転倒したときに大きなダメージを受けやすいのが外装パーツやステップ、転倒した向きによっては、マフラーにもキズを受けやすい。そんな転倒時に意外と忘れ去られているのが、フロントフォーク「インナーチューブ」の曲がりだろう。ここでは、サビたインナーチューブの再生と正立式フロントフォーク組み立てに注目してみよう。

サビ除去できないのなら再生修理

東洋硬化で再生された部品には作業前後に測定した精度管理表が添付されてくるので安心だ。2本のチューブをくっつけて、光にかざして「スカシ見」すれば、曲りの有無を即判断することができる。摺動部ではない場所に「単なる点サビ」がある程度ならば目をつぶれるが、摺動部分にもしっかりサビがあるとなると、そのままではオイルシールを交換したところでオイル漏れがひたすら続いてしまう。こうなったら迷わず再生!!

仕上がりの良さは折り紙付き





メーカー純正インナーチューブよりも、明らかに高品質かつ厚めに硬質クロームメッキが施されているため、精度はもちろん、後々「サビにくい」のが東洋硬化によって再生処理されたインナーチューブの大きな特徴である。カスタムマシンなら、再硬質クロームメッキ処理後にチタンコーティングやイオンプレーティングを施して発色や摺動性向上を狙うことができる。

組み立て前には必要部品をすべて段取り



国内バイクメーカーの純正部品在庫には、それぞれ特徴がある。スズキは絶版車部品に対し温情と言うか手厚い側面も過去にはあったが、現在は旧車部品の在庫が減っている。このフロントフォークの組み立て時には、発注すべての部品が納品された。スペシャル部品メーカーからオイルシールキットも発売されているので、モデルではなくオイルシールの内径×外径×厚さ寸法で探すのが良い。

ラバーグリスで滑りを良くしよう



フロントフォークシールをボトムケースに圧入する際には、スムーズに滑っていくようにラバーグリスをシール外周およびインナーチューブとの摺動面に適量塗布しよう。インナーチューブ外周にメタルを組み込むタイプはインナーチューブを差し込んでからオイルシールを組み付けるが、旧タイプモデルなのでオイルシールをボトムケースへ先に圧入する。

ダンパーシートパイプの固定にはコツがある

ボトムケースを横向きに固定して(大型万力の利用が間違いなく便利)、インナーパーツを組み込んだチューブを差し込み、ダンパーシートパイプ固定ボルトをボトムケースの底から締め付ける。ここで長Tレンチに「回り止め用四角錐ソケット」をセットし、シートパイプの空回りを押さえながらボルトを締め付ける。この締め付け時にはインナーチューブをフルボトムにして、インナーチューブを回転させながらロックピースをセンターリングしよう。ロックピースがズレるとフルボトム時の作動性が悪くなってしまう。
オイルロックピースがセンターリングされていないと、フルボトム時にカジリも発生する。分解したパーツがカジっているケースは多い。

フォークオイルは「量」または「油面高さ」







今回使ったフォークオイルはショーワのSS-8と呼ばれる10番相当。カヤバ製オイルならG10/G15/G20などがある。スズキ指定の標準オイル量はG15でサービスマニュアルデータによれば150±4ccとなっていた。今回はショーワ製10番相当を150cc注入してから何度もストロークさせてエアー抜きを行ない。数分後に現状油面値に対して15mmほど油面を高くするセッティングにしてみた。エアー室を減らしてノーズダイブを減らす設定にしてみた。油面データが無い時代のモデルなら、注油後に油面の高さデータを測定しておくと良い。油面データは記しておこう。エアー抜き作業と油面の高さ調整を終えたらインナースプリングをセット。滑らせるようにゆっくり組み込み、オイルが飛び出さないように要注意。バネピッチの細かいほうを上にして組み込んだ。

POINT

  • ポイント1・ オイルシールとの摺動部分に1点でも「点サビ」があると、オイルシールリップはダメージを受けてしまう
  • ポイント2・ サビたインナーチューブは新品に交換。曲がりの修正から再ハードクロームメッキ処理仕上げは依頼可能
  • ポイント3・ 正立フォークの組み立て時はインナーチューブフルボトム域の作動性に要注意

