DJ-1RR
オーナー:ペロリーヌさん

ウェビックコミュニティに投稿されているMYバイクの中から、「ペロリーヌ」さんが昔乗っていたバイク、DJ-1RRをご紹介します。

2020年にCBR1000RR-Rが発売され、「R」の数が久しぶりに増えました。「R」はRacingの頭文字で、レーサーレプリカブームの時代にレースイメージを喚起するために使われました。ホンダのスポーツバイクでは、1984年にCBがCBRになり、1986年にCBRがCBR-Rになり、ついにはCBR-RRになったのが1988年1月発売のCBR400RRです。

そして、あまり知られていないのが、DJ-1RRです。アニーの歌う「DJインマイライフ」とともに黒人男性が「カモーンDJ!DJ!」と声を上げるCMで有名なDJ-1に、DJ-1RRが追加されたのは1988年2月1日。CBR400RRとほぼ同時(13日遅れ)にデビューしたことから、ホンダの元祖「RR」的なモデルとして歴史的1台に数えられています。

RRにふさわしく、最高出力は、5.5PS→6.8PSに大幅アップし、フロントにはテレスコピックサスペンションも投入しています。その分、中古でも高値で取引されることも珍しくなく、なんと40万円の値がつく車両も存在するのです。

▲CBR400RRとタッチの差で元祖RRになれなかったDJ-1RR。RRはダブルアールと読むのが正しい呼び名です。

▲実は、1986年3月発売のDJ-1Rは、CBR、NSR、VFRよりも先に車名の末尾に「R」をつけたモデルなのです。

<MYバイクコメントより>
■購入動機
CBRを手放して約7年、リハビリ替わりに足バイクが欲しくなって高校時代に憧れたDJ-1RRを購入。一年掛けてマトモに走れる様にしました。
■長所
元祖?『RR』な点。メットインすらない、フロアボードのバックステップなどスパルタンなデザインに惚れてましたw
カラーリングも黒/銀&白/赤と『いかにも』なトコロがイィ。
■短所
惚れてましたと実用性は別物。インナーバスケット&コンビニフックを付けて積載不足を解決。
チューブタイヤだったから、段差には凄く気を使った。対策として、Dioのホイールに替えればチューブレスタイヤが履ける。

>>Webikeコミュニティで「ペロリーヌ」さんのバイク詳細情報を見る

バイクのスペックやユーザーレポート、新車・中古車情報など盛りだくさん!
【DJ-1:オススメ関連情報】
DJ-1の関連情報を見る
DJ-1の新車・中古バイクを見る
DJ-1のレビューを見る
DJ-1の関連パーツを見る

■バイクがもっと楽しくなる Webikeコミュニティ

この記事にいいねする

コメントを残す

ホンダ DJ-1の価格情報

ホンダ DJ-1

ホンダ DJ-1

新車 0

価格種別

中古車 3

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

29.8万円

価格帯 24.8~39.8万円

諸費用

3.98万円

価格帯 3.98万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

33.78万円

価格帯 28.78~43.78万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す