ハーレーダビッドソンジャパンから、2022年のハーレー製モデル新規登録台数が発表、総数は1万199台となった。2021年発売の「パンアメリカ」、2022年発売の「トールバガー」シリーズなどのニューフェイスも人気を博し、長年のブランドイメージ構築と新モデルの登場を、コロナ禍におけるバイクブームが後押しした形だ。

また2023年はハーレー誕生120周年となるアニバーサリーイヤー。これに伴い1月19日(木)にはニューモデルのオンライン発表が行われる。どのようなモデルが発表されるか、大いに期待したいところだ。またここで発表されたニューモデルは、1月26日(木)~29日(日)の間、東京都内での期間限定展示も開催予定。会場情報など詳報は追ってお伝えしていきたい。

5年ぶりの1万台突破、2023年モデルにも期待

ハーレーダビッドソンの発表によると、日本国内における2022年通年での新規登録台数は5年ぶりに1万台を突破。※前年比33%増の1万199台となった。輸入二輪車ブランドとしては唯一の1万台超の登録となる。2021年に登場したハーレー初のアドベンチャーモデル「パンアメリカ1250スペシャル」を皮切りに、「スポーツスターS」「ナイトスター」と、水冷60度Vツインエンジン“Revolution® Max”を搭載するニューモデルたちが次々とヒットした点に加え、2022年初めの発表から大きな話題を呼び国内の予定台数が早々に完売となった、ダーク&ブロンズ仕上げの精悍な足回りが特長のトールバガーシリーズ(ローライダーST、ロードグライドST、ストリートグライドST)など、幅広いラインナップが、2022年の登録台数の大幅増に貢献する形となった。
日本自動車輸入組合(JAIA)調べ

2023年はハーレーダビッドソン誕生120周年。日本での「ハーレー人気」が本格的に拡がる中、年明け1月3日からは、新たに2023年モデルとして19モデルの販売を開始。日本時間1月19日(木)午前1:00 からは、それに加わる新たなニューモデルのオンライングローバル発表が行われる。視聴には事前登録が必要となるため、気になる場合は下記URLから登録を済ませよう。

2023年オンラインイベント 事前登録ページ(https://h-d.com/120)

また新モデルのデビューを記念し、1月19日に発表する新モデルラインナップの中から、人気の高いモデルのNEWモデルについては1月26日(木)~29日(日)までの期間、東京都内で限定先行展示が行われる。展示モデルや会場など詳細については、後日ハーレーダビッドソンジャパン公式サイトなどでアナウンスの見込みだ。

2023RA1250PanAmerica

2021年発売のハーレーダビッドソン初アドベンチャー「パンアメリカ1250スペシャル」、水冷新エンジン「レボリューションマックス」を搭載するニューモデルなど、新分野への開拓に余念のない近年のハーレーダビッドソン。2023年の活動も楽しみだ。(画像は2023年モデル)

情報提供元 [ Harley-Davidson Japan ]

この記事にいいねする


コメントを残す