バイク歴が20年以上になると、筆者のような普通のバイク乗りであっても、バイク歴の浅いライダーさんから相談される事も増えてきます。そんな相談の中で多い事案の1つに、”バイク友達ってどうやって作ったら良いの?”という事があります。これは、バイク乗りにとって永遠のテーマのようなもので、昔からあった課題の1つです。

もっとも、インターネットやSNSが今ほど普及していなかった昔は、地元の繋がりや、ツーリング先(昔は地図アプリなども無かったため、同じ場所に通うような事が多かった)での交流などが主体でした。

時代が変わった今では、SNSなどでも比較的簡単にバイク好きと繋がりを持てる事はあるのですが、”実際に会う”、”一緒に走る”となると、色々と注意が必要な事も事実です。そうした中、安全かつ安心してバイク好きとの交流を深められる場所として、ライダーのためのミーティングイベントがあります。今回は、こうしたミーティングイベントへの参加のメリットについて、気を付けるべき点を交えながら紹介していきたいと思います。

ライダーミーティングってどんなもの?

一口にライダーミーティングと言っても、実は色々な趣旨のイベントがあります。大きく分けると、ライディング技術の向上を目指す走行会のようなイベントと、交流をメインとしたファンイベントのようなものです。どちらのイベントに関しても、”バイク友達を作る”という意味では、一長一短があると思います。

例えば走行会のようなイベントでは、あくまで走る事がメインなため、情報交換できる時間が少なくなってしまう。また、初参加だと孤独を感じる事があるといった事がある反面、ライダーとしての技量をお互いに知る事ができるため、ツーリングに行くとなった際には、気遣いが軽減されるといったメリットがあり、誘いやすくなるといった事があります。なお、走行会のようなイベントは、意外とベテランさんの参加者が多くレベルが高めだったりする事もあるため、ある程度バイクに慣れてから参加する事をお勧めします。

→全文を読む

情報提供元 [ モトコネクト ]

この記事にいいねする


コメントを残す