たとえば段差乗り越えで、身体の硬直と柔軟なときを比べてみれば

よく両腕や両肩にチカラが入っていると良くないとか、力まずにリラックスして乗るようにいわれる。何となくそのほうが良さそうだが、緊張するとそうはいかないので、慣れたらそうできるようにしよう……。

いやいや、これはすぐにでもチカラを抜いた状態で乗る努力をするべきで、何もビギナーだけでなくキャリアを積んだライダーでも、コーナリングで思わず下半身や腕で力みがちな状態も同じで、上のイラストにあるように常にこうした変化が起きていることを忘れてはならないのだ。

→全文を読む

情報提供元 [ RIDE HI ]

この記事にいいねする


コメントを残す