チューブを引き出すことなく、トレッド面から補修材を挿入すればパンク修理できるのがチューブレスタイヤの利点です。パンク修理キットを持っていれば、エアー充填の方法を確保してから異物を引き抜き補修材を挿入しますが、その際はリーマーで下穴を整え、挿入部分にセメント=接着剤をしっかり塗布するのが作業のポイントです。

自宅が近いなら、刺さった異物は慌てて抜かない方が良い!?


バイク用品メーカーのPLOTが販売するサムズアップのチューブレスタイヤペアキットは、ヒモ状の補修材に加えて2種類のロケットタイプの補修材が入っているのが特徴。ひとつのハンドルでリーマーやインサートニードルを付け替えることで省スペース化を実現し、車載工具としてもかさばらなのが魅力。エアーボンベは付属していないので、ツーリング先などでパンク修理を行う際は空気を入れられる場所や環境を整えておく。


異物が刺さっているうちは空気が漏れない(漏れづらい)のがチューブレスタイヤの特徴。だから出先で刺さっているのを見つけても、慌てて引き抜かない方が良い場合もある。また、修理キットやコンプレッサーなど修理の準備が整っても、金属の切れ端などを踏んでナイフで裂いたような傷がついている場合、補修材では穴が埋まらないこともあり、その場合はレッカーサービスなどで搬送してもらう。

チューブタイヤはタイヤの内側のチューブで空気圧を保っているため、異物が刺さるとタイヤとチューブの間に空気が漏れるため、短時間で空気が抜けてしまいます。一方、チューブレスタイヤはタイヤ内面とホイールリム内面が空気室になっているため、釘や異物を踏んでもそれ自体が「栓」になっている間は急激な空気圧低下が起こらないのが特徴であり利点です。

ただし空気が抜けづらいのが災いして、異物が刺さっていても場合によってはなかなか気づかないという一面もあります。走行前にはタイヤの状態を確認することが重要なのは百も承知とは言え、それを忠実に実践しているかどうかとは話は別です。

フェンダーから地面までの僅かな部分だけをチラッと見て、大丈夫だと判断しているライダーもいるかもしれません。駐車した時に偶然発見した釘や木ねじの頭が路面と擦れて「これは相当長く刺さっていたな」と気づくこともあります。

刺さって間もない場合でも、しばらく時間が経過している場合でも、異物がそこに安定して留まる間は空気が抜けづらい半面、取り除けばトレッド面に穴が開くので空気が抜け始めます。つまり、空気漏れを防ぐために異物を抜かない選択もあるということです。

それまで気づかず走っていたのに、釘が刺さっているの見つければ抜きたくなるのはもっともです。しかしそれが修理の当てのない出先だった場合、慌てて抜かない方が結果的に長く走行でき、うまくすれば自宅まで帰ってこられるかも知れません。あるいはツーリング先でパンク修理キットを搭載しているのなら、エアーが充填できるガソリンスタンドまで走行して、そこで修理させてもらうことで、パンク状態を最小限にとどめられる可能性があります。

出先で修理するのか、なんとか自宅まで帰宅できそうなのかは異物の種類や状況で左右されますが、その場でレッカーサービスを呼ぶのではなく、しばらく走行を続けてから対処したい場合には、慌てて引き抜かない方が良いでしょう。

POINT

  • ポイント1・チューブレスタイヤに刺さった釘や金属片は、それが残っている間は穴を塞ぐ「栓」として機能することもあるので慌てて引き抜かない

リーマーで適切な穴径まで拡大することで補修材の破損を防止できる


リーマーにセメントを塗布してからパンク穴にねじ込むことで、補修材に適した穴径に整えながらスムーズに挿入するための潤滑剤代わりとなる。リーマーは何度も往復させてセメントをまんべんなく行き渡らせるのがコツ。


先端が割れたインサートニードルに補修材を通してセメントをたっぷり塗布する。塗りすぎると滑って抜けるのが心配だが、パンク穴を貫通した裏側で抜け止めの返しができるので心配ない。逆に、セメントが少ないと二つ折りにして挿入する時に補修材が引っかかって断裂してしまった方が抜けやすくなる。


