『カタログは時代を映すバックミラー』(第10回)

中学2年生でオートバイのカタログに夢中になり、後に憧れのホンダに入社する。二輪車の広報マンを長年務めた高山正之さんが ”趣味” で集めた “オートバイ・カタログコレクション”!! その時代のバイクを取り巻く環境や当時の流行などをお届けします。 オートバイカタログは「ひとつのバイク文化」なのです…。
■高山正之さんの オートバイカタログシリーズ コチラ

Reporter:高山正之/1955年山形県生まれ 時々物書き。
2020年7月に46年務めた本田技研工業(二輪車広報マン)を65歳で退社。
Profile Page

ホンダ ベンリイ125cc「C92・CB92スーパースポーツ」のルーツは?

1957年にホンダは、「4サイクル・OHC・2気筒250cc エンジン」を搭載した、「ドリームC70」を発売しました。この高性能エンジンは、神社仏閣からヒントを得てデザインされた斬新な車体に搭載されました。 ホンダの高性能エンジンの歩みは、ここから始まったと言っても過言ではないと思います。

そして、翌1958年に発売されたのが「ベンリイ C90」です。エンジンは「4サイクル・OHC・2気筒125cc」。世界的に見ても、量産車では唯一でした。

当時の国産125ccのオートバイは、ほとんどが2サイクル単気筒でしたから、業界を驚愕させるほどのインパクトがあったと想像できます。高級かつ精密なエンジンは、1959年に初出場したマン島T.T.レースに投入した125ccのワークスマシン「RC142」と同じボア、ストロークでした。

→全文を読む

情報提供元 [ SPANGSS ]

この記事にいいねする


コメントを残す