400ccまでと制限のある普通自動二輪に対し、大型自動二輪免許を持っていれば乗れるバイクは排気量無制限。そこで、気になったことはないだろうか。日本で買えるバイクで最も排気量が大きい車種は何なのだろう、と。

というわけで、当記事では2024年現在、日本で正規販売される国産車・輸入車のなかから排気量が大きいモデルのトップ3を紹介。果たして、どんな車種がランクインしてくるのか。

1990年に撤廃された、国内販売車の排気量上限自主規制

大排気量ランキングの話を始める前に、少し歴史を遡ってみよう。日本では、1969年のホンダCB750Fourの登場を機に、当時の国産車の最大排気量の自主規制が始まったと言われている(輸入車は別)。それ以降、国内のバイク界では、「ナナハン(750)」が大排気量モデルの代名詞となり1980年代を迎えるが、その流れが変わり始めたのが1990年前後だった。

1972年登場のカワサキ Z1(900スーパー4)以降、国産でも海外向けにはオーバーナナハンのモデルは生産・輸出されていたが、国内販売モデルでのナナハン自主規制が撤廃されたのはもう少し後のこと。ただし、国産オーバーナナハンモデルは、高価ながらも逆輸入車として、少量非正規で流通していた。

流れが変わり始めたのは1988年にホンダ・オブ・アメリカで製造されたゴールドウイング(GL1500)が、ホンダの正規ディーラーで輸入車として販売開始されたこと。

→全文を読む

情報提供元 [ モーサイ powered by Motorcyclist ]

この記事にいいねする


コメントを残す