1970年代までのアルミハウジングに代わり、1980年代以降のハンドルスイッチハウジングで多用されるようになったのが樹脂素材です。軽量化やコスト面で有効である一方、紫外線による劣化でみすぼらしくなったり、同時期から普及したプッシュキャンセルウインカーなどのメカニズムのフリクションロス増加が気になるものもあります。小さなネジやスプリングに注意が必要ですが、分解清掃と表面コーティングによって、操作性と見栄えの改善を図ることができます。

ハンドルスイッチの分解手順はサービスマニュアルにも掲載なし


大きな破損はないものの、未塗装のハウジングが白化した1980年代モデルのハンドルスイッチ。黒くペイントすれば簡単だが、文字まで塗り潰してしまうと純正感がなくなるのが難点。スイッチノブの動きもザラつきがあるので、オーバーホールで機能を回復しコーティングで見た目のリフレッシュも図る。


上下分割のハウジングをつなぐ配線が突っ張ったり余ったりすると、復元時にハウジングがうまく閉じなくなることがあるので、分解前の状態をスマホで撮影しておく。それぞれの部品の固定をタッピングビスで行っている場合、経年劣化した樹脂は締めすぎで割れることもあるので、取り扱いに注意すること。

ウインカーやホーンなどのスイッチを操作する際、スイッチ内部の部品がどのように動作しているかを意識することはないと思います。電気的な接点があることは誰もが想像できると思いますが、接点を断続するメカニズムについては意外なほどシンプルです。

例えばホーンは、イグニッションスイッチからホーンを通過した配線がホーンスイッチに入り、ボタンを押して接点がつながるとアースにつながり鳴動します。ウインカーの場合はイグニッションスイッチからウインカーリレーを通過した配線がウインカースイッチに入り、左右に切り替えた後に左右どちらかのウインカーランプとウインカーインジケーターランプに流れ、アースにつながります。

それぞれのスイッチを作動させる接点は押し動作やスライド動作で断続し、そこには必ず支点や作動部分が存在します。バイクでも自動車でも、作動部分には何らかの潤滑があるのが当たり前ですが、スイッチ内部の潤滑状態に注目すると、実際のところはかなり脆弱です。あらためて考えれば、ボックスの中にあるとは言え、決して密閉された場所ではない部分にいくつもの電気接点があるのがバイクのハンドルスイッチの特徴です。

メンテナンスの判断基準の一つとなるのが、スイッチ操作時に感じるフリクションの増加です.ウインカーやヘッドライトなど、接点をスライドさせるタイプのスイッチを作動させる際にザラッとした手応えがある場合、内部のスイッチボディーや接点の潤滑不足や異物の付着が考えられます。

バイクの保有期間や寿命が延びたことで、2000年前後に製造されたバイクも数多く存在します。そうしたバイクのエンジンオイルやフロントフォークオイルやブレーキフルードなどは、間違いなく何度も交換されていることでしょう。しかしハンドルスイッチ内部はどうでしょう。エンジンやサスペンションほど負荷が掛かる部分ではありませんが、ほこりっぽい場所で露天保管されていたバイクであれば、20年以上の時間を経過して内部が汚れているのは間違いありません。

とはいえ、サービスマニュアルなどに具体的なメンテナンスタイミングやメンテナンス方法が記載されているわけではなく、パーツリスト上でもハンドルスイッチはアッセンブリー販売だけで内部の接点やスプリングが部品設定されていることはありません。

そこで清掃や潤滑を行う際は、組み立て時の参考になるよう分解前の部品構成をなるべくたくさん画像に残しておきましょう。スイッチのレイアウトは機種によってまちまちですが、多くの場合は分割されたハウジング上下をつなぐ配線があり、取り回し方を誤るとハンドルパイプと干渉してうまく閉じなくなるので、分解前の状態を記録しておくことが重要です。

POINT

  • ポイント1・ハンドルスイッチをフルオーバーホールする際は、分解前になるべく多くの画像を撮影しておく

未塗装樹脂部品は専用ケミカルでしっとり黒光りを回復できる


細かな部品で組み立てられたスイッチボディは、分解時のパーツ紛失がもっとも危険。スイッチ内部のパーツなど単品で販売されていないから、スプリングやボール、絶縁用の小さな樹脂板まですべてが重要。またパーツ構成も複雑な場合があるので、復元できる自信がなければパーツクリーナーを浸した綿棒で清掃するだけでも良い。


