ステップワークするには全身が動かないといけない

コーナリングにおいてステップワークが大切なことは、よく知られています。ワインディングロードで気持ち良く乗れてきたとき、左右のステップをリズムに乗って踏んでいたり、体幹に弛緩と緊張を繰り返していたような経験はないでしょうか。

ただ、ステップを踏んで荷重を掛けたからといって、それでバイクが運動状態を変えてくれるわけではありません。実際、ライディングスクールなどでステップワークを教わっても、うまくいかないと悩んでしまっている方も多いはずです。コーナリングにおいて重心移動していくには、全身がダイナミックに動かないといけません。そして、このシリーズで何度か述べてきたように、ステップを踏むのは体幹の動きの結果としての受動入力でないといけないからです。

前々回において「コーナリングには重心移動の流れがある」ことについて述べましたが、今回はコーナリングでの全身の動きについて注目してみることにしましょう。

1.0次旋回はアウト側からイン側への重心の瞬間移動

1.0次旋回においては重心をアウト側からイン側へ移動するのですが、だらだらと移動していたのでは重心コントロールは実現できず、すると結局のところは、逆操舵に依存せざるを得なくなってしまいます。身体が動くタイミングと切れが大切で、重心移動による力がマシンに伝わらないといけないのです。(前回書いたように、力=質量×加速度です)。ですから、その効果をしっかり得るには、移動量が大きく、移動時間が短いことが求められます。

そのため、1.0次旋回の手前では、ライダーはイン側にお尻をハングオフさせながらも、身体はアウト側に重心を残し、これから旋回しようとするのとは反対側に体幹を捻転させた姿勢を取ります。これは、まさにテイクバックの姿勢に相当します。そして、昨今のレースシーンで見られるように、出したイン脚の股関節の内外旋を生かし、寝かし込みポイントで一気に腰(骨盤)をイン側に移動させていきます。

大腿骨が骨盤に斜めに接合しているという骨格的な構造により、イン脚の股関節の内旋させることで骨盤をアウト側に押し込み、外旋させることでイン側に引き込むことができます。これは野球のピッチングやバッティングでも見られる動作で、これから先、ライディングを考えていく中で避けて通ることができませんので、頭に留めておいてください。

付け加えておきますと、その結果、外足から内足に荷重移動が行われるのですが、実は、内足に荷重移動される前に、イン側グリップへの荷重を経由しています。身体操作上、そのようになってしまうのですが、これについても追々、述べていくとしましょう。

ややもすると、ステップワークでマシンを駆り、ハンドルバーからは力を抜くという呪縛に囚われがちですが、実のところ、バイクは四肢で駆っていく乗り物でもあるのです。

1.0次旋回の終わりは、そのまま1.5次旋回の始まり

1.5次旋回は、遠心力を抜重させて、舵角を入れて向きを変える部分になります。

荷重が掛かった内足は外旋し、さらに荷重が掛かると、腸腰筋(大腰筋+腸骨筋)は伸ばされ、伸張反射によって収縮します。すると、これによって野球の踏み込み足がそうであるように、内脚は内旋、骨盤はアウト側に押しやられようとされ、遠心力を抜重できるのです。

歩行であれば、これによって反対側の足が踏み出され、無意識に歩を進めていくことになります。最近のレースの1.5次旋回では、そうした身体操作によって、外脚を前方に振り出すようなシーンが見られることもあります。

さらに、ここで大切なのは、1.0次旋回の終盤にイン側グリップに荷重し、イン側グリップの保持感覚が保たれていることです。イン腕は外旋し、グリップを引き付ける格好になり、これがステアリングを旋回方向に切りつける操作となります。この順操舵も、肩甲骨(体幹)を使った受動入力と言えます。

レースでは、先行マシンのイン側に入り、小さく向きを変えてパスしていくシーンをよく見掛けます。逆操舵後のセルフステアに身を委ねるライディングでは、こうした方向転換は不可能なのです。
WSBKのカタルニアラウンドのレース1で面白いショットを見付けました。

今年の8耐優勝車でもある#7のイケル・イクオーナは、1.5次旋回に入り、勢い余って外脚を振り出しています。イン側グリップを引き付けていることも見て取れるでしょうか。これに対し、#22のアレックス・ローズは、倒し込みポイントを奥にねじ込んでパスしようと、1.0次旋回を終了させない状態で堪えています。先頭の#65のジョナサン・レイは2次旋回に突入していこうかという状態で、彼らの後方にいるギャレット・ガーロフはこれから1.0次旋回というところでしょうか。

まさにライディングはスポーツなのです。

この記事にいいねする

コメントを残す