機能美溢れるアルミ削り出しの造形/高強度かつ緻密な作り込みがなされたサインハウスのバイク専用デバイスホルダー「マウントシステム」が、さらにグレードアップして登場。ホルダー/アーム/ベースの3つのパーツからなるマウントシステムはパーツ別に購入でき、驚くほど自由度の高い汎用性と利便性に優れた製品として定評がある。そこでオフロードマシン総合誌『ゴー・ライド』編集部が、グレードアップした新モデルをオフロードマシンに装着し、実際に林道などダート走行下で使用。その使用感を紹介するゾ!!

さらに進化を遂げたバイク専用デバイスホルダー

サインハウスが展開するバイク専用デバイスホルダー「マウントシステム」は、[A]ホルダー/[B]アーム/[C]ベースの3つのパーツからなり、愛車の車種やハンドルまわりのカスタム、ライダーのライディングポジションなどに合わせてパーツ別に購入できる。今回、新設計/新パーツ採用など大きく生まれ変わった新製品は、肉抜きやロゴマークを施すなどデザイン性を大きく向上。より自由度の高いセッティングや最新機種のスマホへも対応し、スマホボタンへの干渉を軽減するとともにホールド力も大幅アップした。そして強度はそのままに、狭い部分にも取り付けることのできるベース幅のスリム化や、小さい力で固定しやすい新ノブ採用など、かゆいところに手が届いた完成度となっている。また、今冬には衝撃吸収ユニット「バイブレーションガード」が発売予定だ。

【Webikeショッピング】
サインハウス 各種電子機器マウント・オプション・補修部品 商品ページ

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

コメントを残す