様々な機種に対応したアフターマーケット「インナーチューブ」が発売されているが、高品質な商品がある一方で、メッキ処理の肉厚が薄く、下地の加工ムラが透けて見えてしまうほどなど、これは今ひとつといった商品もなかにはある。今回、サビが酷かったインナーチューブは、メーカー純正部品の供給がすでに終わり、販売中止になっていたのと、リプレイス(アフターパーツ)部品の設定が無いモデル用だったので「インナーチューブの再生処理」でリフレッシュすることにした。過去に何度か再生処理を依頼し、その仕上がりの良さが抜群だったのが、福岡県久留米市に拠点を持つ東洋硬化。同社では、インナーチューブの修理再生はもちろん、リアショック用ダンパーロッドやブレーキキャリパーの鉄製ピストンの再ハードクロームメッキ処理などの再生も請け負っている。チューニングユーザーからのリクエストでは、硬質クロームメッキ+αの技術で、チタンコーティングやイオンプレーティングなどなど、さらなる硬質化処理や耐摩耗性向上かつ高摺動性を狙った表面処理対応も積極的に展開している。全国のバイクショップやサスペンションの専門ショップからも、厚い支持を得ているのが東洋硬化だ。

事故や転倒による衝撃で、完全に「くの字」に曲がってしまったインナーチューブの再生はお勧めしないが、一般的な再硬質クロームメッキ処理で補修可能な部品や、転倒によるねじれや僅かな曲がり程度なら、新品部品よりもむしろ仕上がりが良いとの評判なのが、同社で再生処理された各種部品の特徴である。ちなみにメーカー純正部品の一部には、生産コストの関係で硬質クロームメッキの膜厚が薄く、それ故、サビやすい特徴があるのも事実である。一方、再生硬質クロームメッキは、膜厚を任意に確保でき、美しさと同時にサビにくいといった特徴を併せ持つケースもある。また、依頼時には作業前と作業後の「ビフォー⇒アフター」それぞれの精度管理表が添付納品されるので、品質的にも安心できるものである。

納品されたインナーチューブは、依頼前の部品とはまったく別部品かの如く、とにかく美しく仕上げられている。2本のチューブをぴったり寄せて握ることで、曲がりの有無を確認できるので、再生処理をするしないに関わらず、フロントフォークを分解した時には是非とも試してみていただきたい。今回は、納品されたインナーチューブを定盤の上に置いた2個のVブロックにセットして、ダイヤルゲージで曲がりを測定してみたが、再生技術は確かでダイヤル指針の振れはゼロだった。この仕上がりなら素晴しい作動性を期待できることだろう。

組み立て作業前には、要交換な消耗純正部品をオーダーし、特殊工具が必要な時には、作業前に準備して、しっかり段取りを整えよう。
取材協力:東洋硬化 Phone 0942-34-1387

この記事にいいねする

コメント一覧
  1. John934959Doe より:

    え?素人向けの記事だと思って読んでたが、読者=多分ほぼ素人だと思うが、に自分の手でオーバーホールを勧めるのか?組み立て分解は素人でも出来るだろう。オイルをどのくらい塗布するか指先で薄く塗るとか超ベテランの職人のする仕事を見てた事があるが、それを素人にやってみろと?インナーアウターチューブの何処がどの辺擦り減ってるとか、いきなりDIYでやるのを勧めるんだ?
    信じられんわ、未だやり方はこうだが、オーバーホールやフレーム修正機を持つ腕の確かなバイク屋を紹介するなら兎も角、一手間違えれば確実に走行中に突然あの世行きを誘発しかねない内容をDIYで勧めるのは気狂い沙汰だ。
    俺自身自分のバイクの修繕をバイク屋でバイトしながら覚えて行ったが、メンテナンスを日常的に繰り返して出来る奴なら兎も角、無知な奴にこうするとイイよって記事は事故誘発しかねない内容で、もう信用出来ん記事と言うかサイトだ。

コメントをもっと見る
コメントを残す

 
今回紹介した製品はこちら
   
今回紹介したブランドはこちら