フロントフォークのオイルシールはフロントサスのアキレス腱と言っても過言ではない重要部品です。サスペンション内部のオイルを漏らさず外部からの異物の混入を防ぎ、インナーチューブと常に擦れ合う中で、劣化や摩耗は避けられません。フロントフォークのオイルが漏れるとブレーキやタイヤをを汚す上にサスペンション自体の性能にも影響するので、早めの補修が必要です。

フォークオイルの劣化だけでなく油量が減少してもサスペンションが柔らなくなる


インナーチューブに付着した汚れなどをかき落とすダストシールに細かいひび割れが生じ、インナーチューブにフォークオイルの輪ジミが付着している時は、ダストシールの下にあるオイルシールも傷んでいる可能性が高い。


インナーチューブやオイルシールが健全な状態でフォークオイル交換を行う場合も、シール交換を行う場合も最初にサスペンション内のオイルを排出する。フォークスプリングが不等ピッチの場合、取り外す時に上下を確認しておく。


インナーチューブに挿入されているフォークピストンはアウターチューブ底部のボルトを緩めて取り外す。ボルトとフォークピストンが供回りしてしまう時はインパクトレンチで勢いよく回すか、フォークスプリングを仮組みしてインナーチューブ内部でフォークピストンを固定すると良い。


ダストシールを上にずらしたら、オイルシールを固定するストッパーリングを取り外す。このリングを外し忘れてインナーチューブを引っ張っても、オイルシールを取り外すことはできないので要注意。絶版車や旧車ではダストシールのリップが劣化して水分が入り、リングが真っ赤に錆びていることも珍しくない。

原付や50ccスクーターは例外として、多くのバイクのサスペンションはスプリングとダンパーの組み合わせによって機能しています。路面のギャップに乗ってタイヤが突き上げられると、サスペンションのスプリングが縮むことでショックを吸収します。そして縮んだサスが伸びる際は、ダンパーの働きによって低度なスピードに調整されます。

シングルレートでもダブルレートでも、金属製のコイルスプリングの反力=バネ定数はスプリングごとに決まっています。正立式フロントフォークの場合、インナーチューブ内にフォークスプリングを挿入してフォークオイルを注入する際にオイル量や油面の高さが指定されていますが、それはインナーチューブ内の空気室の容量によってフォークの硬さが変化するためです。

フロントサスペンションが縮む時にスプリングが押し縮められて反力が生じますが、インナーチューブがアウターチューブ内に入り込むことでインナーチューブ内の空気室が圧縮されてエアバネのように反力を発生します。この時、規定値よりも油面が高い=オイル量が多ければ空気室が少なくなるため、フロントフォークが沈んだ時に圧力が上昇してサスペンションが硬くなります。この特性を利用して、サスペンションセッティングで油面を上げることがありますが、極端に変化させると空気室が狭くなりすぎてストローク量自体が減ってしまう=サスペンションが沈まなくなることもあるので注意が必要です。

逆に、フォークオイルが減少するとインナーチューブ内の空気室の容量が増加して、フロントフォークが縮んでも内部の圧力が充分に上がらず、サスペンションが柔らかくなります。

経年変化によってフロントサスペンションが柔らかくなる原因のひとつに、フォークオイルの劣化による粘度低下があります。サスペンションのダンパーは狭い通路内をオイルが通過する際の抵抗を利用していますが、絶えずストロークするサスペンション内を流動するオイルは、摺動時のせん断や油温上昇によって粘度が低下します。そのため定期的な交換が必要なのです。

そしてもう一つの原因がオイル漏れです。インナーチューブの点サビやリップの硬化などによってオイルシールの気密性が保てなくなると、フロントフォークが縮む際に内圧が上昇することもあり、サスペンション内のフォークオイルは流出します。漏れたフォークオイルがアウターチューブを伝ってホイールやタイヤ、ブレーキに付着すると危険なのはもちろんですが、油量が減少することでサスペンションが柔らかくなります。

