エンジン内を潤滑するエンジンオイルには、さまざまな汚れが混入します。それを濾過するのがオイルフィルターの役目です。ほとんどのバイクのエンジンは濾紙タイプのフィルターを装備しますが、世界の大ベストセラーであるホンダスーパーカブやモンキーの横型エンジン(キャブレター時代の)は部品としてのフィルターがなく、その機能はエンジン内部にひっそりと組み込まれています。

慣らし運転が終わってもエンジンオイルは汚れ続ける


ホンダ横型エンジンの遠心フィルター(オイルフィルターローター)を清掃するには、右側クランクケースカバーを取り外さなくてはならない。スーパーカブでもモンキーでも、ステッププレートはクランクケース底面に取り付けられており、クランクケースカバーと干渉するため、あらかじめ取り外さなくてはならない。ステッププレートがサイドスタンドマウントを兼用している機種の場合、ステップを外すと自立できなくなるため車体を支える手当も必要となるなど、いくつもの段取りを踏まなければならない。


クランクケースカバー外周のボルトを取り外してカバーを開く。車体を大きく左に傾けておけば、エンジンオイルが左側に寄るため抜かずに作業できる。またカバーガスケットはうまく剥がれれば再使用できるが、途中で切断したら新品に交換する。クラッチアウターカバーガスケットと共に、事前に準備しておいた方が無難だ。遠心フィルターの場合、部品としてのカートリッジフィルターやエレメントは不要だが、ガスケット類は必要。

新車を購入した際に推奨される慣らし運転は、昔はエンジン内部で回転したり摺動する金属部品同士に当たりをつけ、加工時のバリなどを落とすなどの目的がありました。部品の加工精度や品質管理が厳しい現在ではエンジン内部で摺り合わせを行うようなことはありませんが、走行距離が増えてもエンジンオイルは定期交換が必要で、それに合わせてオイルフィルターも定期交換部品となっています。

初期なじみのための慣らし運転が終わってからもエンジンオイルが汚れるのは、金属部品同士が接触することで摩耗粉が発生することもありますが、高温やブローバイガスにさらされ続けるエンジンオイル自体が劣化するためです。劣化したオイルは粘度が低下してエンジン内部の保護性能やコンプレッション維持能力が減衰すると同時に、混合気が燃焼する際に燃え残ったガソリン成分がオイルに混ざったり、高温に熱されたオイル自体が固形状の燃えカスになってオイル内を浮遊します。

カーボンスラッジなどと呼ばれるそれらの異物は一時的なものではなく、エンジンが動き続ける間は継続的に発生し続けるため、オイルフィルターで除去し続ける必要があります。オイルフィルターはオイルポンプからエンジン各部に圧送される潤滑経路の最初に組み込まれていてフィルターの濾紙が目詰まりすればオイルの流量が低下して潤滑不良となり、各部パーツの異常摩耗の原因となります。

オイルの流量が減りすぎると大きなトラブルにつながるため、オイルフィルターが詰まって油圧が上がりすぎた際には非常手段としてバイパスを通してオイルを循環させるバイパス通路が併設されている場合もあります。しかしバイパスを通るオイルは汚れたまま濾過されていないため、汚れたオイルによってさらにエンジン内部にダメージを与えるおそれがあるので、オイルだけでなく必ずフィルターも交換しなくてはなりません。

POINT

  • ポイント1・4ストロークエンジンのエンジンオイルは慣らし運転後も汚れ続ける
  • ポイント2・エンジン内に発生するカーボンスラッジなどの汚れを取り除くオイルフィルターも、エンジンオイルと同様に定期的な交換が必要

網状のストレーナーとは別にクラッチ内部に遠心分離フィルターがある


ドレンボルトの真上にあるストレーナースクリーンは、エンジン各部からオイルパンに戻ったオイルがオイルポンプに吸われる前のゴミや異物を取り除く。粘土状になって遠心フィルターに堆積する汚れは、この程度の網は通り抜けてしまう。このスクリーンを洗浄するにも右側クランクケースカバーを外す必要がある。


