スズキ、23年度連結決算で売上・利益「過去最高」更新 二輪販売台数は2.4%増に

スズキは5月13日、2023年度(2024年3月期)の連結決算を発表し、売上高と各利益の指標で過去最高としている。為替での円安効果や販売台数の増加、販売価格の適正化などを理由に挙げる。二輪はインドで販売が拡大したことで全体を押し上げた。

売上高は前年度の4兆6416億円よりも15.8%増加の5兆3743億円で3期連続の増収であった。営業利益は前年度3506億円に比べ32.8%増加し4656億円となり利益率は8.7%、2期連続の増益。経常利益は前年度3828億円よりも27.6%増加し4885億円で利益率は9.1%となり、4期連続の増益。当期純利益では前年度の2211億円よりも21.1%の増加の2677億円として4期連続の増益、利益率は5.0%となった。

→全文を読む


オートバイ流通新聞

「オートバイ流通新聞」は、バイク業界のビジネス情報サイトとして「真に役立つ」情報掲載を目指しています。 バイク市場やバイク関連各社の動向、多くの業界関係者への取材など、流通分野に特化した情報を取り上げています。

情報提供元 [ オートバイ流通新聞 ]

この記事にいいねする


コメントを残す