バイクを公道で走らせるために必須なナンバープレート(以下。ナンバー)。きちんと登録したものを、車体後部に脱落しないよう取り付ける必要があることはよく知られているが、実は、取り付け角度などにも決まりがあることをご存じだろうか? 

特に、フェンダーレス仕様など、ナンバーのカスタムをやる場合には注意が必要で、規定に違反すると50万円以下の罰金となるケースもある。

そこで、ここでは、バイクのナンバーに関し、取り付け角度のルールなどについて紹介する。

REPORT●平塚直樹
PHOTO●平塚直樹、山田俊輔、国土交通省、警察庁
*写真は全てイメージです

ナンバーの角度に関するルールとは?

ナンバーに関する規定は、新しい基準が2021年10月から適用され、取り付け角度だけでなく、ナンバーフレームやボルトカバー(ボルトキャップ)などに関わる基準も明確化された。

これは、2016年4月に施行された改正道路運送車両法に基づくもので、バイクに関しては以下のような基準が適用される。

●角度:上向き40°〜下向き15°/左右向き40°
●回転:水平
●ナンバーフレーム:禁止
●ボルトカバー:直径28mm以下で番号に被覆しないもの/厚さ9mm以下/脱落するおそれのないもの

→全文を読む

情報提供元 [ モーターファンバイクス ]

この記事にいいねする


コメントを残す