Tgh01.jpg

スピードメーターやタコメーターが正しく作動していないと、バイクを走らせていて目線の先が気になってしまうもの。電気式のデジタルメーターでも、機械式のアナログメーターでも、メーターの取り付けで極めて大切なのが「ゴムダンパー」のコンディション。取り外したときにボロボロになっていたり、ヒビ割れだらけになっているような時には、新品部品に交換しないと、メーターコンディションの悪化が早くなってしまう。ここではメーターコンディションを左右する「ゴムダンパーの存在」に注目してみよう。

金属ブラケットへの直接固定は絶対NG!!

Tgh02.jpg

メーター本体のマウント方法は様々だが、独立型メーターなら概ね2箇所の締め付け。締め付け各箇所にラバーダンパーが組み込まれている。ゴム部品は弾力性があっても、締め付け時に亀裂が入るようであれば交換時期と考えよう。締め付け部分ではなくボディを受けるだけのゴムダンパーもある。

webike.jpg

メーター交換時はゴムダンパーに注目!!

Tgh03.jpg

Tgh04.jpg

Tgh05.jpg

何らかの理由でメーターを取り外したときには、ダンパーラバーのコンディションを必ず確認しよう。ヒビが入っているときには新品部品へ交換。最悪で、ヒビ部分に瞬間接着剤を流して固定することで、ダンパーゴムの欠落を回避することもできる。ダメージに気が付いた時には新品部品に交換するのが鉄則だ。ダメージが起こってからでは遅すぎる。

部品が無ければ自作可能!!

Tgh06.jpg

Tgh07.jpg

ゴムダンパーが列化してダンパーとしての役割を果たしていない時には、ゴム板や硬質スポンジをカットしてゴムダンパーへ接着することで、ダンパー機能を回復させることもできる。また、メーターブラケットにスペースがあるのなら、硬質スポンジシートをカットしてブラケットに接着することで、ボルトマウント部分ではなく、ボディをダイレクトに保護することもできる。締め付けボルトに段差があったり、ゴムダンパーの内側にはカラーが入り、しっかり詰め付けてもダンパーが効くような構造となっているため、それらの部品が使われていることも確認しておこう。

知られていないメーターケーブルの重要性

Tgh08.jpg

Tgh09.jpg

走行時のメーター指針(スピードでもタコメーターでも)が、ピョンピョン跳ねるようなとき。そんな現象が現れた時にはねメーターケーブルを取り外し、インナーケーブルを抜き取って、ケーブル双方をしっかり洗浄&グリスアップしてから復元してみよう。インナーケーブルの一部にダメージがあるだけでも、メーター指針がピョンビョン跳ねてしまう症状が発生する。それはメーターのトラブルではなく、ケーブルのトラブルだ。また、ケーブルの途中がフレームとタンクの隙間に挟まっていたり、フレームに固定されていたり、単純に触れているだけでも振動を拾ってメーター表示がおかしくなることもある。ケーブルの取り回しには十分注意しよう。

こんな部分にも注意の目!!

Tgh10.jpg

Tgh11.jpg

他機種用部品の流用や社外部品を使ったときに、インナーケーブルの長さが長過ぎることがある。インナーが長いとメーター本体内でケーブルエンドが突き上げてしまい、メーター稼働部を損傷させてしまうことがあるので、リングナットを取り付けるときには必ず指先で行い、無理に押し込んでいないか確認しよう。また、ケーブル内への雨水の侵入を防ぐオイルシールが入るケーブルもあるので、取り外したときには紛失しないように注意しよう。

POINT

  • ポイント1・ 取り付け状態を覗き込み、ヒビ割れを発見したら新品部品を用意
  • ポイント2・単純にゴムを挟むだけではなく、カラーや段付きボルトの組み込みを忘れてはいけない
  • ポイント3・ゴム板やゴムワッシャでダンパー代わり部品は自作できる

メーター本体を固定するゴムラバー(マウントラバー)が劣化すると、日に日に、メーター内部にダメージが及んでしまう。大切なメーターは精密機械。愛車のメーターコンディションが心配な時は、メーター固定部分に組み込まれるゴム部品のコンディションに気を配り、時折、覗き見してコンディションを確認しよう。

走行中にメーター本体がゆらゆら揺れていたり、走行中にブォ~ンといったノイズが聴こえてきたら、走行中ではあるが左手でメーター本体を触れ(無理してはいけません)、異変が無いか状況確認してみよう。

あくまで経験談になるが、試乗中のバイクの前周りから異音が出ていた。そこで、左手でメーター本体を触ってみた。すると、ものすごい振動でメーターがビビっていることに気が付いた。その場で停車して、メーターマウント部分のゴムダンパーを確認すると、2箇所ある締め付けナットのうち、1箇所が外れていたのを発見!! 戻ってから平ワッシャー、スプリングワッシャー、ナットの順で締め付け、再び試運転に出掛けてみた。

すると、今度はまったく異音が無く、メーターを手で触れても、目立った振動を感じることは無かった。それほどまでに、メーター本体のラバーマウントは、人知れず大きな仕事をしているものなのだ。

それとはまた違うが、劣化によってダンパーラバーが痩せてしまい、ナットをしっかり締め付けてもメーター本体がユルユル動いてしまうことがある。このような場合は、ダンパーラバーを新品部品に交換しよう。部品が販売中止の場合は、ダンパーラバー代わりになるゴム板や硬質スポンジシートをゴムダンパーの上から接着追加し、試運転で状況確認してみよう。また、他モデルや汎用ダンパーゴムで流用補修できる可能性もある。

いずれにしても、走行中に何らかの違和感があったら、まずは状況の再現と確認をしてみよう。一番良くないのは、走ることばかりに集中し、トラブルを見過ごしてしまうことだ。このような走りだと、気が付かないうちに大きなダメージへと発展してしまうことを忘れずにいて欲しい。

この記事にいいねする

コメントを残す

 
今回紹介した製品はこちら
  
今回紹介したブランドはこちら