カワサキモータースジャパンから、今夏国内販売開始が発表されていた「ヴェルシス650(VERSYS 650)」の国内導入延期が発表された。部品入荷、また物流納期遅延の長期化を受けた影響によるもので、新たな導入時期は未定だ。

その他従来モデルも、いまだ供給レベル戻らず

世界情勢の悪化や半導体不足により、各メーカーともに販売車両の納車・生産遅延は継続中だ。カワサキも今回発表のヴェルシスのほか、正規代理店に在庫のない「モーターサイクル」全般の納期遅れへのお詫びを公開中。当然在庫のない各種新型モデルも、納入には時間を要する状況となるだろう。

期待のミドルアドベンチャー・ヴェルシス650

昨年11月に欧州向けとして発表されたヴェルシス650は、2007年発売の旧型から各機能を最新にモディファイしたニューモデル。ヴェルシスシリーズはすでに1000cc、250/300ccと各排気量レンジに展開する人気モデルとして定着しているが、そのネーミングを最初に冠したのが650だ。

国内ではスズキ「Vストローム650」が既に発売されているが、モデルの選択肢が潤沢とは言えないミドルクラスのアドベンチャーかつ、各種電子制御を一新しスタイルもNinjaシリーズをイメージしたスポーティなシルエットとなったヴェルシス650への期待は大きい。一刻も早く物流情勢の安静化がかない、供給不足が解消することを願うばかりだ。

情報提供元 [ カワサキモータースジャパン ]

コメントを残す