東京モーターサイクルショー協会は、「第50回東京モーターサイクルショー」の開催を決定した。2023年3月24日(金)から26日(日)までの3日間、東京ビッグサイトを会場として行われる予定だ。これに伴い、全国の学生に向けた「学生ポスターデザインアワード」も、2022年9月20日(火)から11月15日(火)まで募集が行われている。詳細な情報については、公式サイトを確認してほしい。

50周年を迎える日本最大級のモーターサイクルイベント

日本最大級のモーターサイクルイベントである「東京モーターサイクルショー」は、この3年間は新型コロナウイルスの流行により開催が見送られていたものの、前回2022年度には無事に第49回開催が行われ、延べ来場者数は約12万人を数えた。153者の出展者が参加し、新車や新製品に注目するユーザーにより賑わった。2023年度の開催で記念すべき第50回となる本イベントでは、いまだ完全収束を見ていない新型コロナウイルスについては対策を充分に行い、会場は東京ビッグサイトの、西1.2.4ホール+アトリウム+屋外展示場を使用する案が検討されている。

また、こちらも2020年から開催が見送られていた、「学生ポスターデザインアワード」の募集も開始された。全国の大学生、専門学校生などを対象としており、最優秀賞受賞者には会場やパンフレットでのデザイン採用、商品券30万円分のプレゼントなどが行われる。

 

C90CB7B5-1AF5-4034-959E-9899BF09B75D-768x576

2022年3月には第49回モーターサイクルショーが3年ぶりに開催され、約12万人が来場する大盛況となった。

 

3701B0B0-8E13-4EF0-975B-1F3FAAE7611D-768x576

「モーターサイクル産業の振興と、健全なモーターサイクル文化育成・普及を通じ、豊かな社会生活の実現と経済の発展に寄与する」ことを目的として1971年に第1回が開催された東京モーターサイクルショー。50周年の節目となる2023年も多数のメーカー、企業、団体の参加が期待できる。

 

第50回東京モーターサイクルショー 開催概要

開催日時

2023年3月24日(金)10:00〜13:00 特別公開
2023年3月24日(金)13:00〜18:00 一般公開
2023年3月25日(土)10:00〜18:00 一般公開
2023年3月26日(日)10:00〜17:00 一般公開

会場

東京ビッグサイト
西1ホール(約8,800m²)
西2ホール(約8,800m²)
西4ホール(約6,840m²)
アトリウム(約2,000m²)
西屋上展示場(約3,000m²)

主催

東京モーターサイクルショー協会

後援(予定)
(順不同)

全国オートバイ協同組合連合会
一般社団法人 全国軽自動車協会連合会
一般社団法人 全国二輪車用品連合会
一般社団法人 自動車公正取引協議会
一般社団法人 東京都自動車整備振興会
一般財団法人 日本オートスポーツセンター
一般社団法人 日本自動車工業会
一般社団法人 日本自動車連盟
一般財団法人 日本モーターサイクルスポーツ協会

協力(予定)
一般社団法人 日本二輪車普及安全協会

交通安全教育(予定)
警視庁

出展対象

モーターサイクル及びモーターサイクル関連企業、ほか一般企業

入場料

前売券(税込):大人 1,800円
当日券(税込):大人 2,200円
※会場窓口での当日券販売はございません。WEBからの購入をお願いします。
※価格は税込み・高校生以下無料/障がい者の方は本人と介護の方1名まで無料(障がい者手帳必要)

学生ポスターデザインアワード

応募期間:2022年9月20日(火)~11月15日(火)必着
応募対象:大学生、専門学校生、高校生以上(オープン懸賞)
テーマ:「50th Anniversary #バイクでつながる」

情報提供元 [ 東京モーターサイクルショー協会 ]

コメントを残す