「認証工場」は、バイクの整備&点検や修理、カスタムを安心して任せられるショップの証だ。実は、バイクの分解整備を行うには認証工場の資格が必要。資格ナシで分解整備をすると違法になってしまい、トラブルに発展するケースもある。
認証工場を利用することはユーザーにとって大きな利点があり、ショップにとっても認証工場の資格を得ることで消費者に多くのベネフィットを提供できる。
――意外と知られていない「認証工場」の重要性をここで解説しよう!

<ユーザー編>

アナタは違法工場で整備していないか?

「認証工場」とは何か? この言葉を聞いたことがあっても詳細を知らないライダーは多いのではないだろうか。

実はバイクライフを送る上で、認証工場を知っているのと知っていないのとでは大きな違いがある。その理由を解説していきたい。

バイクショップでは、ブレーキキャリパーやホイール、エンジンを取り外しての整備&点検、カスタムは当たり前のように行われている。しかし、こうしたパーツの脱着を伴う行為は「分解整備」と呼ばれ、認証工場の資格を得てないないショップが行うと“違法”になってしまうのだ。

各メーカーの正規ディーラーは基本的に認証工場と考えていい。しかし一般的なバイクショップの中には認証を得ていない“違法工場”のケースもある。

認証工場の資格を得るには、スタッフの資格や人数、工場の広さ、設備機器、資金の基盤など細かな基準をクリアし、地方運輸局長から認可される必要がある。確かな技術を備えた整備士が点検&整備を行うので、安心してバイクを任せられるというわけだ。

ユーザーが認証工場かどうかを見極めるのはカンタン。お店の見えやすい場所に、下記の黄色いプレートが掲示されている。

運輸局から認可を受けた証である「認証工場」の黄色プレート。これがないショップは未認証工場となる。東京都自動車整備振興会 二輪自動車支部のWebサイト(https://bike-tenken.com/)では都内の認証工場を検索できる。

認証工場じゃないショップが分解整備を行うのはNG!

では、どういった整備が認証工場しかできない「分解整備」にあたるのか。実はパーツの着脱を伴う整備のほとんどが分解整備に該当している。整備の大部分が認証工場でなければできないと言って過言ではない。

なお、一般ユーザーが分解整備を行うのは合法だ。自分でメンテナンスしたり、パーツを購入して自分でDIYしても全く大丈夫。ただし、誰かのバイクを整備してお金を受け取ったりする営利目的だと違法になるのでご注意を。

整備内容と整備士資格、認証の有無による関係をまとめた表(○は合法、×は違法)。趣味として金銭を受け取らない場合、誰が分解整備しても合法だ。

①ブレーキ関連
分解整備と言えば、まず代表的なのがブレーキ(制動装置)。
キャリパーの脱着をはじめ、ブレーキホースやディスクの脱着、マスターシリンダーの分解、ブレーキシューの交換(ドラムブレーキの場合)などが分解整備に該当する。ちなみにキャリパーを脱着しないパッド交換は分解整備に当たらないが、ブレーキに関するほとんどの整備が分解整備なのだ。

キャリパーを外すだけで分解整備。もちろんキャリパーのオーバーホールやブレーキパッドの交換も分解整備だ。

制動装置(ブレーキ)は命を預かるパーツだけに分解整備でも特に多くの項目が設けられている。マスターシリンダーのオーバーホールも分解整備だ。

②ホイール着脱やタイヤ交換も分解整備
「走行装置」に当たるホイールの着脱やタイヤ交換、アクスルシャフトの交換も分解整備だ。

③前後サスやステムの着脱も該当
「緩衝装置」にあたる前後サスペンションの着脱や交換も認証工場でないと認められない。フロントフォークやリヤサスの着脱、前後スプリングの交換も同様だ。また「かじ取り装置」であるステアリングステムの着脱なども同様だ。

