都内から約100kmの位置にある埼玉県秩父郡小鹿野町は、週末ともなると数百台を超えるライダーがツーリングの目的地または経由地として立ち寄る人気のツーリングスポットです。

20年くらい前に、いわゆるブログが流行り始め、今でいう写真映えするどんぶりから溢れんばかりの大きなカツをのせた「わらじカツ丼」が、一部のライダーの間で人気を集めました。

わらじカツ丼そのものは、もちろんトンカツの形状がワラジに似ていることから名付けられたようですが、昔は一枚のカツをどんぶりの蓋にのせ、それを酒の肴として楽しんだあと、どんぶりに残ったもう一枚のカツでご飯を食べるといった食べ方が言い伝えられているそうです。

政府が地方創生へ動き出す風潮とも相まって始まったわらじカツ丼発祥の地に、全国からライダーを招致する小鹿野町のまちおこしプロジェクト「ウエルカムライダーズおがの」。

立ち上げから現在に至る15年、果たして小鹿野町はどう変わったのか?吉田あきら代表(以下、吉田代表)と、加藤悟副代表(以下、加藤副代表)にお話を伺いました。


県の助成が終了後、身の丈でライダーの小さな声も拾い上げた

画像提供:ウエルカムライダーズおがの



「ウエルカムライダーズおがの」は、2007年から全国でも珍しい“バイクでのまちおこし”としてスタートしましたが、活動3年目で県の助成が終了することとなり、さらなる効果を期待して小鹿野町は、主体を西秩父商工会に移すことで方針転換しました。コンセプトはライダーが「来やすく・居やすく・また来たい町」

多くの自治体が小鹿野町の取り組みに注目し、連日のように関係者が小鹿野町を訪れました。そして、人口1万2,000人足らずのこの町が活動を継続できていることにみな驚くそうです。

しかし吉田代表はむしろ、そうした注目度の高さに困惑した様子で、ぽつりと「身の丈にあった活動をしているだけです」と、静かに答えてくれました。

確かにお話をうかがうと、小鹿野町を訪れたライダーひとりひとりの声に耳を傾け、そして大きくはない一歩でも、小さなことからコツコツと実行していく実直な姿勢が感じられました。


派手ではないが、しっかりとライダー歓迎の工夫が随所に感じ取れる

画像提供:ウエルカムライダーズおがの



まずライダーに対してもっと「来やすく」というポイントについては、ウエルカムライダーズのバナーや、ロゴ入り看板を町の随所で見かけることが出来ます。

実際にウエルカムライダーズの協賛店となっている和菓子店を訪れたのですが、そこで応対してくれた店員さんが自分のバイクを見るなり、「バイクで来られたんですね。それではお饅頭をもう一つ」と。大きなことではないですが、心のこもったプチサービスと受け入れられている雰囲気は、まさにウエルカムを感じることができた瞬間でした。

こうした町ぐるみでの協力体制が浸透しており、飲食店によっては一品サービス、または以前は裏メニューだったものが表メニューになるなど、着実にライダー歓迎のムードを醸成しており、「また来たい」という動機にも結びついていきました。



また、観光需要が減少する冬場でも、地元の有志が尾ノ内渓谷にホースを敷設散水し創り上げた、大規模な氷柱をライトアップし観光地化することによって、冬でもSNS映えを狙ったライダーが訪れるようになったそうです。

加藤副代表によると、小鹿野町を訪れた女性ライダーに快適に過ごしてもらうため、女性ライダーからの要望を聞き入れ、女性専用のレストルームなども特別に作ったとのこと。そうした配慮も、訪れるライダーが 「居やすく(心地良く)」感じるポイントになっているようです。

訪れるライダーたちと会話しながら、まさに“小さなことからコツコツと”要望を具現化していく。そんな真摯な姿勢がこの取り組みの根幹にあり、長く続けられることに繋がっているのでしょう。

