都市部では今や日常的に見かける「特定小型原動機付自転車」

運転免許不要で公道上を走ることのできる新カテゴリー「特定小型原動機付自転車(以下、特定小型原付)」が注目されて久しい。

2023年の法改正で特定小型原付が生まれた当初は電動キックボードを対象にした新しいカテゴリーという印象が強かったが、ボディサイズや出力などのレギュレーションにおいてタイヤの数やシートの有無は規定されておらず、自転車のような形状や3輪の特定小型原付も登場してきている。

6km/hの速度リミッターが付いているものは「特例特定小型原付モード」とすることで自転車走行可の歩道であれば走行できる。
しかし、その特徴を活用しようと思うと、自転車や小型バイクのようなスタイルでは低速時の安定性に関して向いていない面もある。また、歩行者との共存性を考えると「電動キックボード」という言葉から想像するような小さなボディがマッチすると言える。

→全文を読む

情報提供元 [ モーサイ powered by Motorcyclist ]

この記事にいいねする


コメントを残す