写真はイメージ

原付免許で乗れるバイクが50ccより大きくなるかも知れない。全国オートバイ協同組合連合会の大村会長は、11月25日の総会で「このままでは50cc存続の危機、解決策の協議が進んでいます」と公言した。果たして原付の何が課題で、どう解決するのか? 独自取材を基に解説したい。

現状では2025年に50ccモデルの供給が途絶える

2022年10月末で期限を迎えた令和2年排出ガス規制は、原付1種(~50cc)のみ2025年10月末までの猶予が与えられている。本来は同じ期限が設定されていたが、全国オートバイ協同組合連合会(AJ)の働きかけなどによって、3年延長されたのだ。

そうでなければ今の時点で新車の50ccバイクが全て生産終了していたのが現実。代わりにヤマハの原付電動スクーター「E-ビーノ」を選ぶとしたら、満充電32kmの走行距離で使い勝手が異なるだけでなく、ジョグの17万500円に対して31万4600円と負担が増すのだ。

原付モデルの排ガス規制対応の期限がこれ以上延長されることはないので、3年後までにこの課題を解決する必要があり、AJと日本自動車工業会から自民党オートバイ議員連盟に以下の3つの案が提言された。

①現行50ccモデルを令和2年排ガス規制に対応させる
排気ガスを浄化する触媒(キャタライザー)の特性から50ccの排気量では炭化水素(HC)の削減が困難で規制クリアが難しい。

②設計最高速を50km/hに制御し、排ガス規制対応しない
一般的な50ccモデルは60km/hが設計速度になっているが、ジャイロキャノピーなど50km/hを設計速度としている一部モデルは過去の平成18年排ガス規制をクリアしていれば、生産可能となっている。

一般的な50ccモデルもこれに合わせて50km/hに落とすことで存続可能となるが、速度を制御すると加速/登坂性能に大きく影響し、商品性が損なわれてしまう。

③125ccクラスのモデルを最高出力を4kW以下(案、50cc相当)に制御する
125ccクラスは触媒温度を高めて浄化性能を発揮させるまでの時間が短く規制対応が可能。また、最高出力制御であれば加速性能はほぼ同等で商品性は損なわれない。

50ccクラスと125ccクラスの車重や車格に大きな違いはなく運転特性も同等。さらに1機種の販売規模は、アジア地域では50~200万台あり国内50ccの2.5万台規模よりもコスト的なメリットが期待できる。

――日本自動車工業会によると2021年の原付保有数は465万台、販売が12万7000台の規模となり、利用者の乗り換え需要を満たすには、価格や性能面も含めて電動車だけには頼れないのが現状。これら3つの選択肢から解決策を探ることになったのだ。

最高出力4kW(5.4PS)以下であれば125ccクラスでも原付扱いに!?

結果的に③案が選択された模様で、議連と経産省、国交省、総務省、警察庁間の調整がこれから始まる段階と思われる。今回の提言はAJと日本自動車工業会の連名で、メーカーの立場からも現実的な解決策となっており、最高出力4kW(5.4PS)以下という数値が案として提示されたのは注目だろう。

③案は、ダックス125といった趣味モデルに4kW(5.4PS)以下の出力制御をかけることではなく、アジアなどで販売されている低コストの125ccクラスを“原付化”すること。価格や5.4PS以下のエンジン出力(タクトは4.5PS)で、現行50ccモデルと同等の商品性とするのが狙いだ。

提言は、電動車も含めて最高出力4kW(5.4PS)以下という新たな区分を設けることにより、原動機の種類にとらわれず、「安い、簡単、便利」という原付ならではの商品性を将来に渡って持続的に提供しようとするものだ。2023年中を目標とする法令等が定まれば、新しい原動機付自転車の開発がスタートするだろう。

タクト [HONDA] 17万9300円。タクトやジョルノ、ヤマハのジョグ、ビーノも熊本工場で日本市場のために生産されている。今回の提言の際に50ccの規制対応が実質難しいことが明確になった。

