Aoki_Takuma
1974年生まれ。 8歳の時に初めてポケバイに乗り、1990年にロードレースデビュー。1995年・1996年、全日本選手権スーパーバイククラスチャンピオン2連覇を獲得。また、1996年は世界選手権スーパーバイククラスでも優勝。1997年には世界最高峰のロードレース世界選手権500ccに参戦し、世界ランキング5位を獲得したが、翌年の1998年、開幕前のテスト中に転倒。この時に脊髄を損傷し、下半身不随の後遺症を負ってしまった。以来、車いすでの生活を送っている。その後、HRC(ホンダ・レーシング)チームの助監督に就任し、鈴鹿8時間耐久を3連覇させ、レンタルバイクによる耐久レース「Let’s レン耐!」を主宰するなどバイク業界に貢献。2007年にレースに復帰し、その後も「ダカール・ラリー」や様々な四輪レースに健常者と同じ舞台の上で参戦するなど精力的な活動を続けている。
Aoki_Takumaの記事一覧

全7件中 1〜7件目を表示

青木拓磨のモータスポーツライフ Vol.7「どれが人気だ?話題の2022ニューモデルたち」
0
0
青木拓磨のモータスポーツライフ Vol.6「思い出の1997オーストラリアGP」
1
1
青木拓磨のモータスポーツライフ Vol.5「レーシングマシンもイイけど絶版車もイイね」
2,700
0
0
青木拓磨のモータスポーツライフ Vol.4「TAKUMA RACING ACADEMY」もうすぐ始動!
1,000
0
0
青木拓磨のモータスポーツライフ Vol.3「2022年にチャレンジしたいこと」
0
1
青木拓磨のモータースポーツライフ vol.2「RC213V-Sで最高速にチャレンジしました」
0
0
青木拓磨のモータースポーツライフ vol.1「まずは自己紹介をさせてもらいます!」
0
1