そういえば、屋根付きのバイク駐輪場や、店前にバイク専用駐車スペースをわかりやすく線引きしている飲食店も増えています。


地元愛のある女性も協力して時代に即した情報発信が進む

画像提供:ウエルカムライダーズおがの



そんな中でとても感銘を受けたのが、小鹿野町を愛する小鹿野町在住の女性ライダーで構成されたアンバサダーユニット「おがのモトガールズ」

現在も小鹿野町で働く3名の女性ライダーは、情報発信もInstagramやFacebookなどのSNSを中心とし、イベントなどでも訪れたライダーとの適度なコミュニケーションによって、小鹿野町への経済効果、知名度アップ、あるいは、バイク弁当の人気などで雇用創出も一部生み出しているとのことです。

各自のSNSアカウントでも多くのフォロワーを集めており、それによって年に一回開催される「おがのライダー宿」の時も、計500名もの参加者を呼び込んでいます。

地元和菓子店のショーケースにも彼女らの写真が飾ってあり、地域住民からも愛されているようでした。


小鹿野町は【3,900日間】交通死亡事故ゼロを更新中!

画像提供:ウエルカムライダーズおがの



冒頭のとおり、週末ともなると数百台を超えるライダーがツーリングの目的地または経由地として立ち寄る小鹿野町は、地元警察とタイアップをしながら交通安全啓発活動を継続していることもあり、2013年10月8日以降、10年以上も交通死亡事故ゼロの記録が続いています。

わらじカツ丼とバイク(ライダー人気)の融合、そこから広がった地道な活動が身を結んだのでしょう。


一番変わったのは町の人のライダー(バイク)に対する理解

吉田代表(左)、加藤副代表(右)


吉田代表によると、本活動を通して一番の変化は、地元住民によるライダーを見る目が変わり、とても協力的になってきたことだそうです。
※取材当時は吉田あきらさんでしたが、現在は強矢立家(すねやたつや)さんが代表を引き継がれています。

継続とは何事もハードルがあるもの。ましてや、まちおこしという地域住民が一丸となって取り組まずして成し得ない、非常に難儀な取り組みを、無理せず、できることから、ライダー目線で小鹿野町を染める“ウエルカムライダーズ”。

最近では地元の人も知らないような“隠れた名店”に、ライダーが並ぶこともあるそう。


「これからも小鹿野町を訪れるライダーと会話しながらヒントを見つけ、様々な活動をしていきたい」と語る吉田代表は、ライダーを歓迎する優しさで溢れていました。

日本で一番ライダーを歓迎してくれる町、小鹿野町にまた行きたくなりました。



ウエルカムライダーズおがのFacebookページ
https://www.facebook.com/welcomeogano/

OMG おがのモトガールズTwitterアカウント 
https://twitter.com/oganomotogirls


情報提供元 [ MOTO INFO ]

コメント一覧
  1. 通り過ぎの仮面SSライダー より:

    小鹿野に月1ペースで10年近く訪れているライダーです。
    小鹿野にライダーが集まる1番の理由は、ライダーが主役でいられることだと思います。
    そういう雰囲気を町や住民が発信してくれ、他の観光地と違い、ファミリーが主役ではなくライダーを明確に主役として扱ってくれること。よそ者感やアウェー感を感じないこと。全ては住民の皆さんがそういう意識をもってくれているからこそ。
    ファミリー世代を誘引できるほどの特筆するだけの観光資源もなく(失礼)宿泊施設も少ない。そんな中で一人当たりの消費単価が大きいライダーを誘致するのは非常に賢い。
    特にマスツーリングになると、そのグループを引き入れるだけでファミリー客とは比べ物にならないお金を落としてくれる(宿泊中での比較)。
    また立地としても、都内からツーリングの目的地に設定しやすい距離で、道中の山越えや峠越えなどのワインディングも混ぜやすく、ちょうど良いツーリングルートとして設定しやすいのも+に働いているのでしょう。

    とは言え近年住民の高齢化進行と住民流出が深刻な問題になっているそうです。。。

  2. 修正 より:

    宿泊中→宿泊なし

  3. 住民 より:

    こんなくだらない企画で騒音に苦しめられている住民も沢山います。毎日毎日騒音を聞かされている人の身にもなってもらいたいと思います。この記事のおかげでまた騒音がひどくなることを懸念します。一台のバイクが通り過ぎる数分間、何 キロも前から騒音が鳴り響き通り過ぎても遠ざかるまで、しばらくうるさい状態が一日中続く苦しみを想像できますか?

