バイクを曲がらなくしている原因はライダーにあり。座る位置やフォームを気にしてみよう

僕が推奨するライテクは、『バイクに逆らわずに曲がる』というもの。ライテクには色々な流派や考えがあるが、僕は力を入れずにリラックスして乗ることを推奨している。

それは、元々バイクは曲がるように作られているし、その特性に逆らわずに乗れば毎回同じように曲がることができ、長時間乗っていても疲れないから。この考えだと、力任せは通用しないから、性別や年齢を問わず誰でも上手くなれる、というのも大きい。

そして覚えておいて欲しいのは、バイクを曲がらなくしている大半の原因は、ライダーがつくり出しているということ。力んでしまってバイクの動きを止めてしまったり、座る場所やフォームがイマイチでバイクがきちんとレスポンスしていないことが多いというわけだ。

といわけで今回は、座る位置に注目。でもまずは基本フォームを確認してみよう!

→全文を読む

情報提供元 [ モトコネクト ]

コメントを残す