清掃やホーバーホールで汚れや詰まりを解消したキャブレターは、いち早くエンジンにセットして始動したいものです。ところが組み付けたキャブにガソリンを流すとフロートチャンバーやジョイントからポタポタとお漏らしが……。そんなガッカリを回避するためにも、そこはちょっと我慢してキャブレター単体でバタフライバルブの同調を仮合わせして、フロートチャンバーにガソリンを注入して漏れがないかを確認しておきましょう。

フューエルジョイントOリングの劣化による漏れが意外に多い


キャブレターの形式が複雑になるほど清掃に掛かる手間も増える。V型シリンダーの間に取り付けられたヤマハVMAX用キャブは完全なダウンドラフト式で、4個のキャブボディの連結も独特。長期不動状態からの復活でキャブレタークリーナーをスプレーしようにも、エンジンに組み付けられた状態ではエアー通路やフロートチャンバーに行き渡らせるのは難しいため、エアークリーナーボックスなどの周辺部品を取り外した上で、エンジン左側に引き出してフルオーバーホールを行う。


ボディにはバイスターターバルブ(チョーク)やエアーカットバルブなどの部品が付き、ジェット類の取り付け方法も独特なのでVMAXキャブの分解組み立て方は簡単ではない。だが洗浄効果を求めるなら全バラにして溶液タイプのクリーナーに漬け込むのが確実だ。


ジェットやニードルを洗浄してボディを組み立てたら、点滴タンクでフロートチャンバーにガソリンを流し入れる。この画像ではボディ1個で行っているが、フューエルパイプからの漏れの有無を確認するため、必ず連結状態でも確認すること。


キャブレターによっては、フロートバルブゲージを使った高さ調整だけでなく、フロートチャンバー内のガソリンをボディ外にバイパスさせて実際の油面高さを測定できる場合もある。実油面はキャブレターが実際に取り付けられている角度にセットして測定することが重要で、VMAXの場合はこの角度が正常。

ガソリンタンクの下で油汚れやホコリにまみれたキャブレターを取り外し、キャブレタークリーナーなどを活用して清掃すれば、エンジン周りの見栄えはグッと良くなるものです。見た目だけでなく、パイロットスクリューに付着したカーボンやフロートチャンバー内のワニスや緑青などを洗い流せば、キャブ本来の機能も回復します。

普段から乗っているバイクであれば、キャブが根本的にダメになることはあまりないでしょうが、長期間不動状態が続いたり、そもそも修理前提の不動車のキャブをメンテナンスする場合、分解できる部分はできるだけ完全にバラして清掃したいものです。

単気筒の原付用と4気筒の大型車用キャブを比較すると、ベンチュリー径こそ大きな違いがあるものの、キャブボディ内部のガソリンや空気の通路径には似たり寄ったりで、スロットル低開度で重要な働きをするパイロット径の通路内にワニス化したガソリンが詰まれば、アイドリング近辺のエンジンコンディションに影響します。

そんな時はキャブレタークリーナーにボディを漬け込み、汚れを溶かして落とすのが最も効果的です。ワイズギアのヤマルーブスーパーキャブレタークリーナー(原液タイプ)はガソリンで希釈して使用する溶液タイプのクリーナーで、強力な洗浄能力はレストアを数多く手がけるバイクショップからも信頼されています。

4連キャブの場合、ボディが連結された状態で漬け込めるバットに沈めても洗浄の効果はありますが、ボディ同士を連結するフューエルパイプやベントパイプ、バイスターターバルブやエアカットバルブが付いたままではクリーナー溶液が行き渡らない可能性があり、気分的にもスッキリしないので、連結を解して付属部品をすべて取り外した上でクリーナーに漬け込む方が良いでしょう。

リンクやプレートなど細かい部品が複雑に組み合わさった4連キャブを分解する際は、事前にスマホでできるだけ詳細な画像を数多く撮影しておくことで、組み立て時にとても頼りになります。かつてはパーツリストのイラストやサービスマニュアルを参照にするのが一般的でしたが、今はスマホの方が断然効率的です。

そんな組み立て作業時に是非とも行いたいのが、キャブ単体でのガソリン注入です。サービスマニュアルの指示通りフロートレベルを合わせても、フロートチャンバーを取り付ける際にフロート本体と干渉してフロートバルブが開きっぱなしになることもあります。そのままエンジンに取り付けて始動すると、ガソリンタンクから流れ込んだガソリンはそのままフロートチャンバーのドレンホースから流れ出てしまいます。

燃料コックが旧車に多い重力落下式であれば、エンジン始動前でもガソリンを送り込めるので漏れにも早く気づけます。しかし負圧コックの場合、コックに負圧が掛からないとガソリンが流れないので、スターターモーターを回してある程度の時間が経過した後にチャンバー内にガソリンが流れ、そのガソリンによってエンジンが始動するのに合わせてドレンホースから漏れ始めて慌てることが少なくありません。

