Z650RSで大注目のカワサキツイン! 今こそ振り返りたいカワサキ2気筒の名迷車たち

1317204234937L-680x510.jpg

発表されるや注目を集めているカワサキ・Z650RS。先行するZ900RSに対して、パラレルツインの649ccエンジンを搭載したミドルクラスのマシンですが、やや小さく軽い車体スケールや、トルクフルなツインのエンジン特性はZ900RSとは一味違うモデルとして期待が持たれています。

現行車のカワサキツインとして人気なのはW800ですが、スポーツ指向ではないネオクラシック。ではZ650RSのエンジンもそんな乗り味重視のもの? というと、けしてそんなことは言えないことはカワサキの各ツインモデルを見れば一目瞭然。中型屈指のスポーツマシンであるニンジャ400やニンジャ650を筆頭に、過去にはGPZ400Sなどのミドルクラスのスポーツツインにこだわりを持ってリリースし続けてきています。

GPZ400S、EX-4……ミドルツインの隠れ名車

公開されているスペックによれば、Z650RSは総排気量649cc、DOHC4バルブ2気筒のエンジンを搭載。シート高は820mmとZ900RSと大差ないものの、187kgの車体重量は215kgのZ900RSよりも30kg近く軽量。このエンジンと車体のコンパクトさは、過去のミドルツインの名車のイメージとピッタリ重なります。そのルーツといえるツインの筆頭は、1986年発売のGPZ400Sでした。

→全文を読む

情報提供元 [ Webike モトレポート ]

           

レッドバロン
   
Webikeアプリにニュース機能が新規追加
ページ上部へ戻る