和歌山利宏
1954年2月18日、滋賀県大津市生まれ。1975年にヤマハ発動機に入社。ロードスポーツの開発に携わる。レーシングライダーとしても活躍し、1979年国際A級に昇格。1981年の鈴鹿8耐第4回大会では4位入賞。85年からはヨコハマゴム契約となり、タイヤの開発テストを行うとともに、ワイルドカード参戦した87年の日本GPでは、250ccクラスで11位に入る。 90年からはジャーナリストとしての活動を始め、鋭い視点と的確な分析で、海外モデルや逆輸入車を含め数多くの試乗テストを務める。
和歌山利宏の記事一覧

全80件中 1〜20件目を表示

【和歌山利宏】バイク用タイヤの将来を考えてみた
12,200
3
7
【和歌山利宏】ライディングに必要なのは、「集中」と「リラックス」
1,200
1
2
【和歌山利宏】Z650RSはZ650と一卵性双生児だけど、きっと全くの別人格なんだろうな
3,400
3
1
【和歌山利宏】「ライディングではすり足ならぬ、すり尻が大切」
3,000
0
1
’85 TZ250が乗りにくいって!? 当の開発ライダーに一言、言わせろ
8,900
3
1
【和歌山利宏コラム】22年型モトGPマシンを見て妄想し、さらに車高調整機構の可能性を妄想
2
1
【和歌山利宏コラム】接地感とは不可欠ながら何とも曖昧模糊としたもの
1,800
0
1
【和歌山利宏コラム】ミシュランの新しいロード6はタイヤの方向性に一石を投じた
8,100
0
1
【和歌山利宏コラム】理に適っていれば、その技術は定着していく
15,400
0
1
【和歌山利宏コラム】距離感を短縮できるようバイクは進化したが、今はその逆行もありかも。
4,556
0
1
【和歌山利宏コラム】「KB4」はマルコーニ設計による実にビモータらしい逸品だ
1
0
【和歌山利宏コラム】バイクをバイクとして存続させていくには水素エンジンしかない
0
0
【和歌山利宏コラム】私が25年に渡る欧州ショー取材を打ち切ったわけ
1,008
2
0
前後サスは荷重の受け渡しが大切だと、MT-07に改めて教えられた。
1,014
0
1
【和歌山利宏コラム】新しいメテオ350が楽しみ! ロイヤルエンフィールドは大好きなメーカー
0
0
RC390の試乗会に参加し、KTMの“Ready to Race”を考える
0
0
新型RC390は中型にして電子制御フル装備の軽量級スーパースポーツ【和歌山利宏インプレ】
0
0
2022年新型RC390と対面! 1年半ぶりに渡欧、そこで見た新型の印象は?【和歌山利宏コラム】
0
0
ライディングの理想形を思わせるジョナサン・レイ
0
1
【和歌山利宏MT-07購入】私が愛車に新型MT-09ではなく、YZF-R7でもなくMT-07を選んだ理由とは
1,632
0
0