「来春には続報をお話しできると思います」と語る全国オートバイ組合連合の大村直幸会長。

この記事にいいねする


コメント一覧
  1. 匿名 より:

    電動バイクは30万円と言うけど、実態は電動アシスト自転車にシフトしてるだけだから、売れない状況は変わらないんじゃ無いかな。125ccの方が安いと言っても、自転車よりは高いでしょ。

  2. 阿呆 より:

    バイクが製造不能ならば、免許を変えれば良いだけ(原付と原付二種を統合)
    原付30km/hとか時代錯誤もいいトコだと思う。
    昔の原動機付自転車(自転車にエンジン付いたの)ならば危ないからってのは判るが…
    昨今は電動自転車が原付よりも速く走り抜けて行く時代ですよね~
    30km/h制限って周りに迷惑だから、撤廃して
    原付免許で125cc以下迄乗れる様にしたら良いと思う。
    メーカー側も政府側も書面だけの処理で済むし、
    原付ユーザーも自動車ユーザーにも利点が有ってWin-Winだと思います!

  3. 翔一 より:

    原付2種統合案に賛成です、30キロで走れば安全と言うのは単独で走行する場合のみ、車から見ればノロノロ走る原付きを3車線道路で追い越す危険性を考えれば分かるはず、そもそも原付免許でモペットに乗る事がおかしな話

  4. 翔一 より:

    原付2種統合案に賛成です、30キロで走れば安全と言うのは単独で走行する場合のみ、車から見ればノロノロ走る原付きを3車線道路で追い越す危険性を考えれば分かるはずです、

  5. 匿名 より:

    原付一種の法定速度は30km/hなので、設計速度を60km/hから50km/hに落としても、安全上は全く問題ないのでは?
    加速性能、登坂性能に問題が生ずるなら、ギヤ比を変えればいいだけです。
    原付一種と原付二種を併売する余裕がメーカーに無いのであれば、125cc未満を原付として出力によって一種二種に分類する方が現実的ですが、純正フルパワー化が簡単にできそうで怖いですね。

  6. hisa より:

    小型免許を取った人に不利益にならない様に
    なれば賛成するかな

  7. あにぃ〜 より:

    そもそも、若い人はその方が良いのかも知れませんが。
    今更、お年寄りに乗れるからって125を乗りこなす事は不可能だし事故が増えるだけでは無いでしょうかね!
    普通車+原付、これも見直す必要もあるのでは無いでしょうか?

  8. 774RR より:

    四輪免許しか持っていない奴が乗ったら事故が多発して自賠責保険が高くなるので反対。125ccまで乗れる様にするなら20時間位自動車学校や自動車教習所、または運転免許試験場で講習を行うべき。また、事故が多発した場合、この制度を制定した者等に責任を取らせる法律もつくれよ

  9. 近藤 より:

    原付の規制緩和は、わかるが原付二種とまとめるなよ~
    わざわざ原付二種を取得した人はどうするんだよ~
    自動二輪中型に昇格するのか~
    ならないだろ~

  10. 船俊 より:

