●開催概要:
9月1日(日) 決勝レース
天候:曇/雨 コース:ドライ/ウエット

8月31日(土) 公式予選
天候:晴 コース:ドライ

●会場:岡山県 岡山国際サーキット(1 周3.703km)
●観客:土曜日:2,600人/日曜日:5,000人

【JSB1000クラス】激しい雨のレースを完璧に制した野左根航汰が2年振り優勝!

190902_05

スタート前に雨が激しくなってきたJSB1000クラスの決勝レース。ホールショットは2番手グリッドの水野涼がホールショットを奪うが、その後ろにはYAMAHAの2台が迫る。そのうちの1台、野左根航汰がトップを奪い、先行する。序盤、先行する野左根を水野が追い上げて迫る。ファステストラップを出し合いながら競り合うこの2台に、後方の中須賀克行と高橋巧も少しずつ離されていく展開。

→全文を読む

OKAYAMA Rd6 JSB1000 After The Race Interview

【J-GP2クラス】榎戸育寛が雨中のレースで今季2勝目!

190902_06

J-GP2クラスも当初ウエット宣言なく、19周のままでレースがスタートした。しかし、3周目終了前後に突然降り出した雨で、2番手を引き離してトップを走行する作本輝介が転倒、他にも転倒が発生したために赤旗でレースは中断。WET宣言が出された状態で12周の再レースとなった。

転倒でグリッドに並べなかった1台を除いて13台でスタートしたレースは、小谷咲斗が好スタートを切りホールショットを奪う。しかし直後にいた榎戸育寛がヘアピンでトップを奪うと、そのままレースをリードしていく。後方では名越哲平が岩﨑哲朗と競り合う。作本はその後ろの5番手にいた。

→全文を読む

OKAYAMA Rd6 J-GP2 After The Race Interview

【ST600クラス】小山知良が今季2勝目、ランキングもトップに!

190902_07

雨は上がったものの濡れた路面のまま始まったST600クラスの決勝レース。WET宣言が出され、16周に減算されてレースはスタートした。長尾健吾が好スタートからトップに立ち、後ろには小山知良、國峰啄磨の日本郵便勢、奥田教介が続く。ポールポジションの岡本裕生は遅れてその後方にいた。

→全文を読む

OKAYAMA Rd6 ST600 After The Race Interview

【J-GP3クラス】最終ラップ、劇的な展開で長谷川聖が今季3勝目!

190902_08

早朝のウォームアップ走行ではWET宣言が出されていたが、決勝レースではドライコンディションで19周のままスタートした。予選2番手の高杉奈緒子が好スタートを切るが、ポイントリーダーの同7番手鈴木大空翔が一気に6台抜きでトップに浮上する。成田彬人、村瀬健琉、高杉、長谷川聖、細谷翼が続く。レースはこの6台が後続にリードを広げて展開されていく。

→全文を読む

OKAYAMA Rd6 J-GP3 After The Race Interview

情報提供元 [ SUPERBIKE.JP ]

この記事にいいねする

コメントを残す