※記事内画像出典元:motogp.com

9度の世界チャンピオンを獲得してきたバレンティーノ・ロッシ選手は、来たる2020シーズン、「Yamaha Factory Racing MotoGP Team」のライダーとしてMotoGPに参戦することが発表された。そして2021年の継続については、ヤマハ発動機とロッシ選手との話し合いにより、今シーズン半ばに最終決定することとなった。決定時期については、ロッシ選手からの提案で7戦または8戦までの状況を見て判断することになる。

【関連ニュース】
ヤマハ、2021-2022シーズンのMotoGPクラスライダーにファビオ・クアルタラロ選手を登用
ヤマハ、マーベリック・ビニャーレス選手と2022年まで契約更新

以下プレスリリースより


MotoGPのレジェンドであるロッシ選手の世界選手権への参戦は今シーズンで25年目となり、この内、最高峰クラスは21年目、Yamaha Factory Teamでの参戦は15年目になります。

なお、ロッシ選手が2021シーズンのMotoGP参戦を決断した場合、ファクトリーマシン「YZR-M1」での参戦と、当社からの技術サポートを行うことを決定しています。

リン・ジャービス談(ヤマハ・モーター・レーシング・マネージング・ダイレクター)

「2020シーズンの競争力を評価してから、2021年について決定するというロッシ選手の決断を、私たちヤマハは全面的に尊重し、同意します。ロッシ選手の才能、2020シーズンの競争力には十分期待できますが、ヤマハとしても今後の方針を立てる必要があります。昨今、MotoGPには6メーカーが参戦しており、若く速いライダーが求められています。そのため、ライダーとの契約は以前よりも早まっているのが実情です。2021年のファクトリーチームにロッシ選手の名前がない状態でシーズンをスタートするのは違和感がありますが、ヤマハとしては彼の決断を待ちたいと思います。ロッシ選手がレースを続ける場合は、ファクトリーマシンであるYZR-M1の提供と技術サポートを行い、引退を決めた場合は、ブランドアンバサダーとしてYamaha VR46 Master Campの若手ライダー育成の活動等、ヤマハとの関係を継続する予定です。いずれにせよ、すべては未定です。2020シーズンはもうすぐはじまります。今、我々がすべきことはロッシ選手のサポートを全力で続けることです」

バレンティーノ・ロッシ選手談

「現在の契約市場の状況から、ヤマハからは将来について今年初めには答えを出すようにお願いされていました。昨シーズン中にも言いましたが、私としては決断を急がず、時間をかけて考えたいと思っています。ヤマハはそれを理解してくれました。技術変更があり、新しいクルーチーフを迎えましたが、現在の私の第一目標は、競争力を高め、2021シーズンもMotoGPライダーを継続することです。それには、サーキットと実際のレースでしか得られない答えが必要です。また継続となった場合、ファクトリーマシンの提供とファクトリー契約というヤマハの全面サポートに感謝します。そしてまずは、最初のテストでチームと共にベストを尽くし、シーズンスタートに向けて準備を進めます」

【関連ニュース】
ヤマハ、2021-2022シーズンのMotoGPクラスライダーにファビオ・クアルタラロ選手を登用
ヤマハ、マーベリック・ビニャーレス選手と2022年まで契約更新

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

この記事にいいねする

コメントを残す