クラッチアウターカバーの皿ビスは、横型エンジンの中で最も注意すべき相手。押しながら回す際にクラッチ本体が回ると力が逃げてしまうので、バンドタイプのホルダーなどで回り止めをするか、インパクトドライバーで一気に緩めるのが良い。

カートリッジタイプ、内蔵タイプの違いはあっても、いわゆる「ひだひだタイプ」の濾紙を用いたエレメントを使用するエンジンが大半の中、長い歴史の中でエレメントを使ってこなかったのがスーパーカブやモンキーに搭載されてきたホンダ横型エンジンです。

キャブレター時代はすべての年代で、フューエルインジェクション仕様になってからもしばらくの間はエレメントタイプのフィルターはありません。クランクケース底部のオイルパン部分に網状のストレーナースクリーンが組み込まれていますが、それはオイルポンプに供給される前のオイルから大きめの異物を取り除くための物で、ポンプからエンジン各部を潤滑するオイルのためではありません。

ホンダ横型のオイルフィルター機能は、クランクシャフトと一緒に回転するクラッチ部分にあります。これは洗濯機の脱水機のような仕組みで、回転するクラッチにエンジンオイルを流し込むと重いゴミやスラッジが遠心力で外側に移動して張りつくことで汚れを取り除きます。シンプルで理に叶った遠心分離機のようなフィルターは、ホンダ横型の専売特許ではなく、かつてはドゥカティやカワサキW1も同様の仕組みを採用していました。しかし2000年代まで生き延びたのはホンダ横型だけといっても良いでしょう。

スーパーカブのような遠心クラッチ車でもモンキーやCD系のマニュアルクラッチ車でも遠心フィルターを変えなかったのは、機能的に必要条件を満たしていたからでしょう。潤滑系統を見ると、オイルポンプから吐出されたオイルの全量が遠心フィルターに流れているわけではなく、一部はフィルターを通らずスタッドボルトからシリンダーヘッドに送られ、カムシャフトやバルブ周りを潤滑しています。

そしてフィルターを通してクランクシャフトやミッションを潤滑したオイルと一緒にオイルパンに戻り、オイルポンプで吸い上げられて吐出される動きを繰り返します。それでもカムシャフトやロッカーアームが異常に摩耗しないのは、遠心フィルターの濾過機能が働いているからです。

POINT

  • ポイント1・スーパーカブなどに搭載されているキャブレター時代のホンダ横型エンジンにはエレメントタイプのオイルフィルターがない
  • ポイント2・汚れたエンジンオイル内の固形成分はクラッチ内側のオイルフィルターローター部分に堆積する

スラッジが溜まりすぎるとエンジン寿命を縮めることもある


オイルポンプから送り出されたエンジンオイルは右側クランクケースカバーの通路からクラッチ中心部に流れ、オイルスルーを通ってアウターカバーからクラッチ内部に流れ込む。クランクシャフトに直結したクラッチは常に回転しているので、オイルに含まれる重い成分は外周に張りつき、汚れが濾過されたオイルはクランク大端部、コンロッドジャーナル、ミッションを潤滑するため中心の穴から流れ込む。


構造は単純だが理に叶ったオイルフィルターローターには粘土状の汚れが堆積している。外周にピッタリ張りつき油分も搾り取られているので、違和感がなさすぎて気づかないかもしれない。ドライバーやスクレーパーで掻き落としてパーツクリーナーで洗浄して復元する。サービスマニュアル上、エンジンオイルは定期交換部品として指定されているが、オイルフィルターローターについて明確は指示はない。

この優れたフィルター機能は、多くのユーザーの目に触れづらいという弱点があります。クランクケースの外側に付くカートリッジフィルターや、クランクケース内蔵型でもお皿状のカバーが付くエレメントであれば嫌でも存在を意識するはずです。

