ホンダ「ベンリィe II M」「ベンリィe I MD」にリコール 最悪の場合、方向指示器が作動しなくなるおそれ

ウェビックバイクニュースはバイクに関するあらゆる情報を発信します
※参考画像

■リコール対策届出日
令和3年11月4日

■リコール対策届出番号
外-3315

■リコール対策開始日
令和3年11月5日

■届出者の氏名又は名称
五羊-本田摩托(広州)有限公司
総経理 杉田 宏治

■問い合わせ先
本田技研工業株式会社
お客様相談センター 
TEL 0120-086819

■不具合の部位(部品名)
①②方向指示器(ウィンカスイッチ)

■基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因

①方向指示器において、ウィンカスイッチ接点の製造管理が不適切なため、ウィンカスイッチ操作時にアーク放電が発生することがある。そのため、固定接点の金属粉の堆積により、接点間が導通し、発熱することで固定接点を保持する接点ベースが溶損して、最悪の場合、導通不良となり、方向指示器が作動しなくなるおそれがある。
②方向指示器において、ウィンカスイッチ構成部品の材料管理が不適切なため、正規と異なる材料で製造されたものがある。そのため、スイッチ内部に浸入した雨水等により構成部品が腐食し、最悪の場合、腐食が進行して部品が破損すると、方向指示器が作動しなくなるおそれがある。

■改善措置の内容
①②全車両、ウィンカスイッチを良品に交換する。

■不具合件数
①88件 ②0件

■事故の有無
①②無し

■発見の動機
①市場からの情報による。 ②関連会社からの情報による。

■自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置
・使用者:ダイレクトメール等で通知する。
・自動車特定整備事業者等:日整連発行の機関誌に掲載する。
・インターネットホームページに掲載する。

■車名
ホンダ

■リコール対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間・台数
・通称名:「ベンリィe II M」
  型式:ZAD-EF12
  車台番号:EF12-1000019 から EF12-1001719
  製作期間:令和元年11月14日 から 令和2年12月23日
  対象台数:1,701台
  備考:郵政専用車両 ①1,169 ②1,701

・通称名:「ベンリィe I MD」
  型式:ZAD-EF09
  車台番号:EF09-1000007 から EF09-1000506
  製作期間:令和2年2月25日 から 令和2年11月24日
  対象台数:500台
  備考:郵政専用車両 ①453 ②500

■合計
・製作期間の全体の範囲:令和元年11月14日 から 令和2年12月23日
・計2型式2車種
・計2,201台
・備考:①1,622 ②2,201

211105_recall_01.jpg

211105_recall_02.jpg

【注意事項】
・リコール対策対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。

→全文を読む

情報提供元 [ 国土交通省 ]

20150605_mybike_impcamp_800_250

中古車や、譲渡で入手したバイクだと、リコールの情報が届かないことも。WebikeではMYバイクへの登録で、リコール情報をメールにてお届けします!
 ※アカウントの登録が必要です
Webikeコミュニティ MYバイク登録方法
           

レッドバロン
   
Webikeアプリにニュース機能が新規追加
ページ上部へ戻る