は塗布しないが、ボルト部分のガスケットには保険代わりに耐ガソリン性のシール剤を薄く塗っておいた。新品ガスケットの気密性があればシール剤は不要という意見もある。

キャブレターやエンジンメンテで燃料タンクを着脱しているライダーにとっては何の違和感も不思議もないでしょうが、最も温度の高いエンジンの真上にガソリンを積んでいるバイクはある意味とても危険な乗り物です。

大半の自動車の燃料タンクは底部が完全に閉じていて、上面から燃料ポンプが取り付けられているのに対して、バイクのタンクはキャブレター車でもインジェクション車でも、多くはタンク底部から燃料コックやポンプが挿入されているので、漏れやにじみが発生する確率は自動車用タンクより高くなります。またコック自体のパッキンが硬化、劣化して漏れる場合、ライダーが操作する際に気づくことが多いので分かりやすいですが、タンクの取り付け部分で発生する異状には気づきづらい傾向にあります。

絶版車ユーザーやレストア好きにとって、燃料タンクのサビ取りは必須作業のひとつといえるでしょう。その際、燃料コックやアダプターを外してからサビ取りケミカルを使用することも多いですが、再度取り付ける際に接合面のOリングやガスケットを再使用するのは厳禁です。

新品部品の準備が間に合わない中でサビ取りタンクを早く復元したい、弾力性が残っているから大丈夫そうだと判断したくなるのも分かりますが、長期間ガソリンが触れて圧力が加わったゴム部品は必ず変形したり硬化します。そのガスケットを再使用すれば、接触部分の面圧が低下してシール性が損なわれ、浸透性の高いガソリンが滲む原因になります。キャブレターオーバーホールの際に、まだ使えるだろうと再使用したフロートチャンバーガスケットの劣化が原因でオーバーフローを経験したライダーもいると思いますが、メカニズムとしてはそれと同じです。

外すまでは漏れなかったのに、一度外して復元したら漏れたり滲んだりするのも、挟み込まれて変形したガスケットが再度膨らみ弾力性を回復することがないからです。Oリングやガスケットが接するガソリンタンクとコックの表面は完璧な平滑面ではありません。僅かな凸凹にゴムが追従することで気密性を確保しているため、プラスチックのように硬化したゴムではしっかり密着できないのです。

また新品Oリングがタンクやコックに接する際、接触部分に注目すると1本の線になっています。それが押しつぶされて恒久的に変形すると当たり部分が面となり、接触部分に発生する圧力が低下するため、これもガソリン滲みや漏れの原因になります。

内部が錆びたタンクのサビ取りは重要ですが、Oリングやガスケットの交換を怠ってガソリン漏れを起こしてしまったら本末転倒です。サビ取りが目的であってOリングの交換は別と判断せず、燃料タンクからコックやアダプター、燃料ポンプや燃料計のセンダーユニットを取り外した際はゴム部品も必ず同時に交換することを習慣づけることが重要です。

POINT

  • ポイント1・長期間使用したゴム製Oリングやガスケットは変形癖がつく上に硬化によって気密性が低下するので、再使用せず新品に交換する

絶版車は燃料タンク側の塗膜膨潤にも要注意


燃料計のゲージユニットの座面も燃料アダプターの取り付け部分と同様の塗装仕上げだが、こちらの塗膜はまったく傷んでいない。Oリングタイプではなく円盤状のガスケットのおかげなのか、塗膜が強靱なのか理由は定かではないが、塗膜の状態が良ければあえて剥離する必要はないだろう。

燃料コックやアダプターを外した際にOリングやガスケットを新品にすることが重要なのは前項の通りですが、燃料タンク側のチェックも不可欠です。特にコックやアダプターの座面が塗装されているタンクについては、塗料の劣化がガソリン漏れや滲みの原因になることがあります。

画像のタンクは1987年式のものですが、タンクと燃料コックをつなぐアダプター取り付け部分周辺の塗膜がガソリンによって侵されてカサブタ状になり、簡単に剥がれてしまう状態でした。オーバル上のガスケットの内側は鉄板が露出しているので、ガスケット部分でマスキングして塗装されていたのかも知れませんが、ガスケット自体の気密性が低下して徐々に滲んだガソリンが塗膜を膨潤させたのでしょう。

タンクによっては、燃料コックやアダプター取り付け面も塗装されている場合もあります。このタンクも、燃料計のゲージユニットの座面は塗装状態の上に丸型のガスケットが装着されています。ただ同じ年月を経ているものの、こちらの塗装は傷んでおらず、ガソリンの滲みもありませんでした。

簡便なラッカーペイントと違って、純正塗装に使われるウレタン塗料はガソリンに侵されづらいのが特徴ですが、1980年代から30年以上ガソリンに触れる環境にさらされ続ければ話は別です。タンク素地と塗膜の隙間から浸透したガソリンがペイントを膨潤させ、塗膜の下でトンネルを掘るようにガスケットの外側に達してしまうこともあります。

このような場合は、タンク素地に直接ガスケットが触れるように燃料コックやアダプターを取り外し、ガスケットが接触する部分の塗膜を剥離することで、その後の漏れや滲みを防止できます。塗膜を剥離したタンクに復元する際、新品ガスケットを使用することは言うまでもありません。

燃料コックやアダプターからにじみや漏れを発見した際に、ガスケットの劣化で低下した気密性を補うためにビスやボルトを増し締めするだけでは、ほとんどの場合は解決になりません。そればかりか、オーバートルクで締め付けることでガスケットがいっそう潰れたり、締め付け部分の歪みを誘発することにもなりかねないので注意が必要です。

絶版車や旧車の純正部品には販売終了という恐怖もありますが、燃料系統の部品を取り外した際にはOリングやガスケットは新品に交換するようにしましょう。

POINT

  • ポイント1・燃料コックやアダプター取り付け面の塗装が膨潤してガソリンのにじみや漏れが発生している場合、ガスケット接触部分の塗膜は剥離して組み立てる
コメントを残す

 
今回紹介した製品はこちら
   
今回紹介したブランドはこちら