株式会社ICOMAが企画開発中の「ICOMA タタメルバイク」。アメリカの最新テクノロジー展示会「CES 2023」で最優秀の「イノベーションアワード」を受賞して注目されているこのモデルは、変形するロボットのおもちゃにインスピレーションを受けて設計された、名前通りの「折りたためる」EVバイクだ。都心の駐車スペースの少なさを解決するべく、たたんで玄関やオフィスに持ち込めるコンセプトで、50cc相当の走行性能を発揮。早ければ2023年中の発売を目指して、現在も開発が続いている。

おもちゃメーカーから生まれた新モビリティ

開発に携わる生駒タカミツさんはおもちゃメーカーの出身。その後、家庭用ロボット等の開発を経て、「駐車スペースがないユーザーでも、折りたたんで好きな場所に駐車ができる」というコンセプトのEVバイクを考案した。それが「タタメルバイク」だ。当初はSNSでのコンセプト発信から始まった開発は多数のユーザーの高評価を得て、現在は実際に走行が可能な試作機が完成している。

タタメルバイクのサイズは全高1000mm、全長1230mmで、重量は約50kg。原付一種に相当する走行性能のモーターを搭載し、最高速度は40km、航続距離は30kmとなる。短めの航続距離ながら、充電は家庭用電源で3時間で完了という手軽さ。たたんだサイズは全高690mm、全量260mmと小型トランク並みで、屋内に持ち込んでの充電が可能だ。

 

news_icoma_20221122_04

コンパクトに収納し、工具なしで展開することができる「タタメルバイク」。駐車スペースを持てないユーザーのために、どこにでも保管できる手軽さがコンセプトだ。

 

たたんでしまうと、デスク下に収納することさえできるコンパクトさ。家具の一部のようにさえ見える、スクエアベースのシンプルなシルエットも特徴的。

 

news_icoma_20221122_05

家庭用電源を利用し、3時間で充電が可能なバッテリーを搭載する。専用の充電設備は必要としないため、誰でも、どこでも扱える手軽さを発揮。

 

最先端のテクノロジー展示会「CES 2023」イノベーションアワード受賞!発売は2023年中を予定

アメリカ・ラスベガスで開催されている世界最大級の最先端テクノロジー展示会「CES(コンシューマーエレクトロニクスショー)2023」にも、タタメルバイクは出品され最優秀の「イノベーションアワード」を受賞した。この賞は出品企業の中でも、最も先進的で機能性が高いことを評価するもので、タタメルバイクが革新的なモビリティになることを期待された。CESでは過去にも様々な革新的技術の発信地となっており、「DVD」や「ファミリーコンピュータ」などのイノベーティブな製品が発表されている。

注目が集まっているタタメルバイクだが、2022年11月現在は価格等の情報は未発表。しかし2023年春頃から小ロットでの受注販売を予定されており、遠からず追加情報がアナウンスされるだろう。また原付2種クラスなどのバリエーション展開も構想中とのことで、今後の続報に期待大だ。

 

news_icoma_20221122_07

「エンジニアリング、機能性が優れていること」「デザイン性に優れ美しいこと」「他の製品と比較して卓越し、先進的であること」という項目を満たした先進的な製品に与えられる「イノベーションアワード」。都会の新たなモビリティになる可能性を秘める。

 

news_icoma_20221122_08

サイドカバーを変更することで、様々なスタイルへのカスタムも可能だ。さらには液晶モニタを取り付け、自分のキャラクターに合わせた映像や画像を表示するモデルまで検討されている!

 

開発ヒストリーは動画でも公開中!

ICOMAの最新情報はTwitterでも公開中だ。
ICOMA Twitter

情報提供元 [ ICOMA ]

この記事にいいねする

コメント一覧
  1. 匿名 より:

    丁度モトコンポのリンクが同じページに有りましたが変形ロボと言うよりも
    モトコンポ知ってる世代からするとモトコンポのEV化されたものと言うイメージで
    特に斬新さも何も感じないですね

コメントをもっと見る
コメントを残す