  4. 昔は峠族、今はドノーマルミニライダー より:

    バイクのマフラー社外品交換の爆音は好き者と本人しか心地良くないのよね~
    住民は騒音でしかない。
    この様な改造は今後のライダーの資質を問われる時代になりました。
    何倍もデカイ大型トラックですら今や相当な低騒音の時代です。
    マフラー騒音は皆で本気で考え直す時期でしょう。
    週末に何百台も通過する地域の小鹿野の住民でしたら、たまったものではない筈。

  5. 住民2 より:

    金おとしていくんだからそれなりに、間接的に住民にも還元されるだろ。

  6. 匿名 より:

    バイクに限らないけど、結婚もしないで趣味に没頭する、若しくは趣味に逃げてるオタクが群れるこんな場所は行きたくない。
    バイク見せたがりーがはびこるバイク用品店も同じ

  7. だいちゃん より:

    小鹿野はまだしも近隣の通り過ぎるだけの地域住民は憐れやね
    つかバイクは好きだけどハーレーとかの騒音バイクは大嫌い

  8. UP-BEAT より:

    我々バイカーも、歓迎されてるからと調子に乗らずに、ルールやマナーはしっかりと守って、更に歓迎される様にしないといけませんよね

  9. k より:

    騒音の問題は小鹿野に限らずどこの地域でも迷惑な話。まともなライダーにとってもイメージ低下でしかなく、警察が本腰入れてマフラーの騒音取り締まりをして欲しい。
    10年もすれば限界集落の住民はいなくなり、高齢化著しいライダーも来なくなるとは思うから時間が解決する問題だとは思うが。

  10. 単気筒×3台ライダー より:

    騒音云々言ってる人は単にバイク=煩いと目の敵にしてる人の意見でしかない。
    たしかに車検非対応の改造マフラー等の改造は論外だけど、吸排気系を一切カスタムもしない、マナーよく乗ってる人からすりゃ言いがかりも甚だしい。
    イメージが悪いからいちゃもんつけたいだけでしょ?
    大型バイクは趣味の領域だけど、中型からそれより下の排気量でトコトコ走ってるバイクはハイブリッドカーなんかより遥かに燃費が良いし、駐車場も車幅は車よりないからソロの車よりは場所取らない。更にコロナ騒ぎで密を回避できる趣味でもある。荷物は乗らないがメリットが多い。
    流石に古いバイクは当時の規制に合わせて車検を通してるから仕方ない面もあるだろう。2ストの甲高い音や凄まじい重低音の大排気量OHVエンジンは純正でも凄まじい音するから仕方ない。
    だけど昨今のバイク業界は厳しすぎる規制をなんとか通しているため、純正では煩くない筈。あまり音が出ないと車に気づいて貰えず逆に危ないんですがね。

    荷物は乗らないけど、旅先の飲食店や観光地に立ち寄りお金を落とすのは有難いはず。地域にとっても有難いし、ただ寂れて廃れていくよりは見所がある町と注目された方がずっといい。
    巡り巡って地域の活性化はそこに住む人の利益になる。一人の我儘をさも大多数の意見みたいに言うのはみっともないなぁw
    おまけに結婚しないで趣味を楽しむ人を非難する無趣味の香ばしいのまで湧いて出る始末。余計なお世話だし、嫌なら来るなだわなw
    結婚しなくて何が悪いのか?したいやつがすりゃいいし、焦って相手探して大して好きでもない相手と我慢して結婚生活を一生するくらいなら、オフの日に自由にストレス発散するために趣味に没頭して、溜め込まずに次週の仕事を頑張って、また発散してを繰り返した方が遥かに健全だし社会貢献にもなる。まぁ運が良けりゃいい人に出会えればいいなー程度に気楽に生きようや。
    別に普通にバイクに乗る行為は犯罪じゃないんだから、他人がとやかく言うなやw

