AJ東京 第31回総会開催 新理事長に中澤氏「一生懸命やる」は約束できる!

AJ東京(東京オートバイ協同組合)は2月22日、「第31回通常総会」を開き、すべての議案で可決した。このうち任期満了による役員改選の件ではそれまで理事長であった野間健児氏に代わって、中澤吉浩氏が理事長に就く人事とし、若返りを図った。

AJ東京は地域のバイクユーザーの環境改善に向けて活動する二輪車販売店組織で、二輪車の健全な普及、交通安全などに寄与するほか、行政などへ二輪車駐車所施設の設置やETC関連の助成金、高速道路料金の減額などへの改善に取り組んでいる。

総会では全組合員数116人の内、委任状を含めて91人が出席する中で議案審議が行われた。議案の令和4年度事業および収支決算の報告、令和5年度の事業計画および収支予算などのすべての議案で可決した。

議案の令和4年1月から12月までの事業報告では昨年、同組合と東京都は「電動二輪車の普及促進に関わる連携・協力に関する協定」を締結した。小池百合子・都知事からは「EVバイクの一層の普及をされるため身近な場所での購入およびメンテナンスができる販売店の協力が必要であり、都内のオートバイ販売店で構成されるAJ東京と協定を結び連携していきたい」との要請、宣言を受けたとした。これに対し同組合としても、今後、東京都と連携してEVバイクおよびバッテリーのシェアリングサービスに取り組んでいくとした。

→全文を読む

情報提供元 [ オートバイ流通新聞 ]

この記事にいいねする


コメント一覧
  1. 匿名 より:

    二輪と軽四輪が同じ利用料高速道路
    二輪と軽四輪では一輪あたりの重量の差があり、路面を痛める比率も倍以上違うので同じ料金設定はおかしいって話は?

コメントをもっと見る
コメントを残す