小さな部品を無くさないためには、透明のビニール袋の中で分解するのも有効。スイッチボディを完全にバラせば回路を構成する端子も直接清掃でき、接点復活剤を行き渡らせることができる。


スイッチノブのピンがかしめられて分解できないホーンボタンは、接点部分にサンドペーパーを挟んで清掃する。酸化皮膜や異物を取り除くことで抵抗が減少し本来の機能が回復する場合もある。


スイッチが付いた状態ではバケツの中でゴシゴシ洗うのは気が引けるし、コート剤を薄く均一に塗布する際にもムラになりやすい。ハウジング単体であればそうしたことに気を取られることなく、脱脂洗浄と塗布に集中できる。白文字が塗り潰されないのがコーティングの大きな魅力だ。


コート剤が乾燥したらスイッチボディを組み付け、ハウジングの上下をつなぐ配線をプレートで押さえる。たるんで挟み込まれないよう、配線はギリギリの長さで設定されていることが多いので、適当に取り回そうとすると辻褄が合わなくなる。そうしたトラブルを防ぐためにも、分解前の部品の並びを記録しておくことが大事なのだ。


作業前のカサカサ状態とは雲泥の差なのは当然だが、専用コート剤によって未塗装部品ならではの質感に仕上がるのが大きな魅力。コート剤は時間と共に効果が低下するが、一度しっかり仕上げておけば、ツヤが引けたと感じるごとに塗り重ねることで状態を維持できる。

スイッチハウジングからウインカーやホーン、ディマーなどの各スイッチを取り外したら、それぞれの状態に応じた清掃やメンテナンスを行います。スイッチ類の中でも複雑で注意を要するのがウインカーです。

プッシュキャンセル式以前のウインカーでも、スイッチノブを中立から左右に操作した際の節度感を出すために、小さなボールとスプリングが組み込まれており、プッシュキャンセル式になると左右だけでなく、キャンセル操作時の前後の動きも加わるため、構造はさらに複雑になります。

あまり細かく分解してしまうと復元できる自信がない……というのであれば、パーツクリーナーで汚れを落として接点部分には導通復活剤をスプレーするだけでも効果はあります。しかしスライド部分の潤滑を確保するには、できる限り分解した方が成果が上がるのは確かです。

樹脂部品が組み合わされている部分はシリコングリス、金属同士が接する部分にはリチウムグリス、接点には接点用グリスを適材適所で使い分けて正しく組み立てたスイッチには、スムーズな操作感とカチッとした節度感の両方があり、メンテナンスの効果を実感できます。

スイッチ内部のメンテナンスと同時に行いたいのが外観のリフレッシュです。スイッチハウジングの素材は1980年代以降に金属から樹脂に変更されていきますが、経年劣化によって樹脂表面がカサカサに変質してしまうものがあります。

油分が抜けたように変質した表面は、ひと昔前にはヒートガンや携帯バーナーなどで加熱してツヤが回復させることもありましたが、現在はケミカルに頼るという手段もあります。塗装ではなく成型色の黒樹脂部品のツヤを復活させ表面を保護するケミカルは、自動車のバンパーやモールの色抜け対策にも使われるもので、多くのメーカーから製品が発売されています。シリコンスプレーにも色あせ回復効果がありますが、専用品はそれに比べて効果が長続きするのが魅力です。

未塗装樹脂用のコーティング剤は塗料ではないので、スイッチボックス上の文字を塗り潰すことはなく、黒以外のスイッチノブにも潤いを与えることができ、組み立て後の質感は目を疑うほどです。

もちろん、わざわざ分解することなくコンプリート状態のスイッチにケミカルを塗布することは可能ですが、スイッチノブなどを取り外した分解時の方がムラなく塗ることができます。また塗布前に汚れや油分を洗浄する際も、スイッチ接点や配線がない状態の方がブラシや洗剤を使って躊躇なく作業できます。

ハンドルスイッチをメンテナンスするなど、普段はなかなか思いつかないかもしれませんが、手間を掛ければそれだけ使い勝手も見た目も良くなります。愛車のディティールを際立たせるテクニックとして、カサカサのハンドルスイッチに注目してみるのも良いかも知れません。

POINT

  • ポイント1・未塗装の樹脂製スイッチボックスのリフレッシュには樹脂用コーティング剤が有効
  • ポイント2・コーティング剤をムラなく塗布するには、スイッチ内部のパーツをすべて取り外したオーバーホール時が最適
コメントを残す

 
今回紹介した製品はこちら
   
今回紹介したブランドはこちら