    小鹿野はまぁ…宿泊施設が大してないから単に国道299号が走るの気持ちいいくらいなんよ。綺麗な絶景があるとかじゃないし、桜の名所があるわけでもない、グルメも限定されたものくらいで、ただ街中の国道の真っ直ぐな道が気持ちいいんだよ。だいたいグルメや景色等の名所は秩父に劣ってしまうからねぇ。鉄道も通ってない町だからアクセスは悪いし。ただ大きな道は走りやすいんだわ。それだけ。

  11. 最強の負け犬 より:

     初めて小鹿野に行った時、 子供からお年寄りまでバイクに向かって手を振ってくれたのには驚きました。
     
     小鹿野がバイクウェルカムの町とは知っていましたが、まさか町ぐるみ、住民皆様から歓迎されているとは思っていませんでしたからね。

     学生時代に3ナイ運動真っ盛りにバイクを乗り初めたおじさんとしては感動物ですよ。

  12. シマヨシ より:

    私は小鹿野町に仕事で訪れますが平日は至って静かで閑散としてます ライダーも少ないですよ
    ここのコメで騒ぐほどうるさくはないです

  13. ニンジャライダー より:

    バイク乗りでも、1台でもうるさいよな騒音まして規格外マフラーの音、週末何百台来れば興味の無い人からすれば迷惑以外無いわな。これからも、受け入れて貰うにはライダー各人がバイクが嫌いな人にも嫌われない様にもしなくてわ。

  14. ニンジャライダー より:

    何歳の人か知らないけど、自己満足の自己中の性格やね。うるさいものは、煩いんだよ騒音わ!少数意見も聞けない自己中ライダーだわ。

  15. 名もなき旅人 より:

    250cc未満のバイクを4台所有し、週末ごとに400〜500km走る身としても。
    扱えもしないハイパワーな大型車のマフラー換えて爆音撒き散らすヤツは大嫌い。
    正直、事故って死ねば良いのにと思ってしまう。
    大型バイクでも純正なら心地良い音だと感じるのに、下品な大型バイクは見たくもない。
    一方、何らかの方法で地域振興していかないと人口流出する過疎地域の行政が成り立たないのも事実。
    主要道や主要施設で排気音の取締りを継続する、という活動が必要か。

  16. 匿名 より:

    結婚したせいで、趣味に没頭出来なくなり僻んでるだけ。

  17. 匿名 より:

    小鹿野に住んでいるので多くのライダーを見てきましたが、
    小鹿野にいらっしゃるライダーの方たちはすごいマナー良いと思います。
    何台もバイクが連なってるところを見ると音が大きくてびっくりしたこともありますが、
    皆さんきっちり並んで通行しているので迷惑だと感じたことは全くありません。
    数年前までは平日や休日を問わず町中に人が全くいなくて寂しく感じてましたが、
    最近はライダーの方が町のあちこちにいるおかげで少しだけ町に活気が戻った気がして嬉しいです。

  18. 匿名、元居住者 より:

    秩父地域全体の話だが、中央線をはみ出してきたり、前が詰まっているのにバイクのこちらをかすめて抜かして割り込んできたりする軽トラなどのボケ老人率が高いし、手近な観光地として取り上げられるので、免許維持できてるのが不思議なレベルの他地域ナンバーもワラワラと集まってきている。50キロ制限の道を30キロ台でブロック走行する奴もゴロゴロしている。

