赤に彩られたヤマハマシンで参戦

過去20年間、FIM世界耐久選手権に参戦してきたTeam 18 Sapeurs-Pompiers CMS Motostoreが、バスティアン・マッケルズ選手ヒューゴ・クレア選手、ヨハン・ニゴン選手という注目株のヤマハライダー達を引き連れ、EWCに帰ってきた。

現在、Team 18 Sapeurs-Pompiers CMS Motostoreとして知られるようになったこのチームのレースパフォーマンスは、今後も注目に値する。チャンピオンシップから遠ざかっていたシーズンを経て、Sapeurs-Pompiersチームは、2021 FIM耐久ワールドカップに向けて、新しいパートナー、新しいマシン、そして新しいライダーを迎え、FIM EWCに復帰する。
Team 18 Sapeurs-Pompiers CMS Motostoreは、ベルギー人ライダー、バスティアン・マッケルズ選手、フランス人ライダー、ヒューゴ・クレア選手とヨハン・ニゴン選手という優勝を狙えるライダートリオを従え、ヤマハのマシンでスーパーストッククラスに参戦する。

→全文を読む

情報提供元 [ EWC × Webike 世界耐久選手権サポートサイト ]

この記事にいいねする

コメントを残す