補修材を挿入する際はハンドルをグリグリ回さず、パンク穴に対してまっすぐ押し込むことで、補修材のねじ切れを防止できる。押し込みすぎると補修材がタイヤ内部に落ちてしまうので、折り曲げた補修材の端部がトレッド面に残るようにする。引き抜く時もハンドルをまっすぐ引くことで、補修材がニードル先端のスリットをすり抜ける。挿入時にハンドルをねじって補修材がニードルに絡まった状態で引っ張ると断裂の原因となる。


インサートニードルを真っ直ぐ挿入してまっすぐ引き抜けば、タイヤの内面で補修材がループ状になるため抜けてこない。またリーマーにセメントを塗布して穴の周囲に行き渡らせておくことで、補修材に塗ったセメントと触れて気密性が確保される。


トレッド面に残った補修材は3mmほど残してカッターナイフで切断する。長く残しすぎると、走行中に抜けることがあるので要注意。タイヤ内面を見せるため一連の説明はタイヤ単体で行っているが、実際にはホイールに装着した状態で補修できる。

パンク修理キットを使える状況になったら、いよいよ異物を引き抜いて作業を開始します。チューブレスはトレッド面に補修材を挿入するだけなので、ビードを落としてチューブを引き出さなくてはならないチューブタイヤに比べれば作業は圧倒的に楽です。

ビッグバイクでもチューブレスなら、タイヤが車体に付いたまま修理できます。しかしチューブタイヤでタイヤを外さずチューブを引き出せるのは小排気量のビジネスバイクかトレールモデルぐらいで、中型以上になると車両装着状態で修理するためのテクニックが必要です。

チューブレスタイヤのパンク修理キットとして一般的なのが、ゴム系素材のヒモ状の補修材をパンク穴に挿入する製品です。そしてこのタイプのキットで修理する場合、異物を引き抜いた後の下穴処理が重要です。

パンクの穴を埋めるのだから、なるべく被害が小さい状態で補修材を挿入したいと誰もが思うはずです。しかし補修材の太さに対してパンク穴が小さすぎると、挿入する際に補修材に大きなストレスが加わり、場合によっては破損してしまうこともあります。

長いヒモを二つ折りにしてパンク穴に挿入された補修材は、トレッド内面でループ状に膨らみ抜け止めとなります。しかし小さすぎるパンク穴に無理に押し込むと、折り曲げられた部分で切断してしまい、抜け止めの返しができないまま挿入されてしまう場合があるのです。

そうしたトラブルを防ぐため、パンクキットにはリーマーが付属しています。ドリルの刃のようだったり、四角錐だったりしますが、パンク穴にリーマーを通すことで補修材のサイズに応じた穴径となり、補修材を傷めることなく挿入できます。

さらに下穴を整える際には、リーマーにラバーセメントを塗布することも修理のポイントとなります。挿入する補修材にセメントを塗るのは通常の手順ですが、セメントを塗ったリーマーを何度か往復させることで穴の内面をコーティングでき、補修材との密着度が向上する効果があります。またセメントが潤滑剤代わりとなって、スムーズな挿入を助けるメリットもあります。

最終的にパンク穴を塞ぐのは補修材ですが、その性能が発揮できるか否かは事前の段取り次第です。挿入した補修材がタイヤ内部で断裂した上に抜けてしまってはせっかくの作業も台無しです。そうならないためには、異物が小さくてもリーマーで下穴を整え、リーマーに塗布したセメントで下穴をコーティングする準備を忘れず行うようにしましょう。

POINT

  • ポイント1・パンク修理キットのリーマーは補修材を挿入する際に必要な下穴を整えるために必要
  • ポイント2・セメントをリーマーに塗布して通すことで、補修材を挿入する際の潤滑剤代わりになる
コメントを残す

 
今回紹介した製品はこちら
   
今回紹介したブランドはこちら