    定常的に飲酒運転してる地元民はかなりいるだろう。

    走ってていつ殺されてもおかしくない。そういう地域だとはわかってて運転した方がいい。貧しい地域なので弁済資力もない者にあたる可能性も高い。

    もちろん、岡山ルール?とか、甲州ルール?というような特異ルールはない地域なので平均的には運転しやすいと思うが。

  19. 匿名 より:

    大騒音ハーレーとビクスク、族車は歓迎できない。凄い大声で騒ぐのもやめてください。邪魔でただの迷惑です。バイクが純粋に好きな人たちが拠点を持ちコミュニティとして機能するのはよいと思いますよ。

  20. エスヤマリンギョウ より:

    小鹿野町役場、観光協会、町おこしプロジェクトに文書での抗議をしましょう。 本当に病気になってからでは手遅れです。自分もバイクに乗りますので、この記事を読んで行って見ようと思いましたが辞めます。
    町おこしプロジェクトの反対派運動を展開して是非廃止にしてください。 人の迷惑にならない観光名所は他に幾らでも有ります。頑張ってください。

  21. 匿名 より:

    プロ市民かな。

  22. 匿名 より:

    変な人がいるなぁ。
    バイク以外の町おこしを提案してから反対しろって話。
    主張だけは声高だけど対案は出さない、まるで立憲共産の人だな。

  23. 匿名 より:

    問題になってる、近隣から秩父に来て河原でバーベキューして、残飯、ゴミ、焚き火など(放置)して帰るファミリーやキャンプカーよりははるかに町にメリットがもたらされている。ライダーがマナーさえ守られていれば、地域住民から歓迎されて行くし、20年30年とその評判が全国区になれば連休に遠方からもきてくれるようになる、そのような継続が、双方に期待されていると言う観光価値を育てて行く事が大事でしょう。
    やれる事をやってゆけばいいと思います。

  24. 匿名 より:

    なにこいつ

  25. 匿名 より:

    マフラーの騒音規制が緩いと私も思います
    現行排ガス規制の対象外のバイクも排気音くらいは対象にすべきではないでしょうか

  26. オレゴン より:

    この記事読んでると自転車のロードバイクでしまなみ海道を走るチャリダーと重なるけども、こういう一つのバイクや自転車などの趣向は地元でも賛成して協力する人達と、一方で反対して妨害行為する人がいる。
    しまなみ海道の自転車走行は地元では歓迎されてるのかと言うと微妙。観光業の人達は喜んでいるが、通勤者や一般利用者は自転車ロードバイクが危ないから迷惑だと言う人もいる。一般道を使った自転車の大会などでは、走行路に針をばら撒いて、ロードバイクのパンクさせての妨害行為もあった。
    一般道を走る以上、住民の迷惑にならないようマナー良く、交通ルールも守りバイク、自転車走行してほしい。

  27. ななし より:

    騒音が嫌ならより住みやすい地域へ引っ越すと言う手もありますよ? 今よりより快適なところへ移住する、誰も止める権利はありませんから。

  28. 匿名 より:

    快適な地に引越しできないくらい貧困だから過疎化してる田舎に住んでるんでしょw
    ちなみに小鹿野町の40〜50代くらいの人は、武勇伝語るの好きなんだよね。このくらいの世代は丁度暴走族やチンピラが横行してたくらいの世代で、町は世紀末みたいな場所だったと話聞く限りではそう感じたし。

    そういう人らがバイクのイメージ悪くした癖に、今ではバイク否定派という訳のわからなさ。

    人柄良いとは言い辛い。祭りの実行委員会で責任押し付け合ったり、同調圧力のキツい田舎特有の感じはしますよ。

  29. 無知文盲 より:

    木を見て森を見ず
    の、コメントばかり

  30. 爆音バイク最高 より:

    俺のバイクも音デカイだけど、道の駅とかバイクが集まってるところ超煩いじゃん普通に。
    だから行きやすいんよ。
    でも騒音バイクが町に大挙して押し寄せて来たら町の人は地獄じゃんね。絶対住みたくないw

コメントを残す