「ある意味、ライディングは特殊なスポーツ」

ライディングは荷重コントロールであると言われながら、シートに体重を掛けることが求められます。身体の重心を移動させるにはシートにドカッと座っていてはダメなことも事実ですから、矛盾がないわけではありません。それに、シートに座ったまま重心移動を行うという意味で、ライディングは特異なスポーツだと言えるかもしれません。

それでも私は先般のパラリンピックでのチェアスキーの妙技を見て、それにライディングに通じるものを感じました。実際に体幹の動きに対してシートへの荷重点が移動(ターン側に体重が載る)しているといいます。ただ、脊髄を損傷した人はお尻の感覚がないそうで、その荷重感覚を得ることができないという違いがあるにせよ、バイクライダーはお尻の荷重感覚を得たうえで駆っていくことができます。

チェアスキーで使われているショックアブソーバの形状が二輪用リアクッションユニットと似ていることから開発を行っているKYBモーターサイクルサスペンション(写真)

「確実に荷重をコントロールするためにはシート荷重が大切」

では、なぜシート荷重が大切なのでしょうか。リヤに荷重を掛けるためとよく言われます。とは言え、前後の荷重の掛かり方は、物理的に身体がどういうフォームでどこにあるかで決まり、どこに荷重しているかは関係ありません。

でも、コーナリング中、シートに体重を掛けず、両ステップで体重を支えていたらどうでしょう。バランスを保つために、ステップに左右方向の力を小刻みに与えなくてはなりません。それでは、リヤへの荷重はブレがちとなり、安定したトラクションと旋回状態は得られません。ですから、いかにシートに体重を預けたままニュートラルな状態に保てるかが大切になるわけです。

そして、もう一つ、身体操作のトリガー点となる股関節の位置を安定させなければなりません。そのため、シート上でお尻の位置を決めなければならず、その結果としてもシート荷重が求められることになります。

「左右股関節間の荷重移動が肝心」

レーシングライダーがコーナーの手前でイン足を出すようになって久しいですが、これには一つに体重をアウト側のお尻にしっかりと載せることができるという効果があります。そのため、比較的大きいリズムでの切り返しでは、ブレーキングしないままでも、次のコーナーに向かって足を出すライダーが少なくありません。そのとき、外足荷重を過大解釈して、変に外足を踏ん張ると、アウト側のお尻から荷重が抜けるので、うまくありません。

そして、進入では、アウト側の股関節にあった軸を、一気にイン側に移動させ、イン側のお尻に荷重が移動することになります。度々言ってきたように、身体を移動させることなく、荷重を移動させることがきるのです。

では、切り返しではどうなるのでしょうか。ロードレースでは骨盤そのものがイン側にハングオフしていますから、イン側のお尻にあった荷重をそのまま次のコーナーに向けて骨盤を移動。その結果、次のコーナーのアウト側のお尻に荷重を載せることができます。

かつては、切り返しで、大きく腰を持ち上げて移動させるライダーが多かったのですが、それでは左右のお尻への荷重をコントロールしにくいですし、旋回性が高まった現在のマシンではリズムが合わず、荷重が抜けてしまうことになります。つまり、お尻にはすり尻感覚が大切というわけです。

コメントを残す