オンロードのみならず、オフロードモデルの分野にも高性能化の波が押し寄せていた1980年代。ぼどよい性能と軽量コンパクトな車格で、トコトコと進めるオフトレールモデルとして市場に投入されたヤマハ セロー225。

今日の知名度からすると意外かもしれないが、1985年の初代発売後しばらく、セローは決して人気モデルと言えなかった。
だが、セルスターターを装備するなど実用性を高めていった第2世代以降(1989年〜)、多くライダーから支持されるようになっていく。キャッチフレーズにもなった「マウンテントレール」(山道でのトレッキングが楽しいモデルに由来)のみならず、コミューターとしてもツーリングの相棒としても人気を得ていったのだ。

ヤマハ セロー225【第2世代】(1989~1993)「セル装備でフレンドリーさを向上」

セローの歴史の中で最初の大変革が行われたのが、1989年8月発売の3RW1だった。先代では軽量化のためにセルを省いていたのだが、ここで初めてセルスターターを装備。
だれもがより気軽に扱えるモデルとして進化を遂げたのである。懸案だった重量の増加は乾燥で4kg増に抑えられており、セローらしい軽さは維持できていると言えよう。

セルの有用性は多岐にわたった。キックが苦手な人でも楽に始動できることはもちろん、ガレ場や泥濘(でいねい)地でエンストした際の復帰、長時間の山中走行で疲労した体への負担軽減、それに、山奥で気軽にエンジンを止め静けさに耳を澄ますといった「余裕」まで生んだのだ。

→全文を読む

情報提供元 [ モーサイ powered by Motorcyclist ]

この記事にいいねする


コメントを残す

ヤマハ セロー225の価格情報

ヤマハ セロー225

ヤマハ セロー225

新車 0

価格種別

中古車 2

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

31.4万円

価格帯 31~31.8万円

諸費用

5.5万円

価格帯 4~7万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

36.9万円

価格帯 35~38.8万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す