●文/沼尾宏明 ●写真/YAMAHA、DUCATI

欧州でヤマハが電動バイクに関する新戦略「Switch ON」を発表。125ccと50cc相当の電動スクーターを披露した。
ヤマハ初の125cc電スクーターは国内でも実験を重ねて2~3年後に市販化する見通し。50cc版は4月にも現地で発売され、いずれ日本でも発売か? 電動バイクの最新事情をお伝えしよう。

6台もの新作を披露、ヤマハの青とクリーンな緑を融合したロゴが目印

ヤマハは電動モデルに意欲的なメーカーだ。1991年の東京モーターショーでいち早くコンセプト車の電動スクーター「フロッグ」を発表し、その2年後に電動アシスト自転車のPASを発売。2002年11月にはPASの技術を活かし、大手メーカー初の一般向け電動バイク「パッソル」をリリースしている。

EC-02などの派生モデルを展開した後、2015年には「E-ビーノ」がデビュー。現在、国内一般ユーザーが購入できる、有力バイクメーカー唯一の電動バイクで、出川哲朗氏が出演するバラエティ番組で一躍有名になった。

そんなヤマハが3月3日、欧州で電動化戦略「Switch ON」を打ち出した。国内メーカーではホンダとカワサキも電動化の計画を発表しているが、より現実的でスピーディな戦略となっている。

発表された動画には計6台の電動モデルが登場した。電動スクーターはエンジンで50cc相当の「NEOS」、125cc相当の「E01」を公開。さらに3台の電動アシスト自転車、コンセプト車のeバイク(50cc相当)もお披露目となった。


動画では「Switch ON」戦略の概要と新作の投入時期などを語った。ロゴは、スイッチをONにするように電動モデルに続々切り替えていくイメージを表す

Switch ONのロゴや、車名エンブレムは青緑で統一されるが、これはヤマハのイメージカラーであるレースブルーと植物の緑を組み合わせたもので、クリーンエネルーを現すシンボル。「アクア」と呼ばれ、今後多くの製品に採用されるという。

ヤマハ初の125cc電動バイクは実証実験を経て2~3年後に市販化へ

まず注目したいのは、ヤマハ初の125cc電動スクーター「E01」。既に国内でも2021年末、報道向けに公開されたが、より完成品に近いバージョンとなる。


125cc相当のEVスクーター、E01。YZF-R1風のプロジェクターLEDヘッドライトを備え、その上部にライン状のシャープなLEDポジションが光る


剛性の高そうなスイングアームにナンバーホルダーもマウント。モーターはホイールインではなく、ベルトドライブのようなので動力性能に期待できる


2019年の東京モーターショーで公開されたコンセプト車のE01。バッテリーは固定式で、アッパーカウルから給電していた。今回の仕様もよく似ており、顔に開閉式のリッドがある

詳細は発表されなかったが、国内で披露された際に艤装でよくわからなかったディティールが判明。YZF-R1を思わせる2眼ヘッドライトなどスポーティなデザインが特徴だ。バッテリーは車体底面、モーターはスイングアーム手前に搭載される。

2022年春からパリ、ミラノ、ローマなど欧州の大都市で、政府機関や地方自治体を対象にリースし、実証実験を開始。2~3年データを収集し、市販モデルを発表するという。日本でも同様の実験を行う計画があり、実車を目にする機会があるかもしれない。

国内にもE-ビーノに代わる50cc電スクが登場か?