④エンジンの取り外しはもちろん、意外にもハンドルは分解整備
「動力伝達装置」(クラッチやミッション)のほか、クランクケースを外したり、原動機(エンジン)を下ろして行うような重整備も当然、分解整備に該当する。また、意外なところではハンドル、ステップの着脱も分解整備になる。

⑤ETC車載器の取り付けも分解整備
バイクでも普及しつつあるETC車載器。装着するには、各部を着脱して複雑な配線が必要になるため、こちらも認証工場の資格が必要だ。

認証工場では、ETC車載器をセットアップしたらテスターを使用し、アンテナからきちんと電波が送信されているか点検。料金所のゲートが開かずパニックになることもない。

認証工場は充実の設備で安心、分解整備記録簿も発行される

認証工場では検査機器が充実しており、高度な整備と点検を受けられるのもユーザーのメリット。電装系のチェックに不可欠なサーキットテスターのほか、エンジンの整備に必要なタコテスターやコンプレッションゲージ、排ガスを検査できるテスターなどの設置が義務付けられている。

多彩な点検や部品交換、修理が必要となる「車検」も当然、認証工場は得意だ。

認証工場では、一般ユーザーになじみの薄い認証工具が揃う。認証工場で使用するタイヤの空気圧ゲージなどのツールは、確実な測定をするため、数値が正常か定期的な点検を受けている。

認証工場は、排ガス用のCO(一酸化炭素)とHC(炭化水素)の測定器を完備。カスタム車や古い車両などは車検の排ガス検査で落ちるケースもあるが、認証工場なら事前にショップでテストし、点検してくれるので安心。

まるで病院のカルテ、認証工場ならではの「分解整備記録簿」

分解整備記録簿の存在も大きい。認証工場で分解整備をすると、各地の整備振興会が発行する「分解整備記録簿」に記入し、2年間の保存義務が発生する(2021年4月から「特定整備記録簿」に名称変更)。記録簿には整備内容や日時、整備士の名前などが記され、まるでカルテのようにバイクの整備履歴と不具合の有無が把握できる。

その後、点検&整備作業が原因で不具合が発生した場合、無償で整備を実施してくれる。なお未認証工場では分解整備ができないため、本来はチェック項目に、「交換」(×印)、「修理」(△印)の記号を書き込むこと自体が不可だ。

また、この記録簿があれば、中古車を購入する際、整備の内容や履歴を確認できるため、安心して購入できる目安にもなる。

さらに言えば、認証工場ならバイクの購入も安心だ。ネットオークションなどの個人売買で安くバイクを手に入れるのが流行っているが、結局、整備や修理代がかさみ、高くつくケースも多い。また、お店で見てもらうにせよ、一般的にバイクショップは他店で購入したバイクを整備する際、自店で購入した場合よりレバレート(整備代)を高く設定している。

 一方、認証工場で整備済みの中古車を購入した場合、そもそも不具合が発生する確率が少ない上に、万一トラブルが発生したとしてもフォローが万全。長くバイクと付き合うなら整備が信頼できるショップと付き合った方が、結局トータルではコストを抑えられることが多いのだ。

認証工場では、分解整備記録簿を使用し、分解整備を伴う交換や修理が可能。一方、未認証工場や車検代行サービスでは、点検しか許可されていない。

<ショップ編>

認証工場の資格を得ることは、事業所としてもメリットが大きい

資金や敷地面積などの問題があり、認証工場の資格を取得していないバイク店もある。しかし、やはり資格を得て営業するメリットは大きい。

まず当然と言えば当然だが、最大のポイントは法律の面だ。未認証工場が前述の分解整備を行うと、道路運送車両法第109条により「50万円以下の罰金」が科される場合がある。

またユーザーとのトラブルに発展するケースも。未認証工場のショップが分解整備を行った後、ユーザーが認証工場でないことに気付いてクレームを入れ、ショップが返金したという事例も実際にある。