    理想としては、1996年に「自動二輪免許が普通二輪免許と大型二輪免許に分割」した様に、

    ・普通二輪免許小型限定を分割し、(現)原付免許と統合し『(新)原付免許』に移行。学科試験は現行原付免許と同じ試験とし、原付講習の代わりに実技試験を行う。(AT車で試験合格したらAT限定に、MT車で合格すれば限定なし。)また、(新)原付免許取得者がクラスアップ時には学科試験実施・実技は現行のクラスアップと同じ教習時間とする。
    ・(新)原付免許施工後は二輪おまけ免許廃止(小特は継続)。小特以外の免許保有者で二輪に乗りたい場合には学科試験免除・実技試験のみを受講する。
    ・移行時点で普通二輪小型限定免許保有者は「普通二輪小型限定」のまま残す。(既得権で小型特殊自動車の運転が出来る様にするのと、クラスアップ時には現行と同じ教習内容にする&普通・大特以上の免許取得時に学科試験免除出来る様にする為)
    ・移行時点で旧原付免許保有者および大特・普通自動車以上免許保有者(所謂『おまけで乗れる人』)の内、現行二輪免許未保有者については既得権として「(新)原付免許50CC以下/4kw以下限定(MT)」に移行。限定解除時には原付2種車両での実技試験に合格する事により解除。AT免許の場合「原付車の50cc超/4kw超の車両はAT車に限る」の条件付与。

    とすれば良いかと・・・

  11. 豊後各駅停車 より:

    小型限定所持者への救済策は1.2人乗りを認める。(原付-4輪免許は認めない)2.400cc-4輪を取る時、学科教習を免除する。で十分では。

  12. 匿名 より:

    原付以上の免許を取れば済む話
    じいちゃん ばあちゃんは仕方がないが

  13. 匿名 より:

    小型二輪でも2人乗りは出来たんじゃないの

  14. きん太ま二個助 より:

    完全電動化(低出力高額化)か、そのまま廃止で良いと思います。

    50cc以下に乗る層は、そもそも任意保険等に加入して居ない層が多く、その割に歩道が明確に存在しない道路の車道外側線の外側を(本来は歩道が無い道路なので歩行者の通行帯で有り、原付が走行する事は違法で、任意保険にも加入して居ない、50cc以下しか買えない様な層に賠償能力は無く、そんなのに轢かれてはたまりません。)平気で走行したリ、対抗車道を逆走したり、二段階右折を守らなかったり(二段階右折は自転車の方が守って居ませんが)等の、非常識な違反が目立ちます。(賠償能力も無い癖に走ってはいけない所を平気で走ったりする思考が理解できません。)
    やるならば、是非罰則、取り締まり強化事故時の重過失割合とセットで。

  15. 原付は廃止すべき より:

    需要は125cc以下なのだから原付制度は廃止にすれば良い。
    30km/h制限があるから左側すり抜けがなくならず、最も死亡事故の多い左折巻き込みが無くならない。
    それでいて例外規制も多くて他の車両にも迷惑かけている。
    元々6万円とかで気軽に買えて、どこにでも放置駐車し放題だったから売れただけであって、ちょっとした買い物にも通勤にも使えないような高価で遅い乗り物など売れないだろ。
    どうしても乗りたい人は小型の免許取れば良いだけ。何も変える必要はない。
    試験場に行ったら中国人とかいっぱいいる。教習所に沢山お金払わなきゃいけないと思い込んでるのは日本人だけ。

  16. アクアイエロー より:

    原付一種免許を取得している人たちには希望者のみに無料で学科講習、実技講習を各5時間位行い両方の検定を行い合格者のみに小型AT二輪免許として取得させ、普通運転免許には原付一種の付属を無くせば良いと思う。改訂するなら電動キックボードも独自の免許として新たに新設(船舶免許のジェットスキーの様に)普通自動車の免許区分を変更したように二輪免許の免許区分をしっかりし、すべて公認教習所での取得を必須にして、現行の試験場での一発取得制度を無くし免許更新の際に実技検定を行う等にすれば良いと思う。
    自動車を運転している人のなかにはスクーター=50ccだと思っている人も多い

  17. 和彦 より:

    「環境対策により原チャリは生産できなくなりました。つきましては、原付2種か電動アシスト自転車への乗り換えをご検討ください。」で別に良くないか?

