2021年スーパーストッククラスの総括

PodiumWorldCup2021w-800x397-680x456.jpg

スーパーストッククラス、最終戦の主人公

BMRT 3D Maxxess Neversは、今シーズン、No Limits Motor TeamとNational Motos Hondaを抑え、初のFIM耐久ワールドカップを獲得した。また、他のスーパーストックチームも大いに注目を集めたシーズンとなった。

フランスのカワサキプライベートチーム、BMRT 3D Maxxess Neversは、見事に初のFIM耐久ワールドカップ獲得を果たした。BMRT 3D Maxxess Neversは、ルマン24時間レースではスーパーストッククラス2位を獲得し、続くエストリル12時間レースとボルドール24時間レースでスーパーストッククラス優勝を果たし、壮絶な戦いとなったボルドールでは総合でも3位に入賞した。チェコでの最終戦を前に、耐久ワールドカップを獲得していたロマン・マンジェ監督率いるこのチームは、モスト6時間レースでも優勝を狙っていたが、転倒によりリタイアを余儀なくされた。

→全文を読む

情報提供元 [ EWC × Webike 世界耐久選手権サポートサイト ]

           

レッドバロン
   
Webikeアプリにニュース機能が新規追加
ページ上部へ戻る