しかしクラッチ内部に仕込まれたオイルフィルターローターは、クランクケースカバーを外した上でクラッチアウターカバーを外さないと到達できないので、相応の経験や知識がなければ清掃すべき部分であると気づかないでしょう。またクランクケースカバーを外したとしても、クラッチアウターカバーを止める4個の皿ビスが簡単に外れないこともあるので、ここで断念してしまうユーザーも少なくないかも知れません。

クラッチアウターカバーを止めているビスを緩めるにはドライバーを回す際の基本動作、すなわち押す力と回す力のバランスが重要です。クラッチ自体が回転する中でビスを回そうとしても力が逃げてしまうので、しっかり固定することが重要です。また最初からインパクトドライバーで緩めるのも有効です。

クラッチアウター外周に付着したスラッジは黒い粘土状ですが、あまりに均等に張りついているため違和感を覚えず、見落としてしまうかも知れません。しかし遠心クラッチ車でもマニュアルクラッチ車でも、この部分には相当のスラッジが溜まっているはずです。フィルター部分の容積は十分に確保されていますが、走行距離が長くオイル交換の期間が長すぎるエンジンでスラッジが溜まりすぎた場合は、分離機能を失い汚れたオイルが循環することになってしまいます。

オイル交換とセットで行うべきオイルフィルター清掃のために、クランクケースカバーやクラッチアウターカバーのガスケットまで用意しなくてはならないというのは、作業内容を考えるとややヘビーかも知れません。しかしカートリッジタイプのフィルター交換が必須であるように、遠心フィルターのスラッジ除去もまたエンジンを守るための必須作業です。オイル交換だけを繰り返してきたホンダ横型エンジンユーザーは、たまには遠心フィルターのチェックを実践しておきましょう。

POINT

  • ポイント1・クラッチ内部の遠心フィルターを清掃するには、クランクケースカバーやクラッチアウターカバーを取り外す必要がある
  • ポイント2・カートリッジタイプのフィルターに比べて着脱するパーツ点数が増えるが、ホンダ横型エンジンにとって遠心フィルターの清掃は重要なメンテナンス項目となる
 
今回紹介した製品はこちら
   
今回紹介したブランドはこちら
 

ホンダ モンキーの価格情報

ホンダ モンキー

ホンダ モンキー

新車 2

価格種別

中古車 123

本体

価格帯 107.8~110万円

108.9万円

諸費用

価格帯 2~2.35万円

2.17万円

本体価格

諸費用

本体

50.34万円

価格帯 9.8~174.8万円

諸費用

1.05万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 109.8~112.35万円

111.07万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

51.39万円

価格帯 9.8~167.1万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

ホンダ ハンターカブCT110の価格情報

ホンダ ハンターカブCT110

ホンダ ハンターカブCT110

新車 1

価格種別

中古車 8

本体

価格帯 41.8万円

41.8万円

諸費用

価格帯 3.91万円

3.91万円

本体価格

諸費用

本体

45万円

価格帯 40.5~48.85万円

諸費用

3.34万円

価格帯 2.72~4.05万円


乗り出し価格

価格帯 45.71万円

45.71万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

48.34万円

価格帯 43.22~52.9万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

ホンダ スーパーカブ90の価格情報

ホンダ スーパーカブ90

ホンダ スーパーカブ90

新車 0

価格種別

中古車 22

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

23.41万円

価格帯 14.96~49.5万円

諸費用

2.36万円

価格帯 1.54~2.9万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

25.78万円

価格帯 16.5~52.4万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

ホンダ リトルカブの価格情報

ホンダ リトルカブ

ホンダ リトルカブ

新車 0

価格種別

中古車 70

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

20.76万円

価格帯 11~43.78万円

諸費用

0.63万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

21.4万円

価格帯 11~34.03万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

ホンダ スーパーカブ50カスタムの価格情報

ホンダ スーパーカブ50カスタム

ホンダ スーパーカブ50カスタム

新車 0

価格種別

中古車 18

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

13.42万円

価格帯 7~16.8万円

諸費用

2.3万円

価格帯 2~2.68万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

15.72万円

価格帯 9~19.48万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す
コメントを残す