  18. 匿名 より:

    原付2種統合は賛成だが、現在の原付免許取得条件だけでは路上で恐ろしいことが起こるので、小型二輪免許準拠の取得条件にしてもらわないと困る。
    慣例に習えば、現在原付免許持ってる人は50cc限定となり、限定解除をすると125ccまで乗れるようになる...みたいな。
    でないと小型二輪取った人たちから暴動起きるよ。

  19. 匿名 より:

    きちんと試験に受かった人だがバイクに乗れるのが筋
    試験に受かってないのに125に乗れるよにするなんて本当にやめて欲しい。
    バイクを舐めるなよ。簡単に死ぬよ。
    この記事には全面的に反対

  20. むらこ より:

    日本も形骸化している排気量別の免許制度&課税をやめて、馬力別の免許に移行すべき時期が来たと思いますけどね。ユーザーにとって迷惑な馬力規制もなくなるでしょう。もしくは、電動自転車に対する規制を緩めて文字通りの「原動機付自転車」の普及に徹するべきかもね。1~2種の原付が売れないのは、気軽に街中で止められなくなったことが大きいし、それは分けて考えないと駄目でしょ?

  21. タイラアイ より:

    設計速度50キロ?ってに 法定速度30キロ越えてたらで取締り対象でしょ!
    はなから最高速度30キロにしないの?原付の速度違反の取締り対象じゃん 初めからリミッターで30キロ以上でないようにするか、法律変えて法定速度に合わせるか。
    原付がノロノロ走っていると交通妨害だし、危ない。そもそも二輪車の運転は、センスが有るので、普免で乗れること事態が間違い。反対意見は、多いと思うけど、事故防止上原チャリも二輪車専用の教習が必要だと思う。 余談だけどそれなら限定解除時代に中免取得者は、今現在大型okにしてもらいたいな。教習場も無いし、一発も難しい。 乗りたくてなかなか難しくて断念した人も多かったけど、現在は、教習場で金で買える免許だから事故も事故死も増えてると思うよ。
    免許制度の見直しが必要だと思うよ。

  22. うんたん より:

    どうもみんな125に乗れる事にだけ注目して、現状の案で実際に乗れるのは出力を普通の125の半分から3分の1近くに落とした 仮称出力限定原動機付自転車であり、排気量はたとえ125であっても30キロ制限も二段階右折も第1通行帯走行義務もなくなりはしないという事には、何も触れてないのよね。
    本来の125に乗るのには結局免許がいるっぽいのよね。
    そこ分かってるのな?

  23. 匿名 より:

    そもそも1種にヘルメット着用を決めた時に2種と統合しとけばよかったんですよ。
    その頃すでに初期JOG(70kmメーター仕様)以降の型で規制で最高60kmに抑えてただけで十分50kmで走れたんだし
    ヘルメット必要にした段階でそれまでの手軽さを失ってるんだし
    それをしないでいつまでもそのままにしてるから
    免許所有者でも皆が理解しきれて無い二段階右折とか無駄なもの作ったりとどんどんおかしなことに成って来てたんだし。

  24. 匿名 より:

    まあちょっと免許制度は見直した方がいいかも。世界標準にすることによってバイクメーカーも開発コスト削減できるしね。
    ただいきなり原付や四輪持ってる人が125乗れるようになるのは反対。まるで別物だよ50とは。CB125RとかGSXR125とかなんかいきなり乗られちゃ本人も周りも危険。やはり125に関しては教習が必要かと。
    中型に関しては650くらいまで上げていいんじゃないかなあ。スーパーフォアに乗れる人がSV650扱えないとは到底思えないし。海外用に500を生産してるメーカーも中免の人がマーケットに出ればありがたいはず。大型所持者も中免650くらいまでの拡大ならあまり反対はないんじゃないかなと。

  25. ななし より:

    1種は125cc、2種は160ccにしたらどうだろうか?

