バイクの向きを変えるテクニック「逆操舵」

このWebライディングの科学なる連載を始めることになったとき、逆操舵に関する問題を避けて通れないことは分かっていました。私はWebikeコラムでも度々、基本テクニックとしての逆操舵に否定的であることを申してきました。ただ、一部の識者からも含め、それに対する反論が聞こえてきたことも事実です。それだけ興味の対象であるということでもあるわけですが、もういたずらにそのことに立ち入りたくないという気持ちもあり、連載に対する躊躇もあったものです。

でも、ここからは昨今のスポーツ科学の潮流を鑑みながら、改めてその問題に取り組んでみることにしたいと思います。

自動操舵機能が備わっているから転ばずに走れることも事実

バイクは常に蛇行を繰り返しながら、直進安定性を保っている。※「グランプリ出版 ライディングの科学(和歌山利宏著)」より引用

 

バイクのステアリングには自動操舵機能(セルフステア機能)なるものが備わっています。バイクが傾いた方向に自動的にステアリングが切れてくれるのです。ヘッドパイプは直立ではなくキャスターアングルが付いていること、ステアリングの重量物が操舵軸より前方に位置していることなどによる効果です。

もちろん、切れっ放しでは、ステアリングが切れ込んで危険ですから、ステアリングにはトレールの効果によって切れたステアリングを適度に復元してやる効果も造り込まれています。

それらによって、ライダーは何もしなくてもまっすぐ走り続けることができます。直進しているバイクは、常に左右に切れ続けながら、バランスを保っているのです。もし、ライダーの肩に力が入っていたりすると、その自動操舵が健全に機能しないので、不安定になり、心地良さからは遠ざかってしまいます。

自動操舵機能に働きかければ、向きを変えることができる

曲がりたい方向のハンドルを押せば、その方向へのバランス機能が損なわれ、バイクは傾き始める。これが逆操舵だ。※「グランプリ出版 ライディングの科学(和歌山利宏著)」より引用

 

その自動操舵機能を逆手に取れば、向きを変えることもできます。その手法が逆操舵です。曲がりたい方向のハンドルバーを押してやれば、曲がりたい方向への自動操舵機能を殺ししてやることができ、バランス取りができなくなって、旋回方向に向かってバイクは傾いてくれるというわけです。この逆操舵を押し舵、あるいは当て舵とも呼んでいます。

そして、バイクが曲がりたい方向に傾き始めたら、もうしめたものです。押し舵を解除すれば、再び自動操舵機能が発動し、ステアリングがコーナーに向けて切れ始めてくれます。そうして、バイクはコーナリングできるようになっているのです。

体重移動によって、より大きく身体をイン側に移動?

体重移動によってコーナーにアプローチしようとすると、バイクを外側に押し込まねばならず、結局、余計に逆操舵しないといけない。※「グランプリ出版 ライディングの科学(和歌山利宏著)」より引用

 

逆操舵することによって、ライダーはシートに座ったまま身体を動かすことなく、コーナリングできることになります。そして、よりダイナミックにスポーツライディングするには、体重移動が必要だと言われています。下半身を使ってコーナーに向かって飛び込み、身体を大きく、タイミング良くイン側に移動させてやろうというのです。

でも、これには落とし穴があります。イン側に身体を移動させるためにはバイク(主にステップ)をアウト側に蹴らなければならず(アウト側に蹴るという作用に対する反作用によって身体はイン側に移動できる)、バイクはアウト側に押し出されることになります。すると、アウト側に倒れようとするマシンのバランスを保つために、さらに強い逆操舵が必要になるのです。

つまり、これによって身体を大きくイン側に移動しても、リーンイン効果あるいはハングオフ効果が得られるに過ぎず、定常旋回におけるマシンのバンク角を小さくすることができても、旋回性を高めることにはならないのです。逆操舵論者にしてみれば、体重移動ではバイクは曲がらず、向きを変えるには逆操舵しかないという論理が成り立つことになります。

でも、現実はそうではありません。それについては次回に譲ることにしましょう。

この記事にいいねする

コメント一覧
  1. 匿名 より:

    逆操舵が効くかどうかだけで言えばYAMAHAのMOTOBOTは逆操舵しかせずリーンインもアウトもしません。
    それでもコースを走る事が出来ます。

    • 匿名 より:

      MOTOBOTが一連のコーナリングにおいて、どの時点でどのようにハンドルを制御しその時に何が起こっているのか、興味がありますね。
      一般ライダーにも操るヒントになるのではないでしょうか。

    • 匿名 より:

      逆操舵だけでも曲がれるだろうが楽しくない

  2. 匿名 より:

    多分、逆操舵を無意識に、若しくはバイクの自然な動きの中で起きるのは良いけど、意識して逆操舵を
    行うと曲がる切っ掛けがそれだけになり荷重移動が疎かになり易いと言いたいのだと思う、多分。

  3. イチタマシマ より:

    逆操舵で車体が倒れるのは、コリオリの力ではないでしょうか? 

    取り外した自転車の車輪の車軸をもって遊んでいるとき経験したのですが、車輪が回っているとき軸をハンドルで動かすようにねじると、簡単にその直角方向に鋭く傾きます。水平角を変化させると頂角の傾きが変わるという現象です。つまり右にねじると、左側に倒れます。逆に左にねじれば、右側に鋭く倒れます。(小学生のとき、パンクの修理をしていて気づきました。) ちょうどバイクの逆操舵と同じ現象です。

    雑誌の記事などで、逆操舵は”フォークの操舵軸と路面の接地点のズレによる復元力”などと説明されていることが多いですが、個人的には納得できず以前からの疑問でした。で、論点は少しずれてしまいますが、この際、逆操舵の原理を再確認してもらえないかと思い、質問しました。よろしくお願いします。

コメントをもっと見る
コメントを残す