フロート自体が引っかかっているだけなら、ドライバーの柄などでフロートチャンバーを軽く叩けばバルブが閉じて漏れが治まりますが、クランクケースや地面にガソリンを撒けば余計な仕事が増えてしまいます。

フューエルパイプからのガソリン漏れはさらにやっかいです。パイプ端部のOリングを「多分大丈夫だろう」と流用して漏れたり滲むのは典型的なトラブルパターンで、新品に交換してもパイプをボディに組み付ける際にOリングが捻れて漏れることもあります。機種によってはキャブレターをエンジン側のインマニに挿入し、エアークリーナーボックスをセットするのに苦労することもあるだけに、組み付け後にガソリン漏れが発覚すると本当に落胆してしまいます。

こうしたトラブルを避ける方法は単純で、エンジンに組み付ける前のキャブ単体状態でガソリンを入れれば良いのです。当たり前のことですが、オーバーホールや清掃が終盤を迎えるとどうしても早くエンジンを掛けたくなって単体チェックを抜きにしがちです。そこを我慢してひと手間かけるだけで、後の面倒を回避できます。フロートチャンバーとドレン経路にもよりますが、キャブ単体でフロートチャンバー内の実油面測定を行えば、基準値から外れていた際の修正も容易です。

POINT

  • ポイント1・キャブレター分解後はエンジン組み付け前に、フロートチャンバーやフューエルパイプからのガソリン漏れを確認しておく

ベンチュリー内のバルブを目視して同調を暫定合わせするだけでも効果あり


直列4気筒用の4連キャブでもVMAX用のキャブでも、取り付け面が揃っている場合は定盤などに押しつけながら連結プレートを締め付ける。面がバラバラの状態で連結してしまうと、スロットルバタフライのリンクに無理な力が加わり、スロットル操作が重くなったり摩耗の原因にもなる。


リンクのアジャストスクリューで暫定調整を行う際は、ベンチュリー内のバタフライバルブを見ながら、スクリューの回転とバルブの動きを確認しておく。また、バルブの開度調整は全閉となる一方に他方のバタフライを合わせるが、スロットルストップスクリューで基準側を僅かに開けておいた方が、もう一方のバタフライ開度を合わせやすい。


キャブレターをエンジンにセットしてバキュームゲージで負圧を測定すると、隣り合うバルブの開度はだいたい揃っているが、Vバンクの向かい合う谷同士のセットでは大きくずれている。直4用キャブなら1、2番は合って、3、4番も合っているが、2、3番がずれいている状態だ。


VMAXはVバンクの谷を挟んだキャブの同調を長いリンププレートで合わせている。そのプレートのアジャストスクリューを調整することで4つの同調を取ることができた。すべての開度を適当に組み立てると、ゲージをつないでも調整時間がかかってしまい、オーバーヒート状態になることもあるので注意が必要しなくてはならない。

ガソリン漏れのチェックと同様に、4連キャブをエンジンにセットする前に確認しておくと良いのが、負圧キャブのバタフライバルブの同調確認です。最終的にはエンジンを始動してバキュームゲージで合わせるにしても、組み付け前ならバルブを直接見ながらアジャストスクリューを調整することができます。

隣り合うバタフライを連動させるリンクのアジャストスクリューを締めたり緩めたときに、互いのバルブがどのように作動するかをあらかじめ見ておくことで、エンジンを始動してゲージを頼りに調整する際にもスクリューの回転方向が想定できて作業効率が上がります。

また、目視で同調を取っておくことで、未調整で組み立てただけの時よりも調整時間を短縮できます。4気筒エンジンの4連負圧キャブの場合、1番と2番で合わせ、3番と4番で合わせ、最後に2番と3番の同調を合わせることで4つのキャブの吸入負圧を揃えます。調整はアイドリング状態で行いますが、作業時間が長くなるほど油温も水温も上昇するので、なるべく短時間で行うことが必要です。その際に4つのバルブ開度がバラバラなのか、ある程度揃っているのかでは、同調調整に掛かる時間も変わります。もちろん、短時間で終わらせる方が熱の影響を受けないため、望ましいのは間違いありません。

キャブレターオーバーホールの本題は、分解清掃組み立てによって調子を取り戻すことですが、それにまつわる手順や段取りによって作業がスムーズに進むか否かが分かれることがあり、エンジンに組み込む前にできることは済ませておいた方が良いことを知っておきましょう。

POINT

  • ポイント1・キャブレターの同調を目視で合わせておくことで、バキュームゲージを使った本調整に掛かる時間を短縮できる
コメントを残す

 
今回紹介した製品はこちら
   
今回紹介したブランドはこちら
 

ヤマハ V-MAX 1200の価格情報

ヤマハ V-MAX 1200

ヤマハ V-MAX 1200

新車 0

価格種別

中古車 15

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

87.41万円

価格帯 29.8~151.4万円

諸費用

万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

53.32万円

価格帯 37~77.08万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す