「路肩」と「路側帯」の違いとは

クリスマスやお正月の行事がある12月から1月にかけて実家に帰省したり、観光旅行など出掛ける人が多くいるかと思いますが、この時期は事故が多く起きます。警察庁のデータによれば交通事故死者数が298件(2020年12月)と最多を記録しているなど、12月は交通事故が多いことが明らかとなっています。

また、交通量が多い時期に付きものなのが渋滞ですが、先を急ぐ気持ちが出てしまうのか、車線を逸脱して路肩や路側帯を走行する人が少なからずいます。見方によっては、空いているスペースの活用と言えないこともありませんが、一歩間違えれば歩行者やクルマにぶつかって事故を起こす事態にもなりかねません。

→全文を読む

情報提供元 [ モーサイ powered by Motorcyclist ]

この記事にいいねする

コメントを残す