ライディングスクール講師として豊富な実績を持つケニー佐川が、楽に楽しく安全にバイクを操るためのコツを記事と動画で分かりやすくアドバイス!バイク初心者はもちろん、リターンライダーからベテランまで目からウロコの楽ネタ満載です。今回は「取り回し」での体の向け方について!

真っすぐ押し出してからハンドルを切る

前回に続いて「取り回し」の2つの目のポイントですが、今回は体の向け方について解説します。駐車場などでバイクを降りた状態で押して移動させるときですが、まず車体を真っすぐに押し出して、少し勢いがついてから行きたい方向へハンドルを切っていくと楽です。

最小半径でバイクの向きを変えたいときは、ハンドルをフルステアまで切るのがベストですが、止まった状態からハンドルを切って押し出そうとすると前輪の抵抗が大きく、特に大型バイクだと力がいるので疲れてしまいます。
また、ふらつきの原因になったりもします。その点、バイクが真っすぐの状態で車体が垂直に近いほど抵抗は小さくなり、最小限の力で押し出すことができます。

2~3歩して勢いがついたところで、行きたい方向へハンドルを切ると楽にスムーズに取り回せる。フルステアまで切れれば最小半径で曲がれる。

→全文を読む

情報提供元 [ Motor-Fan BIKES ]

この記事にいいねする

コメントを残す