50cc相当の「NEOS」は、「スマート」「高品質」「アクセスしやすい」の3つがキーワードという。着脱式バッテリーを備え、一流ブランドのヤマハらしい品質を実現。幅広い都会人の要求にフィットするデザインを持つ。


ガソリン出力50cc相当のNEOS。軽量コンパクトな車体に、2眼LEDヘッドライト、丸みを帯びたデザインでクリーンなイメージだ


シート下にバッテリーの一部が露出するデザイン。着脱式のため、充電済みバッテリーに交換すればすぐ走り出せる


後輪にモーターを内蔵し、左側にリヤショックをマウントする


バッテリー残量や速度を示す液晶メーターを採用。その上部に大きなYAMAHAロゴを配置する。右手元にモードスイッチもあり

ヤマハによると、欧州の電動スクーター市場は過去2年でほぼ2倍に拡大。目の肥えたユーザーにも選ばれる自信をうかがわせる。

詳細は3月3日から数週間以内にも発表。その後、今春に欧州で発売開始される。現行のE-ビーノより航続距離などが改善されていると予想され、国内登場にも期待したい。

スタイリッシュな新感覚eバイクを2022年後半に投入

スポーティな電動アシスト自転車は近年「eバイク」と呼ばれ、ますます市場を拡大している。昨年、欧州では新型コロナの影響もあり、500万台以上の電動アシスト自転車が売れた。数年以内に欧州で販売される自転車の50%以上が電動アシストになるとヤマハは予測している。

動画で発表されたヤマハの新作コンセプトeバイク「B01」は、2022年夏に詳細を発表し、後半から発売する。これは、電動自転車に50cc相当の電動ユニットを組み合わせた「s-pedelec」と呼ばれるモペッド的なモデル。自転車のように軽量ながら、45km/hまでの最高速が認められる。


B01は、トラス構造のフレームにバルーンタイヤを採用。自転車のようにペダルを漕いで走り、最高速は45km/h。運転には免許やヘルメットが必要だ

B01は、長年関係が深かったイタリアのファンティック、モトリミナレッリの2社と共同開発。2023年から1年以内に生産開始する予定だ。

ちなみにドゥカティも新型の電動アシスト機能付きMTBを3車種発表。奇しくもヤマハと同じ3月3日、ドゥカティワールドプレミア2022の最新章「エピソード8」で発表され、同社初の電動アシストロードバイク「FUTA」が目玉となる。

海外ではハーレーやBMW、トライアンフらがeバイクを発売しており、ドゥカティも2019年から参入を開始している。


カーボンモノコックフレームを採用したドゥカティのFUTA。モーターの重量はわずか3.98kgで、250W&4.2kg-mを発生する

ヤマハの電動バイク攻勢で、バイクのEV化が一歩前進することになりそう。まずは間もなく発表される50ccと国内125cc実証実験の詳細を待ちたい。その後、日本に50ccが導入された際には、E-ビーノの後継車となるのは確実。使い勝手が大きく高まっていると思われ、出川哲朗氏の番組がどうなるかも気になるところだ!?

情報提供元 [ ベストカーWeb ]

コメント一覧
  1. ながのあきみ より:

    早く実用化して下さい、日本は遅くないですか。

  2. たこ助 より:

    出しても出しても「公官庁・企業向けリース」ばっかり。本気じゃ無いのがアリアリですね。

  3. 匿名 より:

    出川哲朗さんの、あの番組は
    今の充電容量だからオモシロイのです。

    航続距離が伸びたら逆にダメだから
    今のE−ビーノでOK

  4. カー より:

    ウィーンなんて音で走るものには乗りたくないなぁ。爆音までは出さないけど、バイクは音や鼓動も魅力なんだから。それに航続距離250キロ、充電時間5分くらいにならないと性能的にも厳しいかな〜。

  5. おっさんだす より:

    世界のヤマハが、しぶしぶやらずに、決めて下さい。
    日本のユーザーも、待ってます。困っております。

  6. ロペ より:

    何で出川氏関係あるの?
    別に新型に変えないといけないって事はないんだから現状で問題ないんじゃない?
    結局は出川氏の名前を使った釣り記事じゃん

  7. 匿名 より:

    電動バイクを本格的に普及させるには、全メーカー共通の交換式バッテリーパックを使い、GSのような施設で充電済みのものと交換するようなシステムにしないとダメだろう。

コメントを残す