スズキファクトリーチームのSuzuki Endurance Racing Teamが、FIM世界耐久選手権において16度目のタイトルを獲得した。Suzuki Endurance Racing Teamは、異常となった今回の2019-2020年シーズン最終戦のポルトガル・エストリル12時間レースで、シーズンタイトルを勝ち取った。

Suzuki Endurance Racing Teamは、FIM世界耐久選手権で最も多くのタイトルを獲得しているチームだ。1980年、ドミニク・メリアン氏によって設立されたSERTは、1983年に初の世界タイトルを獲得した。Suzuki Endurance Racing Teamは、40年以上前から、耐久レース界で最も手強いとされるチームの一つであった。2016年、オッシャーズレーベン8時間レースで壮絶な戦いを繰り広げ、GMT94とわずか1ポイント差という僅差で最後のタイトルを獲得。
ドミニク・メリアン監督率いるチームは、ヴァンサン・フィリップ選手、アンソニー・デラール選手、エティエンヌ・マッソン選手を迎え、2016年のボルドールで最後の優勝を手にした。

2017年3月、アンソニー・デルハール選手が命を落とすという悲劇的な事故に見舞われ、SERTは、混乱に陥った。また、新車のスズキGSX-R1000の到着も、新しいマシンになれ親しみ、究極の耐久マシンへと再びセットアップし直さなければいけないという新たな課題を持ち込み、チームの高効率なルーティンを狂わせる結果となった。

チームの歴史に新たな幕開け

2019-2020EWCシーズンの見通しは、バラ色とは程遠いものだった。2019年夏、Suzuki Endurance Racing Teamに新しい監督が就任。Junior Team Suzukiのチームマネージャーを長年務めていたダミアン・ソルニエ氏が、ドミニク・メリアン監督から手綱を引き継ぎ、新体制を再編成して仕事をしなければならなかった。一方、ヴァンサン・フィリップ選手は、2019年末のレースを最後のレースとして走ることを発表した。

→全文を読む

情報提供元 [ EWC × Webike 世界耐久選手権サポートサイト ]

この記事にいいねする

コメントを残す