そして整備に関わる最新情報を得られるのもポイントだ。認証工場になり、地域の整備振興会に所属することで、ニューモデルやパーツに関する研修会に参加でき、常に整備に必要な情報をアップデート可能。また、整備技術向上のための技術研修も実施される。
バイクとともに、法律や規制も目まぐるしく変化している昨今。ショップにとって新しい知識や整備技術向上のために組織的な取り組みはますます必要になっている。

資格を得るにはハードルもあるが、条件は緩和された

認証工場になるには、一定以上の工場面積があり、2級以上の整備士、国が指定する工具や測定器などが条件となる。
※詳細は東京都自動車整備振興会 二輪自動車支部のWebサイト(https://bike-tenken.com/)を参照。

「整備士免許のある人以外は整備できない」というイメージがあるが、実はそんなことはない。工場には分解整備するスタッフが2人以上必要だが、少なくとも1人が整備士資格を持っていれば、無資格の人が整備してもOK。分解整備を行う従業員の数が増えるごとに、整備士の数を増やす必要はあるが、全員が有資格者である必要はないのだ。

また、工場面積の条件が緩和され、認証工場への門戸が昔より広がった。なお、法人ではなく、個人でも条件を満たせば、問題なく認証を受けることが可能だ。

車両整備作業場や点検作業場の面積は間口3m以上、奥行3.5m以上などの基準がある。

ユーザーもショップも認証工場は重要な存在

ユーザーにとって、国から認可された認証工場は頼もしい存在。高度な技術を持つ整備士と充実した設備が揃い、合法的に分解整備を任せられる。その後、整備&点検による不具合があったとしても無償で整備をしてくれる「保証」までつくのだから安心だ。

特に車検では、事前に排ガスのテスターなどで点検も行うため、車検場で不合格になるといったタイムロスもない。命を預ける愛車の整備を任せるなら、やはり認証工場がお薦めだ。

そしてバイク店を営む事業所にとっても、認証工場なら合法的に分解整備を行うことができ、ユーザーとの信頼関係を築ける。さらに最新情報を得られ、質の高い整備を維持することも可能だ。
コストがかかり、事業所によっては工場面積を確保するのが難しい場合もあるだろうが、やはりメリットは計り知れない。

ユーザーにとっても、ショップにとっても、認証工場は安心と安全の証になるのだ。

東京都自動車整備振興会 二輪自動車支部の会員に話を伺った。写真右から同品川地区長の小川功さん(モトショップ功和)、モトウイング須賀の須賀譲之助さん、同練馬地区長の清野勇作さん(RED ZONE)。

取材は認証工場のモトウイング須賀で実施。スタッフ全員が国家整備資格を取得している。
■東京都板橋区氷川町19-11 03-3961-1953 10~19時(日曜〜18時)、水曜&祝日休 https://motowing-suga.com/

情報提供元 [ 東京自動車整備振興会 ]

取材協力店

この記事にいいねする

コメント一覧
  1. 匿名 より:

    個人でやるのは問題ない
    金を受け取らない事が条件なのも知っている
    が、金銭の受託を伴わない人のバイクの整備
    これって法的に記載がないんだよね…

  2. 匿名 より:

    なんだ、その整備、違法かも!?とか煽りで書いてるから大変な記事かと思ったら
    正確には「その整備工場、違法かも!?」じゃないか
    ミッションやクランクケースの重整備まで自分でやるけどお金貰っても他人のバイクいじりたいとは思わんね
    出来ない人はお金出してちゃんとしたとこで触ってもらうべきだし、趣味興味でやりたい人は自己責任でしっかりやればいい
    知識も経験も無い人が金銭的な理由とかで自分でやるのは周りに迷惑かかるからやめとけと思う
    それだけ

  3. 匿名 より:

    以前、未認証のショップで1年点検を受けたところ、メンテナンスノートにショップの押印がなかった。確認したら「押し忘れちゃって~テヘペロ」ということだったが、そういうことだったのね。

  4. 匿名 より:

    が、しかしディーラーとは名ばかりで ど素人がバイクを整備している店舗も有る。 これが本当の違法だろう。

コメントをもっと見る
コメントを残す