はい!元バイク屋のフォアグラさんです、こんにちは。
今回は、空冷エンジンのバイクはなぜ激減してしまったのか?ということについて解説をしていきたいと思います。

ここ数年新しく発売されるバイクって水冷ばかりですよね。なんとなく水冷の方が高性能で、空冷のバイクは味があるものが多い、その程度のイメージの方が多いと思います。
確かにそれは正解と言えるでしょう。ただ、なぜ空冷よりも水冷の方が高性能と言えるのでしょうか? 「冷却効率が高いから」? あ~、惜しいですが必ずしもそうではありません。その理由をきちんと説明できる方ほとんどいないのではないかと思います。

今回はまず空冷とはどういうものか、次に空冷のメリットとデメリット、そして最後には空冷エンジンはなぜ規制に対応できないのかという点について解説していきます。

空冷と水冷の冷却方法の違い

空冷って何?

まず、そもそも空冷とはなんぞや?というところから入りましょう。
空冷というのは読んで字のごとく、空気を使ってエンジンを冷やす仕組みのことです。当然ですがバイクは前に向かって進むものです。進むということは前から風を受けます。この風をエンジンに当てて、エンジンの熱を下げる仕組みが空冷です。

→全文を読む

情報提供元 [ モトコネクト ]

この記事にいいねする


コメントを残す