”溶接”はサンデーメカニックの憧れの作業のひとつ。しかしなかなか手を出すことはできない。それは主にサンデーメカニックの作業環境、つまり家庭の電力事情によるところが大きい。今回、『モトメカニック』誌たぐちかつみ編集長が一般的な交流100ボルト環境で使用できるスズキッド製溶接機を体験使用。その実力と使い勝手などの感想を語る。

【Webikeショッピング】
アーキュリー80ノヴァ 商品ページ

溶接機性能の向上は日進月歩

自動車ボディの生産技術に携わっていた前職では、普段から溶接仕事が多かった。事業者が利用する溶接電源は交流200ボルトで、状況によっては直流溶接機も利用。そんな職場環境で溶接を覚えたぼくにとって、”大は小を兼ねる”という概念があった。200ボルト電源の溶接機は、やっぱり良い仕事ができるし仕上がりも間違いない。

→全文を読む

【Webikeショッピング】
アーキュリー80ノヴァ 商品ページ

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

コメントを残す