  26. JJ より:

    足こぎペダルがないなに、なぜ原動機付「自転車」なのか? すでに自転車ではないものに法的規制をかけていること自体が無意味。原付1種、2種の枠を再検討すべきだと思う。

  27. 粒焼き より:

    50ccバイクは排ガス規制対応が難しい。諸外国に輸出も出来ない。日本国内でも電動アシスト自転車に役割が移って出荷台数が減っている。また自動車と同じ車線を30km/hで走る法制度はかねてから危険性が指摘されている。一方で高齢者の自動車事故が問題となっており免許返上後の高齢者が自立して生活するための移動手段をどう用意するか(特に生活インフラが弱い地方で独居しているケース)という課題がある。
    エンジン付きのバイクは原付一種と原付二種を統合して125cc以下の「小型二輪」に集約し、30km/h規制や二段階右折も廃止して30km/h規制と関連の強い「原付通行禁止区間」(原付二種は走行可)区間も原則廃止とするのが良いと思う。
    高齢者の生活を支える移動手段としては電動キックボードの解禁と同じ考え方に沿って電動アシスト自転車の規制緩和を行い速度上限を設けた上でアシスト率の緩和や低速での100パーセントアシスト、歩道走行ルールの規定などを行うのが良いと思う。個人的には趣味スポーツの電動キックボードの規制緩和よりも免許返上したあとの足腰の弱った地方の高齢者が雨の日に買い物に行ける移動手段を既存の交通網のなかにどう整合性を取って組み入れて行くかを早く検討したほうが良いように思われる。

  28. 匿名 より:

    田舎で自転車で行動できる範囲には何もない

  29. 匿名 より:

    設計速度は安全に走れる速度。
    30キロ規制だからって30キロで安全ギリギリってまずいでしょ。
    クルマだってなんだって、だいたい実用の2倍程度の速度なり出力を設定してるよ。
    人間だって、自転車をフルパワーでこぎ続けないよね?

  30. ライダー より:

    小型 自動二輪の免許を取ればいいだけ

  31. やん より:

    原付2種統合案に賛成です。
    30km/h規制など危険で馬鹿げているものは早急な止めるべき!
    ねずみ取りの獲物が少ない時は原付きを狙いにくる。ふざけるな!そのための速度としか思えない!

  32. 匿名 より:

    反対です。
    免許管理は大事だと思います。
    海外とは違い日本の道は狭いです。
    普通自動車免許で100キロ近く出る二輪を、まともに扱えるとは思えません。勿論車格も違ってきます。
    事故が間違いなく増えるという懸念はないのですか?
    既に乗られてる方にも、保険料が上昇してしまいます。乗れなかったけど、乗れるなら乗ろう…そんな乗り物ではないです。
    原付一カテゴリーは、電動化しか無いと思うしか無いのでは。高価ですが、それなりの乗り物だと思います。

  33. 水谷電器 より:

    同意です当方のRG50でもメーター90km出ましたよ後の発売ホンダMB50の7PSタイプにあっさり抜かされましたメータ100km近く出ますね借りて現実体験です。CB50は加速とても遅いですが70kmからジワジワと伸びゆっくりと抜かされます登り平地下りに限るけどどのメーカも自主MAX6.3PSでしたが守ってないでしょうが80km~当たり前の時代でしたね。

  34. 匿名 より:

    原付は邪魔なので全廃で良い。

  35. 考える人間 より:

    原付き統合案は、全てを容認は出来ない。
    小型2輪のMTで取得したけど、ATの操作は簡単、足つきも気にしなくていいと感じる、一見統合してもいいように感じるが、MTに関しては別物、簡単に許していいものではない。
    あれは、誰でも簡単に乗れる物ではない、恐らく事故が多発する。
    体幹、バランス感覚、急ブレーキ時の対象能力、最近のバイクには搭載されているABSではなく、旧規格のCBSといったブレーキ構造、足つきは悪く、低速時のクラッチ操作に失敗すると転倒する。
    車体もATより重く感じる。
    すり抜け時とかに転倒されたらむしろ車に対して迷惑極まりない。
    これを容認するのはいささかどうかと思う。

コメントをもっと見る
コメントを残す