オイルシールから漏れるフォークオイルなど僅かな量だろう……と軽く考えるかも知れませんが、サービスマニュアルではフォークオイルの油量やオイルレベルは1mm、1?単位で指定されています。意志を持ってサスペンションセッティングを行う際は標準値から変更することもあるでしょうが、そうでなければ走行性能の点から見てもオイル漏れを放置すべきではありません。

POINT

  • ポイント1・フロントサスペンションからフォークオイルが抜けるとインナーチューブ内の空気室の容積が増加して、サスペンションが柔らかくなる

オイルシール交換時はフォークピストンのセンター出しが重要


アウターチューブのキャリパーマウントやアクスルシャフトホルダー部分をバイスで固定して、インナーチューブを数回強く引くと、インナーチューブ先端のブッシュがスライディングハンマーの要領でオイルシールに当たって抜けてくる。機種によってはインナーチューブが抜けてもアウターチューブにオイルシールが残ることもあり、その際はオイルシールリムーバーで取り外す。


オイルシールやダストシールを交換する際に合わせて新品に交換しておきたいのが、フォークピストンを固定するソケットボルトにセットするシーリングワッシャー(手前の銅ワッシャー)。規定トルクでソケットボルト締め付けるとワッシャーが密着してフォークオイル漏れを防ぐ。


インナーチューブにオイルシールをセットする際は、インナーチューブ上部を薄いビニールで保護することでシールリップの傷つきが防止できる。


リップ部分にフォークオイルやグリスを塗布したオイルシールを、ピンと張ったビニール越しにインナーチューブに取り付ける。この時、オイルシールのリップが裏返らないよう注意しながら作業する。

インナーチューブの点サビやオイルシール自体の硬化や劣化によってフォークオイル漏れが発生した際には、インナーチューブやオイルシール交換で症状を改善するのは、メンテナンスとして当然の行為です。加えてサスペンションセッティングの点から見ても、オイル漏れによって油面が低下したフロントサスペンションは適切なリペアが必要です。

ここで紹介するのはオイルシールとダストシールの交換作業ですが、アウターチューブに圧入されたオイルシールを取り外す際にインナーチューブを引き抜くため、サビが発生したインナーチューブを交換する際も作業工程は同様です。

フロントサスペンションを組み立てる際は、インナーチューブ内に挿入したフォークピストンをアウターチューブ底部のソケットボルトで固定してから、アウターチューブにダストシールを圧入します。この際に注意すべきなのがフォークピストンのセンタリングです。

フォークピストンの先端には、サスペンションがフルストロークした時にフォークオイルの油圧を急激に高めてインナーチューブの底突きを防止するオイルロックピースが付きますが、ソケットボルトとフォークピストンのねじの微妙な位置関係によって、オイルロックピースがアウターチューブの中心からわずかにずれることがあります。するとサスペンションがフルボトムした際にオイルロックピースがインナーチューブ内に入り込んだ状態で固着してしまう可能性が生じます。

これを避けるにはアウターチューブにフォークピストンを仮止めした状態でインナーチューブを底まで挿入して、フルボトム時にオイルロックピースと干渉せずスムーズにストロークすることを確認します。インナーチューブを回しながら伸縮させることで、オイルロックピースとの偏当たりも解消できます。組み立てたフロントサスペンションにフォークオイルを注入する際は、インナーチューブを数回ストロークさせてダンパー内部に残った空気を押し出してからサービスマニュアル通りのオイルレベルに合わせます。

オイルシールの劣化やインナーチューブのサビによるフォークオイル漏れは、絶版車や旧車にとっては日常的に起こり得る典型的なトラブルのひとつです。オイルが漏れることで車体のあちこちが汚れるのも不快であり危険ですが、サスペンションの性能面から見ても早急にメンテナンスを行うことはとても重要です。

POINT

  • ポイント1・フォークピストン先端のオイルロックピースの微妙なズレによってインナーチューブと干渉してフリクションロスを生じることがあるので、組み立て時はフォークピストンのセンター出しを行う
コメントを残す

 
今回紹介したブランドはこちら