二輪ロードレース世界選手権で9回ものチャンピオンを獲得した伝説のライダー、バレンティーノ・ロッシ選手(イタリア)が、2021 MotoGP世界選手権の最終戦をもって26年に渡る現役生活を終えた。

モータースポーツ界に数々の功績を残したロッシ選手の引退を受け、ヤマハ発動機式の企業ミュージアム「コミュニケーションプラザ」で、ロッシ選手がMotoGPで実際に使用した16台のレーシングマシン「YZR-M1」の展示を開始した。入場無料、展示期間は未定。

ロッシ選手とファンへの16年分の感謝

ロッシ選手は、2004年に当社のファクトリーチームに加入。16年にわたって世界最高峰のMotoGPに参戦し、優勝56回、2位46回、3位40回を獲得してきたヤマハ史上最も成功したライダーだ。
サーキットでは数々の勝利をあげたが、その活躍はヤマハのブランドスローガンである"Revs your Heart(レヴズ ユア ハート)"に込めた「心躍る瞬間、そして最高の経験を、YAMAHAと出会うすべての人へ届けたい」という想いを実現し、世界中のファンの皆様に多くの感動を届けてくれた。
今回の展示は、こうしたロッシ選手の功績を讃えるとともに、ロッシ選手を支えてくれたすべてのファンの皆様への感謝の気持ちが込められている。

→コミュニケーションプラザ 

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

コメントを残す