X-ADV 2022年式 (750cc)
オーナー:がらむさん

ウェビックコミュニティに投稿されているMYバイクの中から、「がらむ」さんが今乗っているバイク、X-ADVをご紹介します。

2021年型でモデルチェンジしてよりアグレッシブな外観や電子制御スロットルのエンジンなどを獲得したX-ADVは、2017年にデビューした新コンセプトのモデルです。外観はスクーター然としていますが、中身はNC750Xとプラットフォームを共通とするれっきとしたモーターサイクルで、変速はDCTのみとなっています。DCTはオートマ走行も可能で、さらにメットインスペースもあることからスクーターも内包したバイクと言えるでしょう。

このコンセプトの元祖は2012年に登場したインテグラで、「がらむ」さんは同車からX-ADVに乗り換えています。インテグラはX-ADVとスタイルが大きく異なり、TMAXを代表とするマキシスクーター路線のイメージでした。それでいて、スポーティなTMAXよりもツアラー寄りな性格だったことから市場の理解が広く得られず、2014年型を最後に日本国内から姿を消しています。それが、2017年にX-ADVとして発売されると、「カッコいい!」と評判になり国内でもブレイクしたのです。

「がらむ」さんは、インテグラの先進的なコンセプトに賛同した方で、今年X-ADVに乗り換えました。同じ使い勝手のモデルは現在X-ADVしか存在していないので、他に選択肢はなかったでしょう。ところで、インテグラも国内から姿を消して久しいので説明を少し。ホンダで伝統的に使われる名称で、Integrate(統合する)という英語からくる造語になります。一台でバイクもスクーターも統合したX-ADVの基本コンセプトを最も言い表した名称と言えるものです。

▲X-ADVのベースとなったインテグラは2012年デビュー。NC700X、NC700Sとともに共通プラットフォームで発売されました。現在はフォルツァ750として欧州で継続されています

▲元祖インテグラは1982年のCBX400Fインテグラで、当時認可されたばかりのハーフカウルを搭載したモデルの名称に使われました

▲1983年になるとVT250Fインテグラが登場。ハーフカウルからフルカウルに進化しました。この後、レーサーレプリカブームに発展するきっかけにもなりました

▲1983年にはMBX80インテグラも発売。小排気量にもフルカウルブームの波が押し寄せていました

▲インテグラはクルマの名称にも使われました。有名なのは、1989年のインテグラXSiで、世界で初めてリッター100馬力を達成したVTECエンジンを搭載していました。2022年に米国で復活が予定されています

<MYバイクコメントより>
■購入動機
NC700インテグラからの代替え、DCTの楽ちんに慣れてしまったら、やめられない。乗り味も楽しい。
■長所
とにかく長距離・長時間乗っても、体力を消耗しないので、体が楽で運転にも余裕が持てるし、ずっと乗っていたくなる。2人乗りしても、変速時のギクシャク感が無いので、後ろに乗っている人も楽ちんで疲れません。
■短所
(私にとっての短所)前に乗ってたのがNC700インテグラなので、別のバイクに乗り換えたっていう斬新さは無い。
■アドバイス
DCTのイメージとして、故障が多そう、壊れそうな気がするけど、実際には壊れない。10万キロ以上走った車両も沢山います。メンテにおいては、外装外すのが大変ですが、滅多に外す必要はないので、余計な心配かと思います。

>>Webikeコミュニティで「がらむ」さんのバイク詳細情報を見る

バイクのスペックやユーザーレポート、新車・中古車情報など盛りだくさん!
【X-ADV:オススメ関連情報】
X-ADVの関連情報を見る
X-ADVの新車・中古バイクを見る
X-ADVのレビューを見る
X-ADVの関連パーツを見る
X-ADVの関連記事を見る

■バイクがもっと楽しくなる Webikeコミュニティ

この記事にいいねする

コメントを残す

ホンダ X-ADVの価格情報

ホンダ X-ADV

ホンダ X-ADV

新車 4

価格種別

中古車 17

本体

価格帯 132万円

132万円

諸費用

価格帯 5.35~8.14万円

6.74万円

本体価格

諸費用

本体

125.36万円

価格帯 86~187.8万円

諸費用

万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 137.35~140.14万円

138.74万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

104.36万円

価格帯 92.45~122.4万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す