ゆとりを持ってバイクに乗っていますか?

バイクの主要諸元には最大馬力や最大トルクなどの性能が列挙してあります。しかし、これらMAXパワーなどの最大性能は限界値であり、むやみに使うものではありません。危険を伴うからです。

この記事では、バイクのライディングに余力や余裕が必要な理由や、限界ギリギリライディングの危険性などについて、バイク歴40年の筆者が詳しく解説します。

ぜひ最後まで読んで、あなたの安全運転にお役立てくださいね。

アクセルワークにも余力が必要!エンジン全開の危険性

アクセル(エンジン)全開には危険が潜んでいます。アクセル全開を続けるのは危険なうえ、バイクのためにもよくありません。

この章では余力のあるアクセルワークについて解説します。

原付や原付2種など、排気量が小さいバイクでアクセル(エンジン)全開するのは、危険が伴う場合があります。パワーが小さく扱いやすいからといって、全開を続けるのはよくありません。

法定速度に達したら、アクセルを緩めて走るのが安全です。

特に原付スクーターのエンジン全開走行は不安定になり危険が伴うのでやめましょう。また、アクセル全開を続けるのはエンジンに負担がかかり、エンジンの寿命を縮めます。バイクのためにも、アクセル全開運転を続けるのはやめましょう。

→全文を読む

情報提供元 [ モトコネクト ]